スズキ、イグニスやアルト ワークスを出展【東京オートサロン2016】

2015.12.25 自動車ニュース
「スズキ・イグニス ウオーターアクティビティーコンセプト」
「スズキ・イグニス ウオーターアクティビティーコンセプト」

【東京オートサロン2016】スズキは「イグニス」や「アルト ワークス」を出展

スズキは2015年12月25日、東京オートサロン2016(開催期間:2016年1月15日~17日)の出展概要を発表した。

今回の東京オートサロンにおいて、スズキは「イグニス ウォーターアクティビティーコンセプト」や「ハスラー ラフロードスタイル」「アルト ワークス GP」などといったカスタマイズモデルの出展を予定している。

各車の概要は以下の通り。

【イグニス ウオーターアクティビティーコンセプト】
東京モーターショー2015に参考出品した小型車「イグニス」をベースに、カヌーなど水辺のアクティビティーを好むユーザーを想定したカスタマイズを実施。エクステリアでは「マットカーキメタリック」の車体色を基調に、各所にアクセントカラーとしてオレンジを採用し、また専用デカールを施している。インテリアにもオレンジとカーキの専用カラーを用いている。

「ハスラー ラフロードスタイル」
「ハスラー ラフロードスタイル」

【ハスラー ラフロードスタイル】
ロッククライミングなどのアクティブな活動をイメージした、軽乗用車「ハスラー」のカスタマイズモデル。「アクティブイエロー」の車体色をベースに、オリジナルのデカールによってクライミングやトレッキングといったアウトドアレジャーに使えるクルマであることを表現。シートやインパネにもオリジナルロゴを施し、アクティブなイメージを演出している。

「アルト ワークスGP」
「アルト ワークスGP」

【アルト ワークスGP】
FIMロードレース世界選手権(MotoGP)に参戦する「チームスズキ エクスター(Team SUZUKI ECSTAR)」のワークスマシンをイメージしたカスタマイズモデル。MotoGP参戦車両を模したカラーリングに加え、カーボン製のボンネットを採用するなどしてレーシーなイメージにまとめている。MotoGP参戦車両と合わせて展示する予定。

このほかにも、新型「ソリオ バンディット」や新型「エスクード」、「イグニス」(参考出品)、「ハスラー」、「スペーシア」、新型「アルト ワークス」などの展示が予定されている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。