パリがイメージのルノー・キャプチャー限定発売

2016.01.07 自動車ニュース
「ルノー・キャプチャー アニヴェルセル」。写真は、ボディーカラーがルージュ フラム メタリックのもの。
「ルノー・キャプチャー アニヴェルセル」。写真は、ボディーカラーがルージュ フラム メタリックのもの。

「ルノー・キャプチャー」にパリをイメージした特別限定車

ルノー・ジャポンは2016年1月7日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車「キャプチャー アニヴェルセル」を、200台限定で発売した。

こちらはベージュ サンドレ メタリックのカラーをまとう2台。ルーフの色はノワール エトワール メタリック(黒:写真左)とイヴォワール(白:同右)が選べる。
こちらはベージュ サンドレ メタリックのカラーをまとう2台。ルーフの色はノワール エトワール メタリック(黒:写真左)とイヴォワール(白:同右)が選べる。
ベージュ サンドレ メタリックの「キャプチャー アニヴェルセル」には、特徴的な柄のロザンジュ ファブリックシートが備わる。
ベージュ サンドレ メタリックの「キャプチャー アニヴェルセル」には、特徴的な柄のロザンジュ ファブリックシートが備わる。
一部に装飾が施されたロザンジュ ステアリング。ベージュ サンドレ メタリックのモデルに装着される。
一部に装飾が施されたロザンジュ ステアリング。ベージュ サンドレ メタリックのモデルに装着される。
 
パリがイメージのルノー・キャプチャー限定発売の画像

今回のキャプチャー アニヴェルセルは、パリの雰囲気を伝えるという特別なボディーカラーをまとう限定車。キャプチャーの国内販売2周年を記念して設定された。
赤系の「ルージュ フラム メタリック」は、オペラ座をはじめとする劇場や百貨店が並ぶパリ9区をイメージしたもので、ノワール エトワール メタリック(黒)のルーフが組み合わされる。もう1色のベージュ系「ベージュ サンドレ メタリック」は高級住宅街として知られるパリ16区がイメージ。ルーフの色はノワール エトワール メタリックのほかにイヴォワール(白)が選べる。

ともに、パイオニア製8インチ大画面SDナビゲーションシステムと字光式キッキングプレートが備わっており、ベージュ サンドレ メタリックのモデルには、ロザンジュ ステアリングとロザンジュ ファブリックシートも与えられる。

価格は269万2000円で、ボディーカラー/ルーフカラー別の限定台数は、以下の通り。
・ルージュ フラム メタリック/ノワール エトワール メタリック:100台
・ベージュ サンドレ メタリック/ノワール エトワール メタリック:50台
・ベージュ サンドレ メタリック/イヴォワール:50台

(webCG)

関連記事
  • 「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車、2タイプ同時に発売 2017.5.11 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月11日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車「キャプチャー エクスプレッション」「キャプチャー プレミアム」を発表。同日、販売を開始した。
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(前編)】 2017.5.11 試乗記 外部から充電できるハイブリッド車「トヨタ・プリウスPHV」と、エンジンで発電した電力を使って走る「日産ノートe-POWER」。今が旬のエコカー2台をさまざまな道で乗り比べ、運転感覚や使い勝手の違いを詳しくリポートする。
  • ラギッドな仕立ての「ジープ・グランドチェロキー」限定発売 2017.5.2 自動車ニュース FCAジャパンは、「ジープ・グランドチェロキー」の特別仕様車「グランドチェロキー トレイルホーク」を、2017年5月13日に100台限定で発売する。価格は599万4000円。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
ホームへ戻る