クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)

大きいことはいいことだ 2016.01.12 試乗記 モデルチェンジを機に、これまでより上位のプレミアムコンパクトクラスへと階級を移した「MINIクラブマン」。パワフルな「クーパーS」に試乗してみると、大きく立派になったことで得られた新型の長所が見えてきた。

名は体を表さない

2015年11月に国内発売となった新型MINIクラブマンは、ずいぶん大きくなった。日本人のカワイイ概念を超えている、と私は思う。BMW MINIとしては2代目となるクラブマン、初代から全長で290mm、全幅で115mmもボディーを拡大し、フォルクスワーゲンでいうと「ポロ」から「ゴルフ」クラスへと階級を上げた。ホイールベース2670mmは、2635mmのゴルフよりも長い。

これでミニといえるだろうか?

オリジナルMINIは、全長ほぼ3m、全幅は1.4mをちょっぴり超えるだけの小ささだった。ホイールベースはほぼ2m。と数字にしなくても、街で見かけるからご存じとは思いますが、申し上げたいのはこのことである。

MINIがミニでなくなってどうする? 

それは言葉と意味のつながりがなくなるということだ。「ミニスカート」はミニだからミニなのである。じゃあ、ミニでいくから、と女子に言われて会いに行ったら、今日はさぶいので太ももが隠れるミニで来たの、なんて言われたらガッカリするではないか。社会を混乱に陥れる。そういうことしたらアカンのである。

実際、新型クラブマンの実物は、MINIのかぶりモノを着た、MINIではない何かに私には見えた。フロントの造作は間延びしていて巨大ウーパールーパーかウナギイヌみたいだし、控えめな縦型からハデなLEDの横型のに変わったテールランプが目立つリアは、50~60年代の宇宙人かロボットの顔みたいだ。

8年ぶりにモデルチェンジされた、“ロングボディーのMINI”「クラブマン」。新型は、日本では2015年11月に発売された。


	8年ぶりにモデルチェンジされた、“ロングボディーのMINI”「クラブマン」。新型は、日本では2015年11月に発売された。
	拡大
バーガンディーのスポーツシートは、28万1000円のオプション。シートヒーターや、ポジションのメモリー機能も備わる。
バーガンディーのスポーツシートは、28万1000円のオプション。シートヒーターや、ポジションのメモリー機能も備わる。 拡大
「MINIクーパーSクラブマン」のインテリア。ハイグロスブラックやクロムのパーツを用いることで、上質感が演出されている。
「MINIクーパーSクラブマン」のインテリア。ハイグロスブラックやクロムのパーツを用いることで、上質感が演出されている。 拡大
フロントまわりは、丸型のヘッドランプや六角形のフロントグリルなどで、MINIらしさが表現されている。
フロントまわりは、丸型のヘッドランプや六角形のフロントグリルなどで、MINIらしさが表現されている。 拡大

戸惑うほど広々

観音開きのリアドアがリモコンキーでゆっくり開く。現れた荷室は、驚愕(きょうがく)の広さではないけれど、フラットで使い勝手がよさそうだ。トランク容量でいえば、フォルクスワーゲン・ゴルフの380リッターと遜色ない360リッターある。便利ではないか! 後席に座ってみると、足元も頭上の空間もゆったりしている。何より、先代クラブマンと違ってリアにもフツウにドアがある! めちゃめちゃ便利ではないか!!

運転席に着くと、広くてデカイことに一瞬戸惑うほどである。昨日まで押し入れに住んでいたのに、突然6畳間になった感じ。助手席のドアははるか遠くにあり、天井に髪の毛が触れる、などということはもはやない。

空間の広さを別にすれば、そこは見慣れたMINIの世界、と表現することもできる。デザイン上の文法は従来通りだからだ。

センターコンソールに並んだトグルスイッチの真ん中の赤いレバーがエンジンのスターターである。日本仕様のクラブマンは、1.5リッター3気筒ターボ、136psのクーパーと、2リッター4気筒ターボ、192psのクーパーSの2本立てで、テスト車は後者である。

