マツダ、CX-3を一部改良 静粛性と操作性を改善

2015.12.24 自動車ニュース
「マツダCX-3 XDツーリング Lパッケージ」
「マツダCX-3 XDツーリング Lパッケージ」

「マツダCX-3」一部改良、静粛性と操作性を改善

マツダは2015年12月24日、コンパクトSUV「CX-3」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 
マツダ、CX-3を一部改良 静粛性と操作性を改善の画像
 
マツダ、CX-3を一部改良 静粛性と操作性を改善の画像
 
マツダ、CX-3を一部改良 静粛性と操作性を改善の画像

今回の改良では、これまでオプション扱いだったエンジンのノック音を抑制する「ナチュラル・サウンド・スムーザー」を全車に標準装備。フロントドアガラス板厚の変更と併せ、静粛性を向上させた。

また、軽負荷領域でのアクセル操作に対してクルマがリニアに反応するよう、緻密なエンジン制御を行う「DE精密過給制御」を新たに採用。前後ダンパーやフロントスタビライザーの改良によって乗り心地を改善したほか、電動パワーステアリングの制御を見直すことで操舵(そうだ)初期の車両コントロール性を高め、コーナーでの操作性と直進時の安定性を向上させている。

このほかにも、最上級グレードの「XDツーリング Lパッケージ」に、パーフォレーションレザーやラックススエードを用いた黒革内装仕様を追加した。

価格は237万6000円~302万4000円。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道・剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
ホームへ戻る