トヨタ86のチューンドカー、100台限定で登場

2015.12.21 自動車ニュース
「トヨタ86“GRMN”」
「トヨタ86“GRMN”」 拡大

コンプリートカー「86“GRMN”」、100台限定で登場

トヨタ自動車は2015年12月21日、コンプリートカー「トヨタ86“GRMN”」の概要を発表した。2016年1月4日から同年1月22日までウェブサイト上で注文を受け付け、抽選の上、100台限定で同年2月1日に発売する。

大きなリアスポイラーが目を引く「86“GRMN”」のサイドビュー。
大きなリアスポイラーが目を引く「86“GRMN”」のサイドビュー。 拡大
「86“GRMN”」のインテリア。
「86“GRMN”」のインテリア。 拡大
専用のスポーツシート。乗車定員は、ノーマル車の4人に対して2人に変更されている。
専用のスポーツシート。乗車定員は、ノーマル車の4人に対して2人に変更されている。 拡大
2リッター水平対向4気筒エンジンは、吸排気系をチューン。最高出力、最大トルクともに、ノーマル車よりもアップした。
2リッター水平対向4気筒エンジンは、吸排気系をチューン。最高出力、最大トルクともに、ノーマル車よりもアップした。 拡大
 
トヨタ86のチューンドカー、100台限定で登場の画像 拡大

■至るところが特別仕立て

86“GRMN”は、TOYOTA GAZOO Racingがニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦の経験を生かして開発したというコンプリートカー。「道を選ばず、走りだした瞬間から素直な車両挙動が感じられ、スポーツドライビングの楽しさを存分に味わうことのできるモデル」とされる。

ベースとなるのは、FRスポーツカーの「トヨタ86」。エクステリアは、CFRP製の大型リアスポイラー、フロントスポイラー&バンパーサイドフィンなどのエアロパーツなどで、空力性能に配慮しながら力強さとスポーティー感を表現。エンジンフードやトランクリッド、ルーフパネルもCFRP製とし、さらにポリカーボネート製のリアウィンドウとクオーターウィンドウを採用することで、軽量化・低重心化が図られた。
ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4290×1775×1300mm。車重は1230kgと公表される。

ボディーカラーは、ホワイトパールクリスタルシャイン1色のみ。乗車定員を2人に限定したインテリアのカラーはブラックが基調で、専用のレカロ製スポーツシートや小径ステアリングホイールにはレッドが使われている。

機関については、吸排気系を変更した上で、エンジンパーツの摩擦抵抗を低減し、エンジンの応答性を向上。最高出力はノーマル車の200psから219psに、同じく最大トルクは20.9kgmから22.1kgmへと向上した。組み合わされるトランスミッションは、ノーマル車よりもギア比を近接(クロスレシオ)させた6段MTだ。
そのほか、ボディーの補強材や専用チューンのサスペンション、前後異径タイヤ、強化型のブレーキなども与えられる。

86“GRMN”の価格は、648万円。元町工場の専用ラインで、「匠(たくみ)」の技能を有するスタッフにより組み立てられる。

(webCG)

→「トヨタ86“GRMN”」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
86トヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ86 GR(FR/6MT)【試乗記】 2018.4.5 試乗記 モータースポーツで培ったノウハウを生かし、足まわりやシャシーに特別なチューニングが施された「トヨタ86 GR」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、このモデルならではの“ピュアな味”に驚かされることになった。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • 「トヨタ86」にGRシリーズのエントリーモデル登場 2018.7.2 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年7月2日、「86」に「GRスポーツ」を設定し、販売を開始した。2017年秋に発表したスポーツカーシリーズ、GRのエントリーモデルとなるもので、“気軽にスポーツを楽しめる”モデルとなっている。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン【開発者インタビュー】 2018.7.2 試乗記 ユーザーの若返りを最重要課題に掲げて全面的に刷新された、トヨタの高級セダン「クラウン」。その開発に込めた思いを、チーフエンジニアの秋山 晃さんと、デザインを取りまとめた國重 健さんに語ってもらった。
ホームへ戻る