ラゲッジスペースの容量は、標準で360リッター。後席を倒すことで拡大できる。観音開きのドアは、スマートキー上のボタン操作のほか、バンパー下に足をかざすことでも開閉できる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)
ラゲッジスペースの容量は、標準で360リッター。後席を倒すことで拡大できる。観音開きのドアは、スマートキー上のボタン操作のほか、バンパー下に足をかざすことでも開閉できる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます) 拡大
新型「MINIクラブマン」の室内スペースは、後席(写真)の居住空間を中心に、先代よりも拡大されている。先代は、右側のみに「クラブドア」と呼ばれる観音開きのリアドアが備わっていたが、新型のリアドアはオーソドックスな前ヒンジ式で、左右両側に設けられている。
新型「MINIクラブマン」の室内スペースは、後席(写真)の居住空間を中心に、先代よりも拡大されている。先代は、右側のみに「クラブドア」と呼ばれる観音開きのリアドアが備わっていたが、新型のリアドアはオーソドックスな前ヒンジ式で、左右両側に設けられている。 拡大
センターコンソールには、トグルスイッチのデザインが採用された、運転支援システムやアイドリングストップ機能のスイッチが並ぶ。中央の赤いものは、エンジンのオン/オフスイッチ。
センターコンソールには、トグルスイッチのデザインが採用された、運転支援システムやアイドリングストップ機能のスイッチが並ぶ。中央の赤いものは、エンジンのオン/オフスイッチ。 拡大
「MINIクーパーSクラブマン」の燃費はJC08モードで16.6km/リッター。アイドリングストップ機能が標準で備わる。
「MINIクーパーSクラブマン」の燃費はJC08モードで16.6km/リッター。アイドリングストップ機能が標準で備わる。 拡大

走りのMINIらしさは健在

走りだして交差点でステアリングを切ると、俊敏に曲がって見せるBMW MINI特有のゴーカート感覚に思わずニヤリとした。初期入力に対する反応ぶりがMINIっぽい。ミュンヘンのエンジニアたちは、「BMW 2シリーズ アクティブツアラー」とプラットフォームを共有するクラブマンを、いかにもMINIらしく振る舞わせることに、あーだこーだ、議論を戦わせたにちがいない。テストコースにパイロンを並べてスラロームなんかやりながら……。

5ドアにもかかわらず、ボディーの剛性感は見事に高い。ピラーの太さが物語るかのようである。シートも硬めだけれど、乗り心地も硬めで、典型的ドイツ車風だ。いまどきそういうものを期待する人も皆無だろうけれど、いわゆるイギリス車のしっとり感みたいなものはどこにもない。

ドライビングモードが付いていて、スポーツ、マイルド、グリーンの3種類を選ぶことができる。スポーツにすると、ステアリングが妙に重くなり、エンジンと8段オートマチックのギアボックスがムチのはいるのを待ち構える。控えめなタコメーターの、針の角度が上がると、2リッターターボは乾いた排気音を発する。
ところが、万事は控えめに思える。8速トップだと、高効率の4気筒ユニットは1600rpmでゆるゆる回って燃料消費を節約する。加速性能に関しては、同じエンジンを搭載する3ドアの、フツウのMINIのクーパーSほどにはトンガっていない。車重は1470kg。3ドアより200kgも重いのだ。

「MINIクーパーSクラブマン」の0-100km/h加速タイムは7.2秒。最高速度は228km/hと公表される。
「MINIクーパーSクラブマン」の0-100km/h加速タイムは7.2秒。最高速度は228km/hと公表される。 拡大
ドライバーの正面にレイアウトされる計器盤。中央の円形メーターは速度計で、左側にエンジン回転計が、右側に燃料計が備わる。
ドライバーの正面にレイアウトされる計器盤。中央の円形メーターは速度計で、左側にエンジン回転計が、右側に燃料計が備わる。 拡大
「MINIクーパーSクラブマン」のトランスミッションはATのみ。シフトレバー(写真)のブーツを囲むリングそのものが、ダイヤル式の運転モード切り替えスイッチになっている。
「MINIクーパーSクラブマン」のトランスミッションはATのみ。シフトレバー(写真)のブーツを囲むリングそのものが、ダイヤル式の運転モード切り替えスイッチになっている。 拡大
「MINIクーパーSクラブマン」の2リッター直4ターボエンジン。エントリーモデルの「MINIクーパー クラブマン」には、1.5リッターの直3ターボエンジンが搭載される。
「MINIクーパーSクラブマン」の2リッター直4ターボエンジン。エントリーモデルの「MINIクーパー クラブマン」には、1.5リッターの直3ターボエンジンが搭載される。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

山道でも楽しめる

ところが、再び「ところが」である。山道を走ってみると、これが楽しい。

なによりハンドリングがイイ。動きが穏やかで安心していられる。といって緩慢ではない。大きくなった分がマイナスになっていない。ホイールベースが長くなったことがよき方向に出ている。

低速ではトルクステアがけっこうある。そこはライブ感につながっている。

エンジンは回転数とギアの高低、それに負荷の大小の組み合わせによって、主に排気音の音色を変え、ドライバーを楽しませる。やってる気持ちにさせてくれる。硬めの乗り心地は、硬いこと自体が小気味よい。ちなみにテスト車はダイナミック・ダンパー・コントロール付きだけれど、ソフトでもハードでも硬めである。

MINIと呼ぶにはマキシな小型車だけれど、だんだん愛らしく思えてきた。頼もしい感じもする。大きいことはいいことだ。MINIラバーたる者、家庭を持って子どもが生まれたら、これしかないでしょ!

