スバルとSTIはコンセプトモデル含む8台を出展【東京オートサロン2016】

2015.12.24 自動車ニュース
 

【東京オートサロン2016】スバルとSTIはコンセプトモデル含む8台を出展

富士重工業は2015年12月24日、同社のモータースポーツ活動を担うスバルテクニカインターナショナル(STI)と共同で、東京オートサロン2016(開催期間:2016年1月15日~17日)にコンセプトカーやレーシングカーを出展すると発表した。

STI Performance Concept

ブースには、量産車をベースとした、以下3台のコンセプトモデルが展示される。

【STI Performance Concept】
STI製サスペンション、ブレーキ、内外装部品などを一台のコンセプトカーとして提示することで、STIのパーツビジネスとコンプリートカービジネスを具体化したモデル。SUPER GT用のEJ20型2リッター水平対向4気筒ターボエンジンが搭載されている。

【レヴォーグSTI CONCEPT】
従来の「S」シリーズや「tS」シリーズといったSTIのコンプリートカーとは異なる、「STIブランドが持つスポーティーなイメージと上質な内外装を融合した身近なSTI」という、新たな価値を表現したコンセプトモデル。
ボディーカラーは「WRブルー・パール」で、専用のフロントマスクやSTI製18インチアルミホイールなどでドレスアップされる。インテリアはボルドー/ブラックのツートンカラー仕立てで、専用の加飾を施すことにより上質感も演出。しなやかな乗り心地とシャープなハンドリングを両立させるべく、STI専用チューニングダンパーもおごられる。

【スバルXVハイブリッドSTI CONCEPT】
XVハイブリッドのスポーティー&カジュアルなデザインや、ハイブリッドによる軽快な走りに、STIブランドのスポーティーさを融合させたとされるコンセプトモデル。
エクステリアは、「クオーツホワイト・シリカ」のボディーカラーにオレンジのアクセント色を添えて、アクティブかつスポーティーなイメージを演出。インテリアはオレンジ&ベージュを加えた専用仕立てで、STIらしさを踏まえつつポップなイメージに仕上げたという。
ステアリングホイール上に出力特性を切り替えるSI-DRIVEの「S♯(スポーツシャープ)モード」スイッチが与えられる。

このほか、2016年のニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦を予定している「WRX STI NBR CHALLENGE 2016」や、SUPER GTに参戦する「スバルBRZ GT300 2016」など、5台のモータースポーツ参戦予定車が展示される。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レヴォーグの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.4 試乗記 「STI Sport」とは、STIとのコラボレーションによって走行性能と質感を高めた、「レヴォーグ」の最上級グレードのこと。170psと“実用的”なパワーを持つ1.6リッター仕様のステアリングを握り、その走りをじっくりと味わった。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
ホームへ戻る