アストンマーティンDB9 GT(FR/6AT)

12気筒礼賛 2016.01.09 試乗記 英国のゲイドンで“手作り”されるアストンマーティンの高級スポーツカー「DB9」が、より高出力のエンジンを搭載した「DB9 GT」に進化。V型12気筒ならではのパワーフィールと、ボディーコントロール能力の高さが織り成す走りの魅力に触れた。

その威光にかげりなし

ハイブリッドにFCV、ピュアEVにクリーンディーゼル……最近話題のパワーユニットといえば、それは“エコ系”のアイテムばかりだ。
排気量を落とした上で過給機を加えた、いわゆる“ダウンサイズ”を図ったエンジンも存在感を強めている。CO2排出量の削減=燃費の向上をより徹底させようと、さらに“レスシリンダー”すなわち気筒数の縮小という手段にまで挑むのも、今や「当たり前」の方策だ。

そんなダウンサイズ化の影響は、10気筒、あるいは8気筒のエンジンで特に顕著に表れている。実際、ほんの数年前までは「8気筒と12気筒の“いいとこ採り”」ともてはやされた10気筒ユニットは、すでにその大半が姿を消し、自然吸気の8気筒エンジンも、ターボ付きのより小さな6気筒ユニットへと“ダウンサイズ+レスシリンダー”の憂き目に遭っている。

一方、意外にも「この先もしばらく安泰」と目されるのが、これまで乗用車用のハイエンドユニットとして君臨してきた12気筒のエンジンだ。ブランドそのものが8気筒ユニットと共に育ってきた歴史を持つゆえに、おいそれと主力エンジンのレスシリンダー化が図れないAMGですら、「12気筒は12気筒で固有の生き残り先がある」と、当分はそれを“温存”する可能性を示唆している。

アメリカ市場をはじめとして、いまだ少なからず残る“気筒数崇拝”が強い顧客のために12気筒エンジンの生産は当分やめないというのが、多くのプレミアムブランドに共通する考えかただ。10気筒ユニットが姿を消し、8気筒から6気筒への転換も進んでいけば、12気筒エンジンゆえの希少性やプレミアム感は、この先むしろ増しこそすれ、衰えることはなさそうでもある。

12気筒エンジンを搭載した「DB9」の高性能モデルにあたる「DB9 GT」。2015年の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」でお披露目された。
12気筒エンジンを搭載した「DB9」の高性能モデルにあたる「DB9 GT」。2015年の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」でお披露目された。
インテリアは豊富に用意された色やパネル、表皮素材を使い、ダッシュボードやルーフライニング、ドアトリム、シートなどをコーディネートすることができる。
インテリアは豊富に用意された色やパネル、表皮素材を使い、ダッシュボードやルーフライニング、ドアトリム、シートなどをコーディネートすることができる。
メーターは燃料計、速度計、エンジン回転計、水温計の4眼式。ほかのアストンマーティン車と同じく、速度計は時計回り、エンジン回転計は反時計回りと、逆方向に針が回る。
メーターは燃料計、速度計、エンジン回転計、水温計の4眼式。ほかのアストンマーティン車と同じく、速度計は時計回り、エンジン回転計は反時計回りと、逆方向に針が回る。
ダックテール形状のリアスポイラーに施された「DB9 GT」のバッジ。
ダックテール形状のリアスポイラーに施された「DB9 GT」のバッジ。
関連記事 ホームへ戻る