ジャガーFタイプ S クーペ(FR/6MT)

来たれ! MT至上主義者 2016.01.07 試乗記 ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ」に、6段マニュアルトランスミッション搭載車が追加された。変速機の違いは、その走りをどのように変えるのだろうか?

期待高まる新グレード

「50年ぶりのピュアスポーツ」――そんなフレーズとともに、クーペに先がけてコンバーチブルボディーのFタイプがパリでグローバルデビューを果たしたのは、2012年の秋が目前となるタイミングだった。

それから指折り数えて半年ほど、待望の国際試乗会が開催されたのが翌2013年の5月。その時の感動は、いまでも忘れない。
マーケティング上では、ズバリ、「『911カブリオレ』と『ボクスター』のはざま」を狙ったことが明らかなこのモデル。なるほどそれは、そうしたポルシェの名作とも十分互角に戦えるだけの、走りのポテンシャルを味わわせてくれるスポーツカーだった。

ジャガー得意のオールアルミ製骨格は、時には、オープンモデルならではの“振動の残留感”は伝えたものの、ポルシェのオープンにも負けない高い剛性感をイメージさせた。6気筒のみのポルシェ製スポーツカーに対して、トップグレードに8気筒エンジン車を用意している点も、間違いなくジャガーの強みであった。
さらに、2013年末には、待望のクーペモデルも追加設定。コンバーチブルではあまりにも小さかったラゲッジスペースの容量が倍増すると同時に、「これぞジャガー」と快哉(かいさい)を叫びたくなるような、流麗なプロポーションを手に入れた。個人的にも、「このクーペこそ真打ち!」と強く思ったことを記憶している。

スポーツカーというものは、手を加え続けないとたちまち魅力が弱まってしまう、厄介な商品である。このブランドは、そうしたポイントも重々わかっているらしい。
今回テストしたFタイプ。それは、デビュー当初は設定されていなかった3ペダル式MTの持ち主なのだ。

ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ クーペ」。今回は、その6段MT仕様をテストした。
ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ クーペ」。今回は、その6段MT仕様をテストした。
スーパーチャージャーで過給される、「ジャガーFタイプ S クーペ」(MT車)の3リッターV6エンジン。ボンネットは“前ヒンジの後ろ開き”になっている。写真は右上が車体前方で、左下がキャビン側。
スーパーチャージャーで過給される、「ジャガーFタイプ S クーペ」(MT車)の3リッターV6エンジン。ボンネットは“前ヒンジの後ろ開き”になっている。写真は右上が車体前方で、左下がキャビン側。
テスト車の「スウェードクロス・パフォーマンスシート」。セットオプション「スウェードクロスインテリアパック」(46万3000円)に含まれる。
テスト車の「スウェードクロス・パフォーマンスシート」。セットオプション「スウェードクロスインテリアパック」(46万3000円)に含まれる。
「ジャガーFタイプ S クーペ」には、写真の「アンモナイト」を含む14色のボディーカラーが用意される。
「ジャガーFタイプ S クーペ」には、写真の「アンモナイト」を含む14色のボディーカラーが用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Fタイプ クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る