フェラーリF12tdf(FR/7AT)

魔性のスペチアーレ 2016.01.08 試乗記 フェラーリから799台限定の高性能モデル「F12tdf」が登場。往年のロードレース「ツール・ド・フランス(Tour de France)」へのオマージュが込められたスペチアーレの実力を、フィオラーノのテストコースで試した。

799台はすでに完売

テストドライバーの横に乗せられてまずは3周。無口な彼は時々、複合コーナーの回り込みやオーバーパスのギャップなどを指し、走るにあたって注意すべきポイントをイタリア語で指摘する。が、横に乗る大柄な僕には「アテンシオネ」以外は何を言っているのやら訳がわからない。それ以前に、朝もはよからタイヤも温まらぬうちに容赦なく全開をくれられるそのクルマのあまりの速さに、ひたすら呆然(ぼうぜん)とするばかりだ。

フィオラーノを走るのは人生で2度目。最初の経験は「599」の試乗会だったから、既に8年近い時がたっている。おぼろげな記憶と現在のコース状況とを、横G祭りの中で一生懸命擦り合わせているうちに、あっという間の3周が終わった。

「はい、じゃああと20分くらい。チェッカー出すまで好きにどうぞ」
オーガナイズする広報女史に告げられて、ああやっぱり……と思う。預けられるのは世界の好事家が血眼で買い求め、瞬殺で完売となった799台の限定車。そんなクルマでもフェラーリの試乗スタイルは変わらない。熟練の先導車が引っ張るわけでもなければ危険なラインをパイロン規制するでもない、完全放置プレイだ。心もとないお手々を携えてきた身にしてみれば、「お前ウチのクルマちゃんと踏めるわけ?」という挑発と、「万一コースを飛び出してクルマを壊そうもんなら一生出禁だし」的な脅迫とを同時に受けたような、なんとも重い心境だ。

11月も半ばとなればマラネロは朝晩がっちりと冷え込み、午前8時の時点でも4~5度までしか気温があがらない。ともあれ曲がれず自爆は国の恥。それは絶対に避けなければと、気を引き締めてそろりとコースに入る。

12気筒エンジン搭載モデルの「F12ベルリネッタ」をベースに開発された「F12tdf」。2015年11月に開催されたフェラーリのサーキットイベントにおいて、世界初公開された。
12気筒エンジン搭載モデルの「F12ベルリネッタ」をベースに開発された「F12tdf」。2015年11月に開催されたフェラーリのサーキットイベントにおいて、世界初公開された。
各所にカーボン素材やアルカンターラが用いられたインテリア。軽量化のため、グローブボックスは省かれている。
各所にカーボン素材やアルカンターラが用いられたインテリア。軽量化のため、グローブボックスは省かれている。
ドアインナーパネルにはカーボン素材が使用されている。
ドアインナーパネルにはカーボン素材が使用されている。
799台の限定モデルであることを示すシリアルナンバープレート。
799台の限定モデルであることを示すシリアルナンバープレート。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

F12ベルリネッタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.7.26 試乗記 車名も新たに、大幅に進化したフェラーリのフル4シーター4WDクーペ「GTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12自然吸気ユニットを高らかに歌わせれば、真に贅沢(ぜいたく)なグランツーリズモとは何なのかが、即座に理解できるだろう。
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2016.1.14 試乗記 エンジンを自然吸気からターボに改めた新時代のV8フェラーリ「488GTB」に試乗。670psと760Nmを生み出す3.9リッターV8ターボユニットは、ミドシップフェラーリの歴史にいかなる1ページを加えたのだろうか?
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • ポルシェ、新型「パナメーラ/パナメーラ4」の一部仕様を変更 2016.12.22 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは、新型「パナメーラ」「パナメーラ4」の一部仕様を変更すると発表した。エアサスペンションが標準装備となり、それに伴い価格も変更された。新価格は、パナメーラが1132万8000円で、パナメーラ4が1182万8000円。
ホームへ戻る