アウディS8(4WD/8AT)

後席ばかりじゃもったいない 2016.01.05 試乗記 520psを誇るアウディ最強のセダン「S8」に試乗。クワトロ4WDシステムとスポーツ仕様のエアサスペンションで足まわりを固めたこのスーパーセダンの“特等席”は後席か、それとも運転席か。あらためて考えてみた。

最善のグランドツアラー

公共交通機関よりもクルマで移動するのが好きな私は、たとえ遠くても時間が許すかぎりは自分でハンドルを握りたいタイプ。ここ数年はレースを取材するために日本各地のサーキットを訪れる機会が増え、鈴鹿や仙台はいうまでもなく、岡山などもクルマで出掛けるのが恒例になっている。さらに今年は東京と大分を往復したが、これに味を占めて「また来年も!」と考えているので、便乗を希望する人は早めにご連絡を!

それはさておき、長距離の移動となると、クルマ選びが重要になってくる。移動の大部分を占める高速道路を快適に走ることができるのはもちろんのこと、案外ワインディングロードを走ることも多いので、そこをキビキビと駆け抜けるクルマがいい。しかも、荷物もかさむので広い荷室は必須。そんな条件をあれこれ考えると、このアウディS8などはほぼ理想に近い一台といえる。

いうまでもなくS8は、フラッグシップモデルの「A8」をとびきりスポーティーに仕立て上げたアウディ最強のセダン。A8には6.3リッターW12エンジンを積む「A8 L W12クワトロ」があり、価格はW12のほうが上だが、パワーはS8の4リッターV8ツインターボが20ps上回るということで、一概にどっちがトップモデルとは言えない。しかし、S8がA8シリーズでは最強であり、アウディのセダンのなかでも頂点の性能を持つクルマであることは間違いない。

現行型の日本デビューは2012年8月。2014年3月のマイナーチェンジでマトリクスLEDヘッドライトが採用され、同年8月に安全装備「プレセンスパッケージ」が標準装備化された。


	現行型の日本デビューは2012年8月。2014年3月のマイナーチェンジでマトリクスLEDヘッドライトが採用され、同年8月に安全装備「プレセンスパッケージ」が標準装備化された。
「S8」にはシリーズ中、唯一3本スポークのステアリングホイールが採用されている。
「S8」にはシリーズ中、唯一3本スポークのステアリングホイールが採用されている。
中央部にダイヤモンドステッチが施されたコンフォートスポーツシートが装着される。
中央部にダイヤモンドステッチが施されたコンフォートスポーツシートが装着される。
試乗車のボディーカラーはグレイシアホワイトメタリック。ホイールサイズは21インチ。
試乗車のボディーカラーはグレイシアホワイトメタリック。ホイールサイズは21インチ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • 新型「アウディA5」、3種のボディーで同時デビュー 2017.4.4 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年4月4日、フルモデルチェンジして2代目となった「アウディA5」シリーズと、その高性能モデル「S5」シリーズを発表。同日、受注を開始した。
ホームへ戻る