日産、ノートの販売価格を約1%引き上げ

2016.01.04 自動車ニュース

日産、「ノート」の販売価格を約1%引き上げ

日産自動車は2016年1月1日、コンパクトカー「ノート」の価格を同日付けで改定すると発表した。

同社によると、今回の価格改定は、為替変動による原材料費や部品価格、物流コストなどの高騰によるもの。価格は、約1%引き上げられる。

各モデルの新価格は、以下の通り。
(※印は、1.2リッタースーパーチャージャー付きエンジン搭載車)

【ノート】
・X(FF/CVT):147万9600円
・メダリストX(FF/CVT):161万280円
・X DIG-S(FF/CVT):171万1800円(※)
・メダリスト(FF/CVT):191万520円(※)
・X FOUR:(4WD/CVT):169万3440円
・メダリストX FOUR(4WD/CVT):182万4120円

【ノート エアロスタイル】
・X エアロスタイル(FF/CVT):168万4800円
・X DIG-S エアロスタイル(FF/CVT):191万7000円(※)
・X FOUR エアロスタイル(4WD/CVT):189万8640円

【ノートNISMO/NISMO S】
・NISMO(FF/CVT):198万7200円(※)
・NISMO S(FF/5MT):226万6920円

【ノート ライダー/ライダーブラックライン】
・ライダー(FF/CVT):172万8000円
・ライダー(FF/CVT):196万200円(※)
・ライダーブラックライン(FF/CVT):202万5000円(※)
・ライダー(4WD/CVT):194万1840円
・ライダーブラックライン(4WD/CVT):200万6640円

【ノート アクシス】
・アクシス(FF/CVT):178万2000円
・アクシス(FF/CVT):204万6600円(※)
・アクシス(4WD/CVT):199万5840円

(webCG)

 
日産、ノートの販売価格を約1%引き上げの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 第398回:凍った路面に強いのはどんなクルマ?
    「日産オールラインナップ 氷上・雪上試乗会」に参加して
    2017.2.11 エッセイ 2017年2月、長野県北佐久郡の女神湖で、「日産オールラインナップ 氷上・雪上試乗会」が開催された。雪でも氷でも問題なし! の4WDモデルから、いま話題の“新しいかたちの電気自動車”やスーパースポーツカーまでが勢ぞろい。滑る路面に強かったのはどんなクルマ?
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 日産ノートNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2015.1.13 試乗記 日産の5ドアコンパクトカー「ノート」に、「NISMO」の名を持つスポーツモデルが登場。今となっては珍しい、テンロクエンジンを全開にして走る気持ちよさに、現代の国産車がなくしてしまった「走りの楽しさ」を見た。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
ホームへ戻る