フェラーリF12tdf(FR/7AT)

魔性のスペチアーレ 2016.01.08 試乗記 フェラーリから799台限定の高性能モデル「F12tdf」が登場。往年のロードレース「ツール・ド・フランス(Tour de France)」へのオマージュが込められたスペチアーレの実力を、フィオラーノのテストコースで試した。

799台はすでに完売

テストドライバーの横に乗せられてまずは3周。無口な彼は時々、複合コーナーの回り込みやオーバーパスのギャップなどを指し、走るにあたって注意すべきポイントをイタリア語で指摘する。が、横に乗る大柄な僕には「アテンシオネ」以外は何を言っているのやら訳がわからない。それ以前に、朝もはよからタイヤも温まらぬうちに容赦なく全開をくれられるそのクルマのあまりの速さに、ひたすら呆然(ぼうぜん)とするばかりだ。

フィオラーノを走るのは人生で2度目。最初の経験は「599」の試乗会だったから、既に8年近い時がたっている。おぼろげな記憶と現在のコース状況とを、横G祭りの中で一生懸命擦り合わせているうちに、あっという間の3周が終わった。

「はい、じゃああと20分くらい。チェッカー出すまで好きにどうぞ」
オーガナイズする広報女史に告げられて、ああやっぱり……と思う。預けられるのは世界の好事家が血眼で買い求め、瞬殺で完売となった799台の限定車。そんなクルマでもフェラーリの試乗スタイルは変わらない。熟練の先導車が引っ張るわけでもなければ危険なラインをパイロン規制するでもない、完全放置プレイだ。心もとないお手々を携えてきた身にしてみれば、「お前ウチのクルマちゃんと踏めるわけ?」という挑発と、「万一コースを飛び出してクルマを壊そうもんなら一生出禁だし」的な脅迫とを同時に受けたような、なんとも重い心境だ。

11月も半ばとなればマラネロは朝晩がっちりと冷え込み、午前8時の時点でも4~5度までしか気温があがらない。ともあれ曲がれず自爆は国の恥。それは絶対に避けなければと、気を引き締めてそろりとコースに入る。

12気筒エンジン搭載モデルの「F12ベルリネッタ」をベースに開発された「F12tdf」。2015年11月に開催されたフェラーリのサーキットイベントにおいて、世界初公開された。
12気筒エンジン搭載モデルの「F12ベルリネッタ」をベースに開発された「F12tdf」。2015年11月に開催されたフェラーリのサーキットイベントにおいて、世界初公開された。
各所にカーボン素材やアルカンターラが用いられたインテリア。軽量化のため、グローブボックスは省かれている。
各所にカーボン素材やアルカンターラが用いられたインテリア。軽量化のため、グローブボックスは省かれている。
ドアインナーパネルにはカーボン素材が使用されている。
ドアインナーパネルにはカーボン素材が使用されている。
799台の限定モデルであることを示すシリアルナンバープレート。
799台の限定モデルであることを示すシリアルナンバープレート。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

F12ベルリネッタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「フェラーリGTC4ルッソT」発表会の会場から 2017.3.16 画像・写真 フェラーリがフロントエンジンの4シーターモデル「GTC4ルッソT」を日本で初公開。0-100km/h加速が3.5秒、最高速が320km/h以上という動力性能と、4シーターならではの実両性を併せ持つニューモデルのディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • 【ジュネーブショー2017】最高出力500psの「ポルシェ911 GT3」登場 2017.3.8 自動車ニュース 独ポルシェは2017年3月7日、ジュネーブショーモーターショーで「911 GT3」の最新モデルを世界初公開した。同車は最高出力500psの4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載しており、日本での販売価格は2115万円。
  • 価格を抑えた「メルセデスAMG CLA45 4MATIC」限定発売 2017.3.21 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年3月21日、高性能モデル「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC」をベースとする限定車「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC Racing Edition」を発表した。同年4月上旬に90台限定で発売する。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
ホームへ戻る