第331回:“疲れにくい”という安全性能を実現
ブリヂストンの最新タイヤ「プレイズPX」を試す

2016.01.08 エッセイ
 
第331回:“疲れにくい”という安全性能を実現ブリヂストンの最新タイヤ「プレイズPX」を試すの画像

ブリヂストンの乗用車用タイヤブランド「Playz(プレイズ)」が復活。4年のブランクを経て登場した新生プレイズは、どんなタイヤに仕上がっていたのか? 同社の実車試験施設、ブリヂストンプルービンググラウンドで試した。

車種別専用設計で3タイプが登場した「プレイズ」。左からミニバン用の「プレイズPX-RV」、セダン・クーペ用の「プレイズPX」、軽・コンパクトカー用の「プレイズPX-C」。


	車種別専用設計で3タイプが登場した「プレイズ」。左からミニバン用の「プレイズPX-RV」、セダン・クーペ用の「プレイズPX」、軽・コンパクトカー用の「プレイズPX-C」。
「プレイズPX」を装着した「レクサスCT200h」。
「プレイズPX」を装着した「レクサスCT200h」。
ブリヂストンプルービンググラウンドの様子。写真は高速周回路でテスト中の「ダイハツ・ムーヴ」。
ブリヂストンプルービンググラウンドの様子。写真は高速周回路でテスト中の「ダイハツ・ムーヴ」。

「プレイズ」が復活

「ブリヂストンから新しい乗用車用タイヤが発売されるので、その試乗会にご一緒しませんか?」

webCG編集部からの誘いを二つ返事で引き受けたのはいいものの、新商品の内容は当日まで秘密! いったいどんな商品を試すんだろう……。不安と期待を抱きながら、2015年12月某日、那須塩原市にあるブリヂストンプルービンググラウンドに向かった。

現地で明かされた新商品の名前は……プレイズ。プレイズといえば、「タイヤを変えるとドライブがらくになる」というキャッチコピーが印象的な同社の乗用車用タイヤで、第1弾の「プレイズPZ-1」が登場したのは2005年のことだった。その後、ミニバン専用の「プレイズRV」を発売し、さらにPZ-1の後継モデルとしてセダン・スポーティーカー用の「プレイズPZ-X」と軽自動車・コンパクトカー専用の「プレイズPZ-XC」を投入するなど、ラインナップの拡大を図ってきたブリヂストンである。

ところが、PZ-X、PZ-XC、PRVは2012年に低燃費タイヤブランドの「ECOPIA(エコピア)」として生まれ変わり、一部商品を除いてプレイズの名前が途絶えていた。そして、4年のブランクを経て、ついにプレイズが復活する。低燃費性能が当たり前になったいま、再び快適性を前面に押し出そうという戦略なのか。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