伝統は、守るだけでは続かない。変えるべきは変えるのが、老舗の生き残り術である。MINIが全長4m以上あってもいいじゃないか。常識にとらわれずに新しいことにチャレンジする。その姿勢がステキだ。

見慣れるほどに、もっと好きになるかも……。

(文=今尾直樹/写真=峰 昌宏)

特徴的なデザインのランプが目を引くリアビュー。マフラーエンドは、左右振り分け式になっている。
特徴的なデザインのランプが目を引くリアビュー。マフラーエンドは、左右振り分け式になっている。 拡大
センターコンソール中央のマルチインフォメーションディスプレイ。各種インフォテインメントシステムのほか、車両情報が表示される。(写真をクリックすると表示バリエーションが見られます)
センターコンソール中央のマルチインフォメーションディスプレイ。各種インフォテインメントシステムのほか、車両情報が表示される。(写真をクリックすると表示バリエーションが見られます) 拡大
「スタースポーク アロイホイール ブラック」と名付けられた、オプションの18インチホイール。セットオプションの「CHILI PACKAGE」を選択したテスト車の場合、2万5000円を上乗せすることで選択できる。
「スタースポーク アロイホイール ブラック」と名付けられた、オプションの18インチホイール。セットオプションの「CHILI PACKAGE」を選択したテスト車の場合、2万5000円を上乗せすることで選択できる。 拡大
ボディーカラーは、無償のソリッドカラー2色に7万6000円のメタリックカラー8色を加えた、計10色が用意される。
ボディーカラーは、無償のソリッドカラー2色に7万6000円のメタリックカラー8色を加えた、計10色が用意される。 拡大

テスト車のデータ

MINIクーパーSクラブマン

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4270×1800×1470mm
ホイールベース:2670mm
車重:1470kg
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:8AT
最高出力:192ps(141kW)/5000rpm
最大トルク:28.5kgm(280Nm)/1250-4600rpm
タイヤ:(前)225/40R18 92Y/(後)225/40R18 92Y(ピレリ・チントゥラートP7)
燃費:16.6km/リッター(JC08モード)
価格:384万円/テスト車=507万6000円
オプション装備:ボディーカラー<メルティング・シルバー・メタリック>(7万6000円)/CHILI PACKAGE<コンフォートアクセスシステム+MINIエキサイティングパッケージ+マルチファンクションステアリング+クルーズコントロール+自動防眩(ぼうげん)エクステリアミラー+MINIドライビングモード+スルーローディングシステム>(32万5000円)/スタースポーク アロイホイール ブラック(2万5000円)/ダイナミックダンパーコントロール(7万7000円)/リアビューカメラ(5万9000円)/ファイバーアロイ イルミネーテッド(7万5000円)/レザークロスパンチ ピュアバーガンディー(28万1000円)/ドライビングアシスト アクティブクルーズコントロール(9万4000円)/アダプティブLEDヘッドライト(2万5000円)/パーキングアシストパッケージ(12万3000円)/ヘッドアップディスプレイ(7万6000円)

テスト車の年式:2015年型
テスト開始時の走行距離:4802km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(8)/山岳路(1) 
テスト距離:326.4km
使用燃料:27.6リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:11.8km/リッター(満タン法)/11.9km/リッター(車載燃費計計測値)

MINIクーパーSクラブマン
MINIクーパーSクラブマン 拡大
今回テストした上級モデル「MINIクーパーSクラブマン」には、エントリーモデルの「MINIクーパー クラブマン」より2段多い、8段のATが与えられる。
今回テストした上級モデル「MINIクーパーSクラブマン」には、エントリーモデルの「MINIクーパー クラブマン」より2段多い、8段のATが与えられる。 拡大
「ドライビングアシスト アクティブクルーズコントロール」のスイッチ。ステアリングホイールの左側スポークに備わる。
「ドライビングアシスト アクティブクルーズコントロール」のスイッチ。ステアリングホイールの左側スポークに備わる。 拡大
荷室は、フロア下にも収納スペースが確保されている。折り畳んだフロアボードは、写真のように持ち上げた状態で固定できる。
荷室は、フロア下にも収納スペースが確保されている。折り畳んだフロアボードは、写真のように持ち上げた状態で固定できる。 拡大
フロントフェンダー部のウインカー。高性能モデルであることを示す「S」のエンブレムが添えられる。
フロントフェンダー部のウインカー。高性能モデルであることを示す「S」のエンブレムが添えられる。 拡大

関連キーワード:
MINIクラブマンMINI試乗記

あなたにおすすめの記事