ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)

ラグジュアリーSUVここに極まる 2015.12.26 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ公道に降り立った。スピードとパワー、そしてラグジュアリー性において、他をしのぐべく開発された“世界最高峰のSUV”、その実力やいかに?

グランピングがお似合い

“グラマラスなキャンピング”で、グランピング。2015年の日本のアウトドア関連メディアではグランピングが取り上げられることがとても多かった。

数年前に、僕もチュニジアで素晴らしいグランピングを経験したことがある。首都チュニスの空港から「フォルクスワーゲン・トゥアレグ」を運転してサハラ砂漠を横断した。

途中で2泊、砂漠の中のオアシスにあるテントに泊まった。テントといっても、ベッドルームにバスとトイレまで付いた50平方メートルぐらいの部屋で、なんとエアコンまで付いていた。ヘタなホテル顔負けの豪華さだ。

昼間は17世紀の遺跡を見に行ったり、砂漠の丘を上り下りしてスタックしたり、オアシスの泉で泳いだりした。

夜は、テントの前でバーベキュー。もちろん、準備や調理は専任スタッフがやってくれるから、僕らは地平線に沈む夕日を眺めながら食前酒を傾けて、さまざまな国々からの参加者たちとの会話を楽しんだ。

美味なる料理を楽しんだ後は、バーカウンターのある大きなテントに移って、会話の続きだ。途中で再び外に出て、星が降るような夜空を満喫することもできた。

本当にグラマラスなキャンプだった。参加者が行うのは楽しむことだけで、準備や後片付けなど面倒なことはすべてスタッフが行ってくれる。食事や宿泊、アクティビティーなどはすべて超一流の内容で、たいがいのホテルよりも心地良く、それでいて自然の中での楽しみは最大限に享受することができる。

「effortless」という形容詞が高級車の修飾に用いられることがあるけれども、グランピングこそまさにeffortlessなアウトドアアクティビティーだ。

そして、ベントレーが初めて生み出したSUV、ベンテイガに南スペインのマルベーリャで乗って、最初に思い浮かんだのはグランピングのことだった。地球上のどこであれ、グランピングに乗って行くのにふさわしいクルマはベンテイガが一番だと思ったからだ。

試乗会場にずらりと並んだベントレー初のSUV「ベンテイガ」。南スペインのマルベーリャが試乗の舞台に選ばれた。


	試乗会場にずらりと並んだベントレー初のSUV「ベンテイガ」。南スペインのマルベーリャが試乗の舞台に選ばれた。
インパネデザインのテーマは「ダブルウイング」と呼ばれるもの。ベントレーのエンブレム「ベントレーウイング」のイメージを発展させた造形という。
インパネデザインのテーマは「ダブルウイング」と呼ばれるもの。ベントレーのエンブレム「ベントレーウイング」のイメージを発展させた造形という。
他のベントレー車と同様に、内装にはレザーとウッドがふんだんに用いられる。シートはショルダー部とクッションの両脇にダイヤモンドキルトを施した新デザインのもの。
他のベントレー車と同様に、内装にはレザーとウッドがふんだんに用いられる。シートはショルダー部とクッションの両脇にダイヤモンドキルトを施した新デザインのもの。
5141×1998×1742mmという堂々たるボディーサイズを誇る。タイヤサイズは標準が20インチ。21インチと22インチも設定される。
5141×1998×1742mmという堂々たるボディーサイズを誇る。タイヤサイズは標準が20インチ。21インチと22インチも設定される。
標準のボディーカラーは全17色。その他、90色ものオプションカラーが用意されている(欧州仕様の場合)。
標準のボディーカラーは全17色。その他、90色ものオプションカラーが用意されている(欧州仕様の場合)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ベンテイガの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る