連載「フォーカス日常劇場」にご期待ください!

2015.12.25 From Our Staff
編集部にやってきた白い「フォーカス スポーツプラス エコブースト」。
編集部にやってきた白い「フォーカス スポーツプラス エコブースト」。

連載「フォーカス日常劇場」にご期待ください!

2015年も残すところあと1週間となりましたが、webCG編集部に新しい仲間が加わったので紹介します。2016年1月にスタートする連載記事「フォード・フォーカス日常劇場」の主人公「フォーカス スポーツプラス エコブースト」です。みなさん、よろしくお願いします。

早速、編集部がある東京・恵比寿かいわいを試走。連載は2016年1月にスタートします。
早速、編集部がある東京・恵比寿かいわいを試走。連載は2016年1月にスタートします。

■編集部員の相棒として白い「フォーカス」が東奔西走します

いいクルマとはなんでしょうか。「室内が広いこと」「荷物がたくさん積めること」「燃費がいいこと」「運転して楽しいこと」。あるいは「見た目の格好よさこそが重要」と考える人もいるかもしれません。

ひとことでいいクルマといっても、「よさ」の尺度は人それぞれ。その議論はそう簡単には終わりそうにありません。でも、そんな中にも、おそらく皆が納得する「よさ」の条件というものがあるのではないでしょうか。

それは日々乗っていて「このクルマとは肌が合うな」と感じられるかどうか。また、毎日をともにしてみて、単に人とクルマの関係以上のものを築けるかどうか。

これらを見極めるためには、ある程度の期間、そのクルマと生活をともにしてみなければなりません。わずか数時間の試乗では、表面的なことに目をうばわれてしまいがちで、そういう肝心なことは、なかなかわからないものです。

そして、クルマとの間にこういった肌感覚的な信頼関係が育たないと、「人とクルマの日常劇場」は平板で退屈なものになってしまうと思うのです。

題して「フォード・フォーカス日常劇場」。取材で東奔西走するwebCG編集部員の相棒として、白いフォーカス スポーツプラス エコブーストが2016年1月から約3カ月間、都内とその近郊を中心にして、あちこち走り回ります。そして、そこで気付いたあれこれを、編集部員がこまめにリポートしていきます。

フォーカスは、われわれにどんなクルマ生活を提供してくれるのか。新連載「フォード・フォーカス日常劇場」にご期待ください。

(webCG編集部 竹下元太郎)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーカスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.28 試乗記 欧州フォードのベストセラーモデルである「フィエスタ」が、いよいよ日本に上陸。注目の「1リッターEcoBoost」エンジンを搭載する新型は、どんな走りを見せるのか? 
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.24 試乗記 ビッグマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。より精悍(せいかん)な顔つきと、高効率な1.5リッターターボエンジンを得た最新型、その実力やいかに?
ホームへ戻る