ポルシェ・ケイマンGT4(MR/6MT)

ヒエラルキーを壊すもの 2015.12.30 試乗記 「ポルシェ・ケイマン」のトップグレード「GT4」に試乗。「911カレラS」のエンジンや「911 GT3」ゆずりの足まわりを得て、MRスポーツカーの走りはどのように仕上がったのか?

資質では911をしのぐ!?

キ、キターッ! というような感慨をケイマンGT4のデビューに際して思ったスポーツカー好きは多いに違いない。

2015年春のジュネーブモーターショーで姿を現したケイマンGT4は、ポルシェ自身の表現をそのまま借りると、「911 GT3のコンポーネンツを備えたケイマン」である。

そもそもケイマンはザ・ポルシェであるところの皇帝911の弟分であって、弟はあくまで弟、いわば部屋住みの身分として処遇されてきたことは否めない。そうであるがゆえになおさら、リアエンジン2+2とミドシップ2シーター、ピュアスポーツカーとしての素質はどちらが上か、という議論が巷間(こうかん)、続けられてきたわけである。

才能の面では兄をもしのぐ、と一部でささやかれるそのケイマンをヴァイザッハのモータースポーツ部門が開発した。しかも、アマチュア向けのレースシリーズ、GT4という欧州選手権の参戦を前提に。GT3レースの妹的存在と位置付けられるGT4は、GT3に​比​べて低コストとイコールコンディションが強調さ​れ​​​​ている。そこに、911との身分差を感じさせるけれど、であるにしてもトキめくではありませんか。 

「ケイマン」シリーズの中で最もレーシーな性格が与えられた「ケイマンGT4」。2015年3月のジュネーブショーでデビューした。
「ケイマン」シリーズの中で最もレーシーな性格が与えられた「ケイマンGT4」。2015年3月のジュネーブショーでデビューした。
テスト車には18way電動調整機能付きの「アダプティブスポーツシート」が備わっていた。このほか、より軽量なCFRP製フルバケットシートも用意される。
テスト車には18way電動調整機能付きの「アダプティブスポーツシート」が備わっていた。このほか、より軽量なCFRP製フルバケットシートも用意される。
「ケイマンGT4」のシャシーおよびブレーキシステムには「911 GT3」のコンポーネンツがそのまま流用されている。写真は、メーター上に表示されるイメージ映像。
「ケイマンGT4」のシャシーおよびブレーキシステムには「911 GT3」のコンポーネンツがそのまま流用されている。写真は、メーター上に表示されるイメージ映像。
フロント下部には、ダウンフォースを発生させて走行安定性を高めるための、リップスポイラーが装着される。
フロント下部には、ダウンフォースを発生させて走行安定性を高めるための、リップスポイラーが装着される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ケイマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る