マツダ・デミオ一部改良、特別仕様車も発売

2015.12.24 自動車ニュース
「マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ」
「マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ」

マツダが「デミオ」を一部改良、黒革内装の特別仕様車も発売

マツダは2015年12月24日、コンパクトカー「デミオ」に一部改良を実施するとともに、特別仕様車「ブラックレザーリミテッド」を設定し、1.3リッターガソリン車を2016年1月15日に、1.5リッターディーゼル車を2016年1月22日に発売すると発表した。

「デミオ13Sツーリング」
「デミオ13Sツーリング」
シャークフィンアンテナ
シャークフィンアンテナ
「デミオXDブラックレザーリミテッド」
「デミオXDブラックレザーリミテッド」
「ブラックレザーリミテッド」のインストゥルメントパネルまわり。
「ブラックレザーリミテッド」のインストゥルメントパネルまわり。
「ブラックレザーリミテッド」のシート。
「ブラックレザーリミテッド」のシート。

■細かな改良で商品性をアップ

今回の改良では、ディーゼルエンジンに、軽負荷領域でのアクセル操作にクルマがリニアに反応するよう、トルク応答を緻密にコントロールする「DE精密過給制御」を採用。またエンジンのノック音を抑制する「ナチュラル・サウンド・スムーザー」を「XDツーリング」「XDツーリング Lパッケージ」および後述の特別仕様車「XDブラックレザーリミテッド」に標準装備した。

一方、ガソリン車については、トノカバーとフロントウインドシールド遮音ガラスを採用することで静粛性を改善したほか、新グレードとして「13Sツーリング」を追加設定。またディーゼル車、ガソリン車の両方において電動パワーステアリング制御を改良しており、操舵(そうだ)初期の車両コントロール性を改善することで、コーナーでの操作性と直進時の安定性を向上させたという。

このほかにも、新たにフラットワイパーやシャークフィンアンテナ、3段階の温度調整が可能なシートヒーター(運転席/助手席)を採用した。

価格は135万円~221万4000円(特別仕様車除く)。

■ブラック基調のインテリアが特徴の特別仕様車

今回の特別仕様車、ブラックレザーリミテッドは、マツダがデミオで実践している、定期的にさまざまなスタイルを提案していくという「スタイルコレクション」コンセプトの第4弾に当たるモデルである。

「13Sツーリング Lパッケージ」とディーゼル車のXDツーリング Lパッケージの2グレードをベースに、ブラックの本革シートを採用。内装色もブラック基調で、アクセントとして各所にシルバーのストライプやステッチ、グレーのファブリックを用いている。またCD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)を標準装備している。

価格は以下の通り。
・13Sブラックレザーリミテッド(FF/5MT):177万1200円
・13Sブラックレザーリミテッド(FF/6AT):177万1200円
・13Sブラックレザーリミテッド(4WD/6AT):196万5600円
・XDブラックレザーリミテッド(FF/5MT):205万2000円
・XDブラックレザーリミテッド(FF/6AT):205万2000円
・XDブラックレザーリミテッド(4WD/6AT):224万6400円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デミオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダが「デミオ」を一部改良、特別仕様車も設定 2016.10.14 自動車ニュース マツダがコンパクトカーの「デミオ」を一部改良。内外装の仕様を変更するとともに、運転支援システムの設定を大幅に強化した。また、エンジンのトルク制御で車両の操縦安定性能や快適性を高める「Gベクタリングコントロール」を新たに採用した。
  • マツダ・デミオXDツーリング(FF/6AT)/デミオ13Sツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.2.23 試乗記 発売から1年あまり、「マツダ・デミオ」がドライバーとの人馬一体感を深める改良を受けた。その進化のほどは? 「デミオXDツーリング」と「デミオ13Sツーリング Lパッケージ」に試乗した。
  • マツダ・デミオ13S(FF/6AT)【試乗記】 2014.11.10 試乗記 デビュー以来、好調なセールスが伝えられる4代目「マツダ・デミオ」。このクルマならではの魅力はどこにあるのか? ガソリン車の中間グレード「13S」で探った。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る