日産、ノートの販売価格を約1%引き上げ

2016.01.04 自動車ニュース

日産、「ノート」の販売価格を約1%引き上げ

日産自動車は2016年1月1日、コンパクトカー「ノート」の価格を同日付けで改定すると発表した。

同社によると、今回の価格改定は、為替変動による原材料費や部品価格、物流コストなどの高騰によるもの。価格は、約1%引き上げられる。

各モデルの新価格は、以下の通り。
(※印は、1.2リッタースーパーチャージャー付きエンジン搭載車)

【ノート】
・X(FF/CVT):147万9600円
・メダリストX(FF/CVT):161万280円
・X DIG-S(FF/CVT):171万1800円(※)
・メダリスト(FF/CVT):191万520円(※)
・X FOUR:(4WD/CVT):169万3440円
・メダリストX FOUR(4WD/CVT):182万4120円

【ノート エアロスタイル】
・X エアロスタイル(FF/CVT):168万4800円
・X DIG-S エアロスタイル(FF/CVT):191万7000円(※)
・X FOUR エアロスタイル(4WD/CVT):189万8640円

【ノートNISMO/NISMO S】
・NISMO(FF/CVT):198万7200円(※)
・NISMO S(FF/5MT):226万6920円

【ノート ライダー/ライダーブラックライン】
・ライダー(FF/CVT):172万8000円
・ライダー(FF/CVT):196万200円(※)
・ライダーブラックライン(FF/CVT):202万5000円(※)
・ライダー(4WD/CVT):194万1840円
・ライダーブラックライン(4WD/CVT):200万6640円

【ノート アクシス】
・アクシス(FF/CVT):178万2000円
・アクシス(FF/CVT):204万6600円(※)
・アクシス(4WD/CVT):199万5840円

(webCG)

 
日産、ノートの販売価格を約1%引き上げの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
ホームへ戻る