ジュークに特別仕様車AAAエディションが登場

2015.12.23 自動車ニュース
「日産ジュークAAAエディション」
「日産ジュークAAAエディション」 拡大

「日産ジューク」に特別仕様車「AAAエディション」が登場

日産自動車は2015年12月22日、コンパクトSUV「ジューク」に特別仕様車「AAAエディション」を設定し、2016年1月21日より300台限定で販売すると発表した。

音楽グループ「AAA」のメンバーと「日産ジュークAAAエディション」。
音楽グループ「AAA」のメンバーと「日産ジュークAAAエディション」。 拡大
ブラック17インチアルミホイールとAAA専用ホイールステッカー。
ブラック17インチアルミホイールとAAA専用ホイールステッカー。 拡大

ジュークAAAエディションは、音楽グループ「AAA(トリプル・エー)」の7人のメンバーをイメージした特別仕様車であり、内外装の各部の色を選択可能とするスペシャルパッケージ「パーソナライゼーション」の組み合わせの中から7通りのカラーバリエーションが用意されている。

ベースとなるのはローダウンサスペンションを装備した「15RX Vアーバンセレクション」で、アラウンドビューモニター(MOD[移動物検知]機能付き)やディスプレイ付き自動防眩(ぼうげん)式ミラー、日産オリジナルナビゲーションなどを特別装備。パーソナライゼーション用ブラック17インチアルミホイールにはAAA専用ホイールステッカーが貼付されており、またAAAロゴ入りキーホルダーも用意されている。

カラーバリエーションと価格は以下の通り。

(1)
・ボディーカラー:ブリリアントホワイトパール<特別塗装色>
・エクステリアパーツカラー:レッド
・インテリアパーツカラー:レッド
・価格:250万8840円

(2)
・ボディーカラー:スーパーブラック
・エクステリアパーツカラー:イエロー
・インテリアパーツカラー:イエロー
・価格:263万3040円
※同車のみ、シートに本革を採用
 

(3)
・ボディーカラー:ラディアントレッド
・エクステリアパーツカラー:ブラック
・インテリアパーツカラー:レッド
・価格:247万1040円

(4)
・ボディーカラー:アズライトブルー
・エクステリアパーツカラー:ホワイト
・インテリアパーツカラー:ホワイト
・価格:247万1040円

(5)
・ボディーカラー:ナイトベールパープル
・エクステリアパーツカラー:ブラック
・インテリアパーツカラー:レッド
・価格:247万1040円

(6)
・ボディーカラー:サンライトイエロー<特別塗装色>
・エクステリアパーツカラー:ホワイト
・インテリアパーツカラー:イエロー
・価格:250万8840円

(7)
・ボディーカラー:ダークメタルグレー
・エクステリアパーツカラー:ブラック
・インテリアパーツカラー:イエロー
・価格:247万1040円

(webCG)
 

関連キーワード:
ジューク日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第86回:クルマはドイツ的発想に支配された? 2018.4.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第86回は「クルマはドイツ的発想に支配された?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏にカーデザインのイロハを学ぶ企画、第3弾。グローバル化で、デザインはどう変わったのか!?
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • 谷口信輝の新車試乗――BMW M5(前編) 2018.7.12 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、歯に衣を着せず本音でクルマを語り尽くす! 今回のお題は600psのハイパワーを誇る「BMW M5」。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用したその走りを、プロはどう評価する?
ホームへ戻る