パリがイメージのルノー・キャプチャー限定発売

2016.01.07 自動車ニュース
「ルノー・キャプチャー アニヴェルセル」。写真は、ボディーカラーがルージュ フラム メタリックのもの。
「ルノー・キャプチャー アニヴェルセル」。写真は、ボディーカラーがルージュ フラム メタリックのもの。

「ルノー・キャプチャー」にパリをイメージした特別限定車

ルノー・ジャポンは2016年1月7日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車「キャプチャー アニヴェルセル」を、200台限定で発売した。

こちらはベージュ サンドレ メタリックのカラーをまとう2台。ルーフの色はノワール エトワール メタリック(黒:写真左)とイヴォワール(白:同右)が選べる。
こちらはベージュ サンドレ メタリックのカラーをまとう2台。ルーフの色はノワール エトワール メタリック(黒:写真左)とイヴォワール(白:同右)が選べる。
ベージュ サンドレ メタリックの「キャプチャー アニヴェルセル」には、特徴的な柄のロザンジュ ファブリックシートが備わる。
ベージュ サンドレ メタリックの「キャプチャー アニヴェルセル」には、特徴的な柄のロザンジュ ファブリックシートが備わる。
一部に装飾が施されたロザンジュ ステアリング。ベージュ サンドレ メタリックのモデルに装着される。
一部に装飾が施されたロザンジュ ステアリング。ベージュ サンドレ メタリックのモデルに装着される。
 
パリがイメージのルノー・キャプチャー限定発売の画像

今回のキャプチャー アニヴェルセルは、パリの雰囲気を伝えるという特別なボディーカラーをまとう限定車。キャプチャーの国内販売2周年を記念して設定された。
赤系の「ルージュ フラム メタリック」は、オペラ座をはじめとする劇場や百貨店が並ぶパリ9区をイメージしたもので、ノワール エトワール メタリック(黒)のルーフが組み合わされる。もう1色のベージュ系「ベージュ サンドレ メタリック」は高級住宅街として知られるパリ16区がイメージ。ルーフの色はノワール エトワール メタリックのほかにイヴォワール(白)が選べる。

ともに、パイオニア製8インチ大画面SDナビゲーションシステムと字光式キッキングプレートが備わっており、ベージュ サンドレ メタリックのモデルには、ロザンジュ ステアリングとロザンジュ ファブリックシートも与えられる。

価格は269万2000円で、ボディーカラー/ルーフカラー別の限定台数は、以下の通り。
・ルージュ フラム メタリック/ノワール エトワール メタリック:100台
・ベージュ サンドレ メタリック/ノワール エトワール メタリック:50台
・ベージュ サンドレ メタリック/イヴォワール:50台

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

キャプチャーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その22) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。ルノーのブースを画像で紹介する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • ルノー・キャプチャー インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.4 試乗記 ルノー期待の新型クロスオーバー「キャプチャー」が日本上陸。「Explore(冒険の旅に出る)」をイメージして開発されたニューモデルの、走りと使い勝手を試した。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
ホームへ戻る