MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)

大きいことはいいことだ 2016.01.12 試乗記 モデルチェンジを機に、これまでより上位のプレミアムコンパクトクラスへと階級を移した「MINIクラブマン」。パワフルな「クーパーS」に試乗してみると、大きく立派になったことで得られた新型の長所が見えてきた。

名は体を表さない

2015年11月に国内発売となった新型MINIクラブマンは、ずいぶん大きくなった。日本人のカワイイ概念を超えている、と私は思う。BMW MINIとしては2代目となるクラブマン、初代から全長で290mm、全幅で115mmもボディーを拡大し、フォルクスワーゲンでいうと「ポロ」から「ゴルフ」クラスへと階級を上げた。ホイールベース2670mmは、2635mmのゴルフよりも長い。

これでミニといえるだろうか?

オリジナルMINIは、全長ほぼ3m、全幅は1.4mをちょっぴり超えるだけの小ささだった。ホイールベースはほぼ2m。と数字にしなくても、街で見かけるからご存じとは思いますが、申し上げたいのはこのことである。

MINIがミニでなくなってどうする? 

それは言葉と意味のつながりがなくなるということだ。「ミニスカート」はミニだからミニなのである。じゃあ、ミニでいくから、と女子に言われて会いに行ったら、今日はさぶいので太ももが隠れるミニで来たの、なんて言われたらガッカリするではないか。社会を混乱に陥れる。そういうことしたらアカンのである。

実際、新型クラブマンの実物は、MINIのかぶりモノを着た、MINIではない何かに私には見えた。フロントの造作は間延びしていて巨大ウーパールーパーかウナギイヌみたいだし、控えめな縦型からハデなLEDの横型のに変わったテールランプが目立つリアは、50~60年代の宇宙人かロボットの顔みたいだ。

8年ぶりにモデルチェンジされた、“ロングボディーのMINI”「クラブマン」。新型は、日本では2015年11月に発売された。


	8年ぶりにモデルチェンジされた、“ロングボディーのMINI”「クラブマン」。新型は、日本では2015年11月に発売された。
バーガンディーのスポーツシートは、28万1000円のオプション。シートヒーターや、ポジションのメモリー機能も備わる。
バーガンディーのスポーツシートは、28万1000円のオプション。シートヒーターや、ポジションのメモリー機能も備わる。
「MINIクーパーSクラブマン」のインテリア。ハイグロスブラックやクロムのパーツを用いることで、上質感が演出されている。
「MINIクーパーSクラブマン」のインテリア。ハイグロスブラックやクロムのパーツを用いることで、上質感が演出されている。
フロントまわりは、丸型のヘッドランプや六角形のフロントグリルなどで、MINIらしさが表現されている。
フロントまわりは、丸型のヘッドランプや六角形のフロントグリルなどで、MINIらしさが表現されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクラブマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【レビュー】 2016.1.15 試乗記 2007年に登場したMINIのステーションワゴン「クラブマン」が2代目にフルモデルチェンジ。パワフルな2リッターターボを搭載した上級グレード「クーパーS」の試乗を通して、大幅なサイズアップの裏側に垣間見えるBMWの戦略を探った。
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.1.12 試乗記 モデルチェンジを機に、これまでより上位のプレミアムコンパクトクラスへと階級を移した「MINIクラブマン」。パワフルな「クーパーSクラブマン」に試乗してみると、大きく立派になったことで得られた新型の長所が見えてきた。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
ホームへ戻る