マツダ・デミオ一部改良、特別仕様車も発売

2015.12.24 自動車ニュース
「マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ」
「マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ」

マツダが「デミオ」を一部改良、黒革内装の特別仕様車も発売

マツダは2015年12月24日、コンパクトカー「デミオ」に一部改良を実施するとともに、特別仕様車「ブラックレザーリミテッド」を設定し、1.3リッターガソリン車を2016年1月15日に、1.5リッターディーゼル車を2016年1月22日に発売すると発表した。

「デミオ13Sツーリング」
「デミオ13Sツーリング」
シャークフィンアンテナ
シャークフィンアンテナ
「デミオXDブラックレザーリミテッド」
「デミオXDブラックレザーリミテッド」
「ブラックレザーリミテッド」のインストゥルメントパネルまわり。
「ブラックレザーリミテッド」のインストゥルメントパネルまわり。
「ブラックレザーリミテッド」のシート。
「ブラックレザーリミテッド」のシート。

■細かな改良で商品性をアップ

今回の改良では、ディーゼルエンジンに、軽負荷領域でのアクセル操作にクルマがリニアに反応するよう、トルク応答を緻密にコントロールする「DE精密過給制御」を採用。またエンジンのノック音を抑制する「ナチュラル・サウンド・スムーザー」を「XDツーリング」「XDツーリング Lパッケージ」および後述の特別仕様車「XDブラックレザーリミテッド」に標準装備した。

一方、ガソリン車については、トノカバーとフロントウインドシールド遮音ガラスを採用することで静粛性を改善したほか、新グレードとして「13Sツーリング」を追加設定。またディーゼル車、ガソリン車の両方において電動パワーステアリング制御を改良しており、操舵(そうだ)初期の車両コントロール性を改善することで、コーナーでの操作性と直進時の安定性を向上させたという。

このほかにも、新たにフラットワイパーやシャークフィンアンテナ、3段階の温度調整が可能なシートヒーター(運転席/助手席)を採用した。

価格は135万円~221万4000円(特別仕様車除く)。

■ブラック基調のインテリアが特徴の特別仕様車

今回の特別仕様車、ブラックレザーリミテッドは、マツダがデミオで実践している、定期的にさまざまなスタイルを提案していくという「スタイルコレクション」コンセプトの第4弾に当たるモデルである。

「13Sツーリング Lパッケージ」とディーゼル車のXDツーリング Lパッケージの2グレードをベースに、ブラックの本革シートを採用。内装色もブラック基調で、アクセントとして各所にシルバーのストライプやステッチ、グレーのファブリックを用いている。またCD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)を標準装備している。

価格は以下の通り。
・13Sブラックレザーリミテッド(FF/5MT):177万1200円
・13Sブラックレザーリミテッド(FF/6AT):177万1200円
・13Sブラックレザーリミテッド(4WD/6AT):196万5600円
・XDブラックレザーリミテッド(FF/5MT):205万2000円
・XDブラックレザーリミテッド(FF/6AT):205万2000円
・XDブラックレザーリミテッド(4WD/6AT):224万6400円

(webCG)
 

関連キーワード:
デミオマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • マツダ・デミオ13S(FF/6AT)【試乗記】 2014.11.10 試乗記 デビュー以来、好調なセールスが伝えられる4代目「マツダ・デミオ」。このクルマならではの魅力はどこにあるのか? ガソリン車の中間グレード「13S」で探った。
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記
  • マツダ・デミオXDツーリング(FF/6AT)/デミオ13Sツーリング Lパ... 2016.2.23 試乗記