特別な内外装の日産フーガ/スカイラインが登場

2015.12.21 自動車ニュース
「日産フーガ クール エクスクルーシブ」(左上)と「スカイライン クール エクスクルーシブ」(右下)
「日産フーガ クール エクスクルーシブ」(左上)と「スカイライン クール エクスクルーシブ」(右下)

特別な内外装の「日産フーガ/スカイライン」が登場

日産自動車は2015年12月21日、「フーガ」と「スカイライン」に特別仕様車「クール エクスクルーシブ」を設定。同時に仕様変更を実施し、販売を開始した。

「フーガ クール エクスクルーシブ」のインストゥルメントパネルまわり。
「フーガ クール エクスクルーシブ」のインストゥルメントパネルまわり。
「フーガ クール エクスクルーシブ」のインテリア。
「フーガ クール エクスクルーシブ」のインテリア。
「スカイライン クール エクスクルーシブ」のインストゥルメントパネルまわり。
「スカイライン クール エクスクルーシブ」のインストゥルメントパネルまわり。
「スカイライン クール エクスクルーシブ」のインテリア。
「スカイライン クール エクスクルーシブ」のインテリア。

■ストーンホワイトの内装とピアノブラックのグリルが特徴

今回発売されたクール エクスクルーシブは、専用デザインの内外装を特徴とする特別仕様車であり、インテリアにはストーンホワイトの本革シートとブラックのトリムが、エクステリアにはピアノブラック塗装の「ミッドナイトブラックグリル」が採用されている。

これらを含む特別装備は以下の通り。

【フーガ】
・専用ストーンホワイト ハイコントラストインテリア(ストーンホワイト本革シート+専用ドアトリム<ハイコントラストカラー>+専用コンソールリッド<ストーンホワイト>+前席エアコンディショニングシート+前席シートバックグリップベルト)
・ミッドナイトブラックグリル
・BOSEサラウンドサウンドシステム

【スカイライン】
・専用ストーンホワイト ハイコントラストインテリア(ストーンホワイト本革シート<前席ヒーター付き>+専用ドアトリム<ハイコントラストカラー>+専用コンソールリッド<ストーンホワイト>+本アルミフィニッシャー)
・ミッドナイトブラックグリル
・BOSEサウンドシステム 

価格は以下の通り。

【フーガ】
・250GTクール エクスクルーシブ:529万9560円
・370GTクール エクスクルーシブ:561万2760円
・370GT FOURクール エクスクルーシブ:582万8760円
・370GT Type Sクール エクスクルーシブ:621万1080円
・ハイブリッド クール エクスクルーシブ:679万4280円

【スカイライン】
・200GT-t Type Pクール エクスクルーシブ:462万6720円
・200GT-t Type SPクール エクスクルーシブ:492万9120円
・350GTハイブリッドType Pクール エクスクルーシブ:541万7280円
・350GT FOURハイブリッドType Pクール エクスクルーシブ:569万8080円
・350GTハイブリッドType SPクール エクスクルーシブ:577万5840円
・350GT FOURハイブリッドType SPクール エクスクルーシブ:605万6640円

「日産フーガ」
「日産フーガ」

■フーガ、スカイラインともに運転支援機能の設定を拡大

同時に行われた仕様変更では、両モデルともに日産の高級車ブランド、インフィニティのエンブレムを、フロントだけでなくリアにも装着。またスカイラインでは、上級グレード「Type S」「Type SP」にハイビームアシスト、アクティブAFS、自動防眩(ぼうげん)式ルームミラーからなる「ビジョンサポートパッケージ」を標準で採用した。

一方、フーガではグレード体系の見直しにより、「エマージェンシーブレーキ」(自動緊急ブレーキ)が全車標準装備となった。

価格は、フーガが477万5760円~681万480円、スカイラインが389万3400円~582万9840円(クール エクスクルーシブを除く)。

(webCG)


 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フーガの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを出展 2017.2.14 自動車ニュース トヨタが、新型「レクサスLS」のハイブリッドモデル「LS500h」をジュネーブショーで世界初公開すると発表した。同車の詳細については日本時間の3月7日に公開される予定で、また同ショーには「レクサスRC F GT3」なども出展される。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る