マツダ、CX-3を一部改良 静粛性と操作性を改善

2015.12.24 自動車ニュース
「マツダCX-3 XDツーリング Lパッケージ」
「マツダCX-3 XDツーリング Lパッケージ」

「マツダCX-3」一部改良、静粛性と操作性を改善

マツダは2015年12月24日、コンパクトSUV「CX-3」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 
マツダ、CX-3を一部改良 静粛性と操作性を改善の画像
 
マツダ、CX-3を一部改良 静粛性と操作性を改善の画像
 
マツダ、CX-3を一部改良 静粛性と操作性を改善の画像

今回の改良では、これまでオプション扱いだったエンジンのノック音を抑制する「ナチュラル・サウンド・スムーザー」を全車に標準装備。フロントドアガラス板厚の変更と併せ、静粛性を向上させた。

また、軽負荷領域でのアクセル操作に対してクルマがリニアに反応するよう、緻密なエンジン制御を行う「DE精密過給制御」を新たに採用。前後ダンパーやフロントスタビライザーの改良によって乗り心地を改善したほか、電動パワーステアリングの制御を見直すことで操舵(そうだ)初期の車両コントロール性を高め、コーナーでの操作性と直進時の安定性を向上させている。

このほかにも、最上級グレードの「XDツーリング Lパッケージ」に、パーフォレーションレザーやラックススエードを用いた黒革内装仕様を追加した。

価格は237万6000円~302万4000円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 【LAショー2016】マツダ、2代目となる新型「CX-5」を世界初公開 2016.11.16 自動車ニュース マツダがLAショーで新型「CX-5」を発表。デザインについては「洗練された力強さ」をキーワードにシンプルで研ぎ澄まされた造形を追及。新たに「G-ベクタリングコントロール」を採用するなど、走りについても改善を図っている。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 第380回:新型「マツダCX-5」が狙ったモノ
    ここでも見つけたマツダ理想主義!
    2016.11.21 エッセイ マツダはロサンゼルスオートショー2016で新型「CX-5」を世界初公開した。このクルマで表現していること、そしてそこに込められた思いを、自動車ジャーナリストの小沢コージが開発陣に聞いた。
  • トヨタC-HR【開発者インタビュー】 2016.11.15 試乗記 東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
ホームへ戻る