マツダ、CX-3を一部改良 静粛性と操作性を改善

2015.12.24 自動車ニュース
「マツダCX-3 XDツーリング Lパッケージ」
「マツダCX-3 XDツーリング Lパッケージ」

「マツダCX-3」一部改良、静粛性と操作性を改善

マツダは2015年12月24日、コンパクトSUV「CX-3」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 
マツダ、CX-3を一部改良 静粛性と操作性を改善の画像
 
マツダ、CX-3を一部改良 静粛性と操作性を改善の画像
 
マツダ、CX-3を一部改良 静粛性と操作性を改善の画像

今回の改良では、これまでオプション扱いだったエンジンのノック音を抑制する「ナチュラル・サウンド・スムーザー」を全車に標準装備。フロントドアガラス板厚の変更と併せ、静粛性を向上させた。

また、軽負荷領域でのアクセル操作に対してクルマがリニアに反応するよう、緻密なエンジン制御を行う「DE精密過給制御」を新たに採用。前後ダンパーやフロントスタビライザーの改良によって乗り心地を改善したほか、電動パワーステアリングの制御を見直すことで操舵(そうだ)初期の車両コントロール性を高め、コーナーでの操作性と直進時の安定性を向上させている。

このほかにも、最上級グレードの「XDツーリング Lパッケージ」に、パーフォレーションレザーやラックススエードを用いた黒革内装仕様を追加した。

価格は237万6000円~302万4000円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る