「メルセデス・ベンツEクラス」がエンジン一新

2011.11.15 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツEクラス」がエンジンを一新

メルセデス・ベンツ日本は2011年11月14日、新しい3.5リッターエンジンやアイドリングストップ機能、レーダー波を用いて衝突を避ける機能などを盛り込んだ新しい「Eクラス」を発売した。

「E300」および「E350」シリーズはエンジンを刷新。E300は従来の3リッターV6から新開発の3.5リッターV6に置き換わった。新エンジンは、Vバンク角が90度から2次振動の少ない60度となったほか、メルセデスの最新直噴技術「BlueDIRECTテクノロジー」が盛り込まれ、負荷に応じてリーンバーン燃焼、ストイキ燃焼、それらを組み合わせた均質成層燃焼モードを切り替える。最高出力252ps/6500rpm、最大トルク34.7kgm/3500-4500rpmと、従来比で21psと4.1kgm強化されたほか、10・15モード燃費は13.0km/リッター(JC08モードは12.0km/リッター)とされた。

また、E350にもよりチューニングを高めた同じエンジン(306ps/6500rpm、37.7kgm/3500-5250rpm)が用いられる。E300、E350ともにアイドリングストップ機能付き。エコカー減税およびグリーン税制制度が適用される。またE300に4MATIC(4WD)が追加された。

「E550」はエンジンを従来の5.5リッターV8から4.7リッターV8ツインターボとダウンサイズ。最高出力408ps/5000-5750rpm、最大トルク61.2kgm/1600-4750rpmと、従来比で21psと7.1kgm強化しつつ、燃費を約43%向上させた。

またハイパフォーマンスモデルの「E63 AMG」も、6.2リッターV8から5.5リッターV8ツインターボへとエンジンを変更。新エンジンは最高出力524ps/5250-5750rpm、最大トルク71.3kgm/1750-5000rpmを誇る。さらにパフォーマンスパッケージを選ぶと32psと10.3kgm上乗せされる。なお、E550にもE63 AMGにもアイドリングストップ機能が備わる。

今回、走行中に周囲の車両や障害物をレーダーで検知し、必要に応じて車両が自動的にブレーキを作動させて衝突を回避、もしくは衝突時の衝撃を軽減する「レーダーセーフティパッケージ」を設定した。セダン、ワゴンともにE350とE550に標準装備、その他のモデルでは19万円のオプションとなる。

このほか、1.8リッター直4ターボエンジンを搭載する「E250」は、外観を変更したほか、価格据え置きのままアイドリングストップ機能が追加された。

新しいEクラスの価格は、以下のとおり。

セダン
・E250 ブルーエフィシェンシー :634万円
・E250 ブルーエフィシェンシー アバンギャルド:698万円
・E300 ブルーエフィシェンシー アバンギャルド:720万円
・E300 4MATIC ブルーエフィシェンシー アバンギャルド:750万円
・E350 ブルーテック アバンギャルド:798万円
・E350 ブルーエフィシェンシー アバンギャルド:872万円
・E550 ブルーエフィシェンシー アバンギャルド:1120万円
・E63 AMG:1495万円。

ステーションワゴンはそれぞれ35万円高。「E250 ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」はセダンのみ。

(文=塩見智)

「メルセデス・ベンツEクラス」のセダン(写真手前)とステーションワゴン
「メルセデス・ベンツEクラス」のセダン(写真手前)とステーションワゴン
「Eクラス セダン」(写真は欧州仕様車)
「Eクラス セダン」(写真は欧州仕様車)
「Eクラス ステーションワゴン」(写真は欧州仕様車)
「Eクラス ステーションワゴン」(写真は欧州仕様車)
関連記事
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
  • 新型「メルセデス・ベンツEクラス ステーションワゴン」発表会の会場から 2016.11.29 画像・写真 メルセデス・ベンツ日本は新型「Eクラス ステーションワゴン」を発表した。また、クリスマスイベントとして「Mercedes-Benz Connection NEXTDOOR Star Garden」をオープンする。発表会の様子を画像で紹介する。
  • メルセデス・ベンツE200アバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.22 試乗記 先進の運転支援システムをひっさげて登場した、新型「メルセデス・ベンツEクラス」に試乗。セリングポイントである安全装備の使い勝手や、軽量ボディーがもたらす走りの質を、2リッターのガソリン車「E200アバンギャルド スポーツ」でチェックした。
  • メルセデスAMG E43 4MATICステーションワゴン 2016.6.10 画像・写真 独ダイムラーは2016年6月6日、「メルセデスAMG E43 4MATICステーションワゴン」を発表した。その姿を画像で紹介する。401psの3リッターV6ツインターボエンジン搭載し、0-100km/h加速を4.7秒でこなす。
  • メルセデス・ベンツE220d(FR/9AT)【海外試乗記】 2016.3.31 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「メルセデス・ベンツEクラス」。その中核モデルである「E220d」に試乗した。オートノマスドライブの実現に向けて、さまざまな新機軸が投入された新型は、われわれにいかなる運転体験をもたらしてくれるのだろうか。
ホームへ戻る