MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)

大きいことはいいことだ 2016.01.12 試乗記 モデルチェンジを機に、これまでより上位のプレミアムコンパクトクラスへと階級を移した「MINIクラブマン」。パワフルな「クーパーS」に試乗してみると、大きく立派になったことで得られた新型の長所が見えてきた。

名は体を表さない

2015年11月に国内発売となった新型MINIクラブマンは、ずいぶん大きくなった。日本人のカワイイ概念を超えている、と私は思う。BMW MINIとしては2代目となるクラブマン、初代から全長で290mm、全幅で115mmもボディーを拡大し、フォルクスワーゲンでいうと「ポロ」から「ゴルフ」クラスへと階級を上げた。ホイールベース2670mmは、2635mmのゴルフよりも長い。

これでミニといえるだろうか?

オリジナルMINIは、全長ほぼ3m、全幅は1.4mをちょっぴり超えるだけの小ささだった。ホイールベースはほぼ2m。と数字にしなくても、街で見かけるからご存じとは思いますが、申し上げたいのはこのことである。

MINIがミニでなくなってどうする? 

それは言葉と意味のつながりがなくなるということだ。「ミニスカート」はミニだからミニなのである。じゃあ、ミニでいくから、と女子に言われて会いに行ったら、今日はさぶいので太ももが隠れるミニで来たの、なんて言われたらガッカリするではないか。社会を混乱に陥れる。そういうことしたらアカンのである。

実際、新型クラブマンの実物は、MINIのかぶりモノを着た、MINIではない何かに私には見えた。フロントの造作は間延びしていて巨大ウーパールーパーかウナギイヌみたいだし、控えめな縦型からハデなLEDの横型のに変わったテールランプが目立つリアは、50~60年代の宇宙人かロボットの顔みたいだ。

8年ぶりにモデルチェンジされた、“ロングボディーのMINI”「クラブマン」。新型は、日本では2015年11月に発売された。


	8年ぶりにモデルチェンジされた、“ロングボディーのMINI”「クラブマン」。新型は、日本では2015年11月に発売された。
バーガンディーのスポーツシートは、28万1000円のオプション。シートヒーターや、ポジションのメモリー機能も備わる。
バーガンディーのスポーツシートは、28万1000円のオプション。シートヒーターや、ポジションのメモリー機能も備わる。
「MINIクーパーSクラブマン」のインテリア。ハイグロスブラックやクロムのパーツを用いることで、上質感が演出されている。
「MINIクーパーSクラブマン」のインテリア。ハイグロスブラックやクロムのパーツを用いることで、上質感が演出されている。
フロントまわりは、丸型のヘッドランプや六角形のフロントグリルなどで、MINIらしさが表現されている。
フロントまわりは、丸型のヘッドランプや六角形のフロントグリルなどで、MINIらしさが表現されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクラブマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「MINIクラブマン」に「ジョンクーパーワークス」が追加 2017.1.25 自動車ニュース BMWジャパンは2017年1月25日、MINIブランドのステーションワゴン「MINIクラブマン」のモデルラインナップに、「ジョンクーパーワークス クラブマン」を追加設定し、販売を開始した。価格は500万円。
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.1.12 試乗記 モデルチェンジを機に、これまでより上位のプレミアムコンパクトクラスへと階級を移した「MINIクラブマン」。パワフルな「クーパーSクラブマン」に試乗してみると、大きく立派になったことで得られた新型の長所が見えてきた。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
ホームへ戻る