レクサスLX570(4WD/8AT)

ただよう“陸の王者”の威光 2015.12.29 試乗記 本格クロカン四駆として名高い“ランクル”の走破性能に、5.7リッターの大排気量V8エンジンと8段ATのパワートレイン、そしてプレミアムブランドならではの装備と品質をプラス。レクサスが日本に導入した大型SUV「LX570」の魅力に触れた。

ランクルとはここが違う

一部の好き者にとって待望だったレクサスLXが、ついに日本発売された。ただ、「トヨタ・ランドクルーザー」のレクサス版が出るのは今回が初ではない……というか、レクサスの本場(?)たる北米では、LXは1996年以来ずっとある。最新型はランクルでいうところの「200」がベースで、それ以前には「80」ベースの初代、「100」ベースの2代目があった。今は通算3代目である。

これまたご承知のように、第2世代のLXは、日本国内でも「ランドクルーザー シグナス」としてトヨタブランドで販売されていた。現行3代目は2007年に本場デビューしたが、当時の日本はレクサスチャンネルがスタートして間もない時期。FFセダンの「ES」も含めて、トヨタブランド車と区別をつけにくいレクサスをあえて売らなかった。

というわけで、最新のLXも機械構成はランクル200そのもの。全長はランクル200より長いが、それはオーバーハングの造形によるもので、ホイールベースやキャビン形状など、クルマの根幹部分は両車共通である。
もっとも、車高調整サスペンションやリアルタイム可変ダンパー、そして「Lexus Safety System+」といった機構装備内容を見ると、正確にはランクル200でも最上級の「ZX」のレクサス版と考えればいい。ちなみにLexus Safety System+は、トヨタでいう「Toyota Safety Sense P」に相当するフルスペックの事前察知安全装備だ。

ランクル200との大きなちがいは、エンジンと変速機。4.6リッターV8+6ATのランクル200に対して、LXのエンジンは車名どおりの5.7リッター+8AT。また、各部を走行状況に応じて統合切り替えできる「マルチテレインセレクト」もランクル200と同じものだが、各設定を任意に組み合わせられる「カスタマイズ」モードが用意されるのは、このLX570だけである。

2015年9月に日本で発売された「レクサスLX」。これまでは北米や中近東、ロシアを中心とした海外市場のみで販売されていた。
2015年9月に日本で発売された「レクサスLX」。これまでは北米や中近東、ロシアを中心とした海外市場のみで販売されていた。
「レクサスLX」は「トヨタ・ランドクルーザー」のレクサス版として1996年に登場。今回のモデルはその3代目にあたる。
「レクサスLX」は「トヨタ・ランドクルーザー」のレクサス版として1996年に登場。今回のモデルはその3代目にあたる。
「LX570」のインストゥルメントパネルまわり。空調システムには、1、2列目シートの乗員の有無を検知し、4席独立温度調整オートエアコンやシートヒーターなどを作動させる「レクサス クライメイト コンシェルジュ」が採用される。
「LX570」のインストゥルメントパネルまわり。空調システムには、1、2列目シートの乗員の有無を検知し、4席独立温度調整オートエアコンやシートヒーターなどを作動させる「レクサス クライメイト コンシェルジュ」が採用される。
「LX570」という車名の通り、5.7リッターのV8エンジンが搭載される。
「LX570」という車名の通り、5.7リッターのV8エンジンが搭載される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

LXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスLX570(4WD/8AT)【レビュー】 2015.11.27 試乗記 レクサスのフラッグシップSUV「LX」が国内でも発売された。本格オフローダーゆずりのシャシーや、大排気量エンジンがもたらす走りは? そして乗り心地は? 高速道路から河川敷のオフロードまで、さまざまな道で試乗した。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
ホームへ戻る