スバルとSTIはコンセプトモデル含む8台を出展【東京オートサロン2016】

2015.12.24 自動車ニュース

【東京オートサロン2016】スバルとSTIはコンセプトモデル含む8台を出展

富士重工業は2015年12月24日、同社のモータースポーツ活動を担うスバルテクニカインターナショナル(STI)と共同で、東京オートサロン2016(開催期間:2016年1月15日~17日)にコンセプトカーやレーシングカーを出展すると発表した。

STI Performance Concept
STI Performance Concept 拡大

ブースには、量産車をベースとした、以下3台のコンセプトモデルが展示される。

【STI Performance Concept】
STI製サスペンション、ブレーキ、内外装部品などを一台のコンセプトカーとして提示することで、STIのパーツビジネスとコンプリートカービジネスを具体化したモデル。SUPER GT用のEJ20型2リッター水平対向4気筒ターボエンジンが搭載されている。

【レヴォーグSTI CONCEPT】
従来の「S」シリーズや「tS」シリーズといったSTIのコンプリートカーとは異なる、「STIブランドが持つスポーティーなイメージと上質な内外装を融合した身近なSTI」という、新たな価値を表現したコンセプトモデル。
ボディーカラーは「WRブルー・パール」で、専用のフロントマスクやSTI製18インチアルミホイールなどでドレスアップされる。インテリアはボルドー/ブラックのツートンカラー仕立てで、専用の加飾を施すことにより上質感も演出。しなやかな乗り心地とシャープなハンドリングを両立させるべく、STI専用チューニングダンパーもおごられる。

【スバルXVハイブリッドSTI CONCEPT】
XVハイブリッドのスポーティー&カジュアルなデザインや、ハイブリッドによる軽快な走りに、STIブランドのスポーティーさを融合させたとされるコンセプトモデル。
エクステリアは、「クオーツホワイト・シリカ」のボディーカラーにオレンジのアクセント色を添えて、アクティブかつスポーティーなイメージを演出。インテリアはオレンジ&ベージュを加えた専用仕立てで、STIらしさを踏まえつつポップなイメージに仕上げたという。
ステアリングホイール上に出力特性を切り替えるSI-DRIVEの「S♯(スポーツシャープ)モード」スイッチが与えられる。

このほか、2016年のニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦を予定している「WRX STI NBR CHALLENGE 2016」や、SUPER GTに参戦する「スバルBRZ GT300 2016」など、5台のモータースポーツ参戦予定車が展示される。

(webCG)

関連キーワード:
レヴォーグBRZXVスバル東京オートサロン2016イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • マツダ・アテンザセダン25S Lパッケージ/アテンザワゴンXD Lパッケージ【試乗記】 2018.7.12 試乗記 マツダの旗艦モデル「アテンザ」が、現行世代では過去最大といわれるほどの大幅改良を受けた。内外装のデザインや仕立てはもちろん、エンジン、ボディー、足まわりと、クルマを構成するあらゆる箇所がブラッシュアップされた最新モデルの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る