第430回:よみがえっていた幻の「ピニンファリーナデザイン歯ブラシ」

2015.12.25 エッセイ

ピニンファリーナよ、お前もか

イタリア・トリノのデザイン会社、ピニンファリーナは2015年12月14日、インド企業との間で、株式を売却することで合意したと発表した。
具体的には、ピニンファリーナ家の持ち株会社「ピンカー」が、所有するピニンファリーナ株を、インドの自動車メーカー「マヒンドラ&マヒンドラ」と傘下企業「テック・マヒンドラ」(以下、2社合わせてマヒンドラ)に売却する。ピニンファリーナ家が売却するのは、発行済み株式全体の76.063%にあたる。
マヒンドラは、買い付けによって、残りのピニンファリーナ株の取得も目指す。加えて、ピニンファリーナの増資も行う。

マヒンドラとの交渉は数カ月にわたって続けられてきた。なお、従来ピンカー社が所有するピニンファリーナ株は、経営再建の過程で銀行団の抵当権の対象となっていた。今回の株式売却によって、ピンカーの負債が解消されるかたちだ。
いっぽうで、マヒンドラによる救済が明らかになっても、当日のミラノ証券取引所におけるピニンファリーナ株は、前日比68%の大幅安を記録した。

2015年3月、ジュネーブモーターショーにおけるピニンファリーナのブース。右は創業家3代目のパオロ・ピニンファリーナ会長。左はデザインダイレクターのファビオ・フィリッピーニ氏。
2015年3月、ジュネーブモーターショーにおけるピニンファリーナのブース。右は創業家3代目のパオロ・ピニンファリーナ会長。左はデザインダイレクターのファビオ・フィリッピーニ氏。
トリノ郊外カンビアーノにあるピニンファリーナ本社。
トリノ郊外カンビアーノにあるピニンファリーナ本社。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。