ロータス・エヴォーラ400(MR/6MT)/エヴォーラ400(MR/6AT)

レアもの中のレアもの 2015.12.28 試乗記 コンパクトなボディーの中央に、最高出力406psを発生するスーパーチャージャー付きの3.5リッターV6エンジンを搭載した「ロータス・エヴォーラ400」。より軽く、よりパワフルに進化したロータスの最上級モデルの実力を試す。

その名の通り“400hp”にパワーアップ

2009年に登場したロータス・エヴォーラが“400”に発展した。
トヨタの2GR-FE型をベースにする3.5リッターV6スーパーチャージャーを350psから406ps、英馬力表記で400hpにパワーアップしたのがモデル名の由来である。エーデルブロック製のより充てん効率の高いスーパーチャージャーに合わせて水冷式インタークーラーを採用し、フロントグリルも一新した。バスタブのようなアルミモノコックにも手を加え、車重は22kg軽くなった。変更の詳細はニューモデルのページを読んでいただくとして、ひとことで言うと、よりパワフルに、より軽くなったのが、まる7年を迎えるハイエンドロータスである。

箱根の試乗会で乗ったのは、いずれも右ハンドルのMTとAT。それぞれ正味40分ほどのチョイ乗りだったこと、さらに筆者はこれがエヴォーラ初体験だったため、従来型との比較ができないことの2点をあらかじめお断りしておく。

そのかわり、エヴォーラを試乗する前に「エキシージS クラブレーサー」という、前菜にしては刺激的にすぎるライトウェイトロータスを試した。「エリーゼ」系のコンパクトモノコックにこれまでのエヴォーラとほぼ同じ350psユニットを搭載した人気モデルだ。武闘派なロータスを極め、そろそろちょっと落ち着きたくてエヴォーラ400をお試しに来た、という態で、まずはMTに乗る。

2015年3月のジュネーブショーで世界初公開された「エヴォーラ400」。日本では同年7月に予約受け付けが、10月に販売が開始された。
2015年3月のジュネーブショーで世界初公開された「エヴォーラ400」。日本では同年7月に予約受け付けが、10月に販売が開始された。
従来モデルから意匠が一新されたインストゥルメントパネルまわり。快適性を高めるために、新しい空調システムが採用されている。
従来モデルから意匠が一新されたインストゥルメントパネルまわり。快適性を高めるために、新しい空調システムが採用されている。
今回の改良ではエンジン出力の大幅な向上が図られている。エンジンに大きく手が加えられたのは、2011年にスーパーチャージャー付きエンジン搭載車が登場して以来、2度目のこととなる。
今回の改良ではエンジン出力の大幅な向上が図られている。エンジンに大きく手が加えられたのは、2011年にスーパーチャージャー付きエンジン搭載車が登場して以来、2度目のこととなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エヴォーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス・エヴォーラ400(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.30 試乗記 最高出力406ps、車両重量1395kg。ロータスのフラッグシップモデル「エヴォーラ」が、より軽く、よりパワフルな「エヴォーラ400」に進化を遂げた。6段MT仕様の試乗を通して感じた、動力性能の向上だけにとどまらない進化のポイントを報告する。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を発表 2016.12.21 自動車ニュース 伊ランボルギーニは2016年12月19日(現地時間)、「アヴェンタドール」の次世代モデルとなる「アヴェンタドールS」を発表した。今回のアヴェンタドールSは、エンジンの強化に加えて、空力にこだわった新デザインや4輪操舵システムなどが採用されている。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
ホームへ戻る