GM、シボレー・キャプティバの安全装備を強化

2015.12.21 自動車ニュース
「シボレー・キャプティバ」
「シボレー・キャプティバ」

GMが「シボレー・キャプティバ」の安全装備を強化

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2015年12月21日、一部改良を受けたミドルサイズの3列7人乗りSUV「シボレー・キャプティバ」を日本に導入し、2016年1月9日に発売すると発表した。

「シボレーMyLink(マイリンク)」
「シボレーMyLink(マイリンク)」

今回の改良は装備の強化が中心となっており、インフォテインメントシステム「シボレーMyLink(マイリンク)」を全車に標準で搭載。またアップル社のスマートフォンを車載モニターやSiri音声コマンドで操作できる「Apple CarPlay」機能を採用した。

安全に関するものでは、ドライバーの死角となる自車後側方を監視する「サイドブラインドゾーンアラート」や、自車の後方を横切る車両や人がいる場合にドライバーに注意を促す「リアクロストラフィックアラート(後退時安全確認警告機能)」、リアビューカメラを新たに装備。また、これまではリアのみだったパーキングアシストセンサーを、フロントにも採用した。

内外装にも手を加えており、エクステリアではフロントグリルやフォグランプ、アンダーガードのデザインを一新。ヘッドランプにはLEDポジションランプを内蔵した。一方インテリアでは、クラスターメーターと、インテリアトリムパネルなどを変更している。

価格は「キャプティバ」が379万円、「キャプティバ ラグジュアリー」が414万円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

キャプティバの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る