第114回:12年かけた労作、名画リメイク、F1実録
冬休みに観たいクルマ映画DVD

2015.12.28 エッセイ

2ドアクーペに乗る男は結婚に向かない?

これぞリチャード・リンクレイター監督の真骨頂ともいうべき作品だ。『ビフォア・サンライズ』『ビフォア・サンセット』『ビフォア・ミッドナイト』の“ビフォア3部作”は1995年から2013年までを描いていた。恋に落ちた男女の物語を、同じキャストで9年ごとに映画にしている。順調にいけば、次作は2022年の公開になるはずだ。

『6才のボクが、大人になるまで。』は、この手法をさらに発展させた。2014年の公開作品だが、撮影が始まったのは2002年。6歳の少年が18歳になるまでを、これまた同じキャストで描いている。毎年少しずつ撮影し、12年たってようやく映画が完成したわけだ。観客は子供の成長の軌跡をリアルに目撃することになる。

メイソンJr.(エラー・コルトレーン)と姉のサマンサ(ローレライ・リンクレイター)は、母のオリヴィア(パトリシア・アークエット)と3人で暮らしている。父親のメイソン(イーサン・ホーク)は離婚後にアラスカに行ってしまったらしい。オリヴィアは働きながら「ボルボ240」でメイソンJr.の送り迎えをする忙しい毎日だ。父親が戻ってくると、2週間おきに子供たちに会いにくるようになる。彼が乗っているのは、1968年式の「ポンティアックGTO」。熱心な民主党支持者だが、環境問題はあまり気にしていないようだ。

オリヴィアは大学に通うようになり、そこで講義を持っていたウェルブロック教授(マルコ・べレッラ)と再婚する。彼も2人の子持ちで、6人の大家族になった。教授の愛車は「フォード・マスタング」。子育てには向いていないクルマだ。しばらくすると彼がアル中で暴力的な男であることがわかり、またも離婚。一方メイソンは再婚し、穏やかな生活を手に入れた。今や「ダッジ・グランドキャラバン」に乗るいいお父さんだ。この映画では、2ドアクーペに乗る男は人間性に問題があり、ミニバンに乗るのが善人という設定だ。異論のある人は多いだろうけど、世間の目はこんなものである。

『6才のボクが、大人になるまで。』DVD
「ポンティアックGTO」
1964年にデビューしたマッスルカー。開発にはデロリアンが関わっている。GTOというのは「フェラーリ250GTO」を意識した命名。映画に登場するのは、1968年にフルモデルチェンジを受けた2代目モデル。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。