第3回:どこか日本車っぽさもある
最新フォーカスの意外な(?)一面

2016.01.08 特集

「フォード・フォーカス」の最新型って、一体、どんなクルマだろう? 初乗りしたwebCGスタッフが、第一印象を報告します。

 

日本の道とは相性よさそう

今年は初日から仕事がどっさり。つい終電を逃してしまいました……。
まぁ、それも編集部のフォーカスを連れ出して帰る、いい口実になる! というのはココだけの話です。

駐車場でフォーカスを前に、思わず口元がゆるんでしまう。2015年10月にリニューアルした後期型のフォーカスは、なんたってカッコいい。フロントまわりのデザインといい、シャープなシルエットといい、高級スポーツカーのアストンマーティンを思わせる……と言ったら、フォードのデザイナーは嫌な顔をするでしょうか?

見た目にたがわず、出足も鋭い! 編集部に近い渋谷入口から首都高速にのったあとも、ピックアップのよさは印象的。とても1.5リッター(のターボ付き)とは思えない。カタログによれば、最大トルクは自然吸気の2.5リッター並み(24.5kgm)。それで自動車税が年間1万円以上安いって、かなりおトクな気がします。でしょ?

右ハンドルの輸入車なのに、ドライビングポジションに全く違和感がないのもうれしい。気がつけば、輸入車なのにウインカーレバーは右側だし、カーオーディオはSONY製――
「まるで日本車みたいだなぁ」なんて思いながら、タッチ式ディスプレイをいじっていたら、突然、英語のガイダンスが始まった! な、何だぁ!?
思わぬ不意打ちにうろたえたけれど、まぁ……これは、“輸入車ならではの個性”ってことでヨシとしますか……。

(webCG 関)

 

第2回:「ちょい乗りが楽」というのは大事なことである フォーカス散歩~明治神宮外苑編
第4回:クルマは乗らなきゃわからない 週末にちょいと遠乗りしてみた

マイナーチェンジされた最新型の「フォード・フォーカス」は、日本国内では2015年10月に発売された。
マイナーチェンジされた最新型の「フォード・フォーカス」は、日本国内では2015年10月に発売された。
なだらかな曲線を描く「フォーカス」のサイドビュー。ルーフ後端には、大きなリアスポイラーが装着される。
なだらかな曲線を描く「フォーカス」のサイドビュー。ルーフ後端には、大きなリアスポイラーが装着される。
「EcoBoost」と名付けられた、「フォーカス」の1.5リッター直4直噴ターボエンジン。マイナーチェンジ前の2リッター直4自然吸気エンジンに対して、最高出力、最大トルク、燃費で勝る。
「EcoBoost」と名付けられた、「フォーカス」の1.5リッター直4直噴ターボエンジン。マイナーチェンジ前の2リッター直4自然吸気エンジンに対して、最高出力、最大トルク、燃費で勝る。
「コックピット感覚のドライバーズ空間」とアピールされる、「フォーカス」の運転席周辺部。
「コックピット感覚のドライバーズ空間」とアピールされる、「フォーカス」の運転席周辺部。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーカスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「フォード・フォーカス日常劇場<PR>」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る