連載「フォーカス日常劇場」にご期待ください!

2015.12.25 From Our Staff
編集部にやってきた白い「フォーカス スポーツプラス エコブースト」。
編集部にやってきた白い「フォーカス スポーツプラス エコブースト」。

連載「フォーカス日常劇場」にご期待ください!

2015年も残すところあと1週間となりましたが、webCG編集部に新しい仲間が加わったので紹介します。2016年1月にスタートする連載記事「フォード・フォーカス日常劇場」の主人公「フォーカス スポーツプラス エコブースト」です。みなさん、よろしくお願いします。

早速、編集部がある東京・恵比寿かいわいを試走。連載は2016年1月にスタートします。
早速、編集部がある東京・恵比寿かいわいを試走。連載は2016年1月にスタートします。

■編集部員の相棒として白い「フォーカス」が東奔西走します

いいクルマとはなんでしょうか。「室内が広いこと」「荷物がたくさん積めること」「燃費がいいこと」「運転して楽しいこと」。あるいは「見た目の格好よさこそが重要」と考える人もいるかもしれません。

ひとことでいいクルマといっても、「よさ」の尺度は人それぞれ。その議論はそう簡単には終わりそうにありません。でも、そんな中にも、おそらく皆が納得する「よさ」の条件というものがあるのではないでしょうか。

それは日々乗っていて「このクルマとは肌が合うな」と感じられるかどうか。また、毎日をともにしてみて、単に人とクルマの関係以上のものを築けるかどうか。

これらを見極めるためには、ある程度の期間、そのクルマと生活をともにしてみなければなりません。わずか数時間の試乗では、表面的なことに目をうばわれてしまいがちで、そういう肝心なことは、なかなかわからないものです。

そして、クルマとの間にこういった肌感覚的な信頼関係が育たないと、「人とクルマの日常劇場」は平板で退屈なものになってしまうと思うのです。

題して「フォード・フォーカス日常劇場」。取材で東奔西走するwebCG編集部員の相棒として、白いフォーカス スポーツプラス エコブーストが2016年1月から約3カ月間、都内とその近郊を中心にして、あちこち走り回ります。そして、そこで気付いたあれこれを、編集部員がこまめにリポートしていきます。

フォーカスは、われわれにどんなクルマ生活を提供してくれるのか。新連載「フォード・フォーカス日常劇場」にご期待ください。

(webCG編集部 竹下元太郎)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーカスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その27) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フォードのブースを画像で紹介する。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • 「ボルボV40クロスカントリー」に、ファッションモデル監修の限定車登場 2017.4.18 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年4月18日、「V40クロスカントリー」に特別仕様車「INATOMO SELECTION(イナトモ セレクション)」を設定し、40台限定で発売した。
ホームへ戻る