連載「フォーカス日常劇場」にご期待ください!

2015.12.25 From Our Staff
編集部にやってきた白い「フォーカス スポーツプラス エコブースト」。
編集部にやってきた白い「フォーカス スポーツプラス エコブースト」。

連載「フォーカス日常劇場」にご期待ください!

2015年も残すところあと1週間となりましたが、webCG編集部に新しい仲間が加わったので紹介します。2016年1月にスタートする連載記事「フォード・フォーカス日常劇場」の主人公「フォーカス スポーツプラス エコブースト」です。みなさん、よろしくお願いします。

早速、編集部がある東京・恵比寿かいわいを試走。連載は2016年1月にスタートします。
早速、編集部がある東京・恵比寿かいわいを試走。連載は2016年1月にスタートします。

■編集部員の相棒として白い「フォーカス」が東奔西走します

いいクルマとはなんでしょうか。「室内が広いこと」「荷物がたくさん積めること」「燃費がいいこと」「運転して楽しいこと」。あるいは「見た目の格好よさこそが重要」と考える人もいるかもしれません。

ひとことでいいクルマといっても、「よさ」の尺度は人それぞれ。その議論はそう簡単には終わりそうにありません。でも、そんな中にも、おそらく皆が納得する「よさ」の条件というものがあるのではないでしょうか。

それは日々乗っていて「このクルマとは肌が合うな」と感じられるかどうか。また、毎日をともにしてみて、単に人とクルマの関係以上のものを築けるかどうか。

これらを見極めるためには、ある程度の期間、そのクルマと生活をともにしてみなければなりません。わずか数時間の試乗では、表面的なことに目をうばわれてしまいがちで、そういう肝心なことは、なかなかわからないものです。

そして、クルマとの間にこういった肌感覚的な信頼関係が育たないと、「人とクルマの日常劇場」は平板で退屈なものになってしまうと思うのです。

題して「フォード・フォーカス日常劇場」。取材で東奔西走するwebCG編集部員の相棒として、白いフォーカス スポーツプラス エコブーストが2016年1月から約3カ月間、都内とその近郊を中心にして、あちこち走り回ります。そして、そこで気付いたあれこれを、編集部員がこまめにリポートしていきます。

フォーカスは、われわれにどんなクルマ生活を提供してくれるのか。新連載「フォード・フォーカス日常劇場」にご期待ください。

(webCG編集部 竹下元太郎)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その27) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フォードのブースを画像で紹介する。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
  • 第18回:ありがとうフォーカス(最終回)
    3カ月間で3800kmを後にして思ったこと
    2016.3.25 フォード・フォーカス日常劇場<PR> 3カ月間、距離にして3800km、われわれの力強い助っ人として活躍してくれた「フォード・フォーカス」が、今回の報告を最後に編集部から卒業する。ありがとうフォーカス! 駆け足でこの3カ月を振り返る。
  • 第14回:フォーカスの実用燃費報告
    約2000km走って11.0km/リッターを記録
    2016.2.26 フォード・フォーカス日常劇場<PR> フォーカスがwebCGにやって来てから早いもので2カ月が経過した。約2000km走って得た実用燃費は11.0km/リッター。燃費を伸ばすためには、ちょっとした傾向と対策があることがわかってきた。
ホームへ戻る