ジュークに特別仕様車AAAエディションが登場

2015.12.23 自動車ニュース
「日産ジュークAAAエディション」

「日産ジューク」に特別仕様車「AAAエディション」が登場

日産自動車は2015年12月22日、コンパクトSUV「ジューク」に特別仕様車「AAAエディション」を設定し、2016年1月21日より300台限定で販売すると発表した。

音楽グループ「AAA」のメンバーと「日産ジュークAAAエディション」。
ブラック17インチアルミホイールとAAA専用ホイールステッカー。

ジュークAAAエディションは、音楽グループ「AAA(トリプル・エー)」の7人のメンバーをイメージした特別仕様車であり、内外装の各部の色を選択可能とするスペシャルパッケージ「パーソナライゼーション」の組み合わせの中から7通りのカラーバリエーションが用意されている。

ベースとなるのはローダウンサスペンションを装備した「15RX Vアーバンセレクション」で、アラウンドビューモニター(MOD[移動物検知]機能付き)やディスプレイ付き自動防眩(ぼうげん)式ミラー、日産オリジナルナビゲーションなどを特別装備。パーソナライゼーション用ブラック17インチアルミホイールにはAAA専用ホイールステッカーが貼付されており、またAAAロゴ入りキーホルダーも用意されている。

カラーバリエーションと価格は以下の通り。

 

(1)
・ボディーカラー:ブリリアントホワイトパール<特別塗装色>
・エクステリアパーツカラー:レッド
・インテリアパーツカラー:レッド
・価格:250万8840円

 

(2)
・ボディーカラー:スーパーブラック
・エクステリアパーツカラー:イエロー
・インテリアパーツカラー:イエロー
・価格:263万3040円
※同車のみ、シートに本革を採用
 

 

(3)
・ボディーカラー:ラディアントレッド
・エクステリアパーツカラー:ブラック
・インテリアパーツカラー:レッド
・価格:247万1040円

 

(4)
・ボディーカラー:アズライトブルー
・エクステリアパーツカラー:ホワイト
・インテリアパーツカラー:ホワイト
・価格:247万1040円

 

(5)
・ボディーカラー:ナイトベールパープル
・エクステリアパーツカラー:ブラック
・インテリアパーツカラー:レッド
・価格:247万1040円

 

(6)
・ボディーカラー:サンライトイエロー<特別塗装色>
・エクステリアパーツカラー:ホワイト
・インテリアパーツカラー:イエロー
・価格:250万8840円

 

(7)
・ボディーカラー:ダークメタルグレー
・エクステリアパーツカラー:ブラック
・インテリアパーツカラー:イエロー
・価格:247万1040円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)【試乗記】 2013.3.20 試乗記 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)
    ……319万7250円

    日産のモータースポーツ事業を担う「NISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)」が、パワーユニットから内外装に至るまで、くまなく手を加えた「ジュークNISMO」。よりヤンチャに、より痛快に仕上げられたその走りを確かめた。
  • 日産ジューク 16GT FOUR(4WD/CVT)【試乗記】 2010.12.1 試乗記 日産ジューク 16GT FOUR(4WD/CVT)
    ……296万1000円

    個性派コンパクト「日産ジューク」に、4WDのターボモデルが登場。スポーティさをウリにするトップグレードの実力は、どれほどのものなのか?
  • 「日産ジューク」のツートンカラーに新色が登場 2016.10.28 自動車ニュース 日産自動車は2016年10月27日、「ジューク」の特別仕様車「ドレスアップ」に、新色のツートンカラー「プレミアムサンフレアオレンジ/ダークメタルグレー」を追加すると発表した。同年11月22日に発売する。
  • 日産ジューク 16GT FOUR(4WD/CVT)【試乗記】 2011.1.31 試乗記 日産ジューク 16GT FOUR(4WD/CVT)
    ……296万1000円

    「日産ジューク」のハイパワー&4WDグレード「16GT FOUR」に試乗。足まわりの仕上がり具合を中心に、その走りを峠道でチェックしてみた。
  • スバルが「レガシィB4/アウトバック」を一部改良 2016.9.8 自動車ニュース スバルが「レガシィB4/アウトバック」を一部改良し、10月3日に発売すると発表した。今回の改良では車線中央維持機能を新採用するなど、「アイサイトver.3」の機能を強化。またステアリングヒーターを全車標準装備とした。
ホームへ戻る