レクサスから最上級クーペ、LC500が登場【デトロイトショー2016】

2016.01.12 自動車ニュース
「レクサスLC500」
「レクサスLC500」

【デトロイトショー2016】レクサスから最上級クーペ「LC500」が登場

トヨタ自動車は2016年1月11日(現地時間)、北米国際自動車ショー(デトロイトショー、2015年1月24日まで開催)において、レクサスの新型車「LC500」を世界初公開した。

 
レクサスから最上級クーペ、LC500が登場【デトロイトショー2016】の画像

■ベースとなったのは2012年公開の「LF-LC」

レクサスLC500は、2012年のデトロイトショーに出展されたコンセプトモデル「LF-LC」のデザインをもとに開発された、レクサスブランドのフラッグシップクーペである。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4760×1920×1345mm、ホイールベース=2870mm。クルマの骨格には新開発のFRプラットフォームを採用しており、フロントミドシップのエンジンレイアウトや高剛性ボディー、新設計のマルチリンク式サスペンション、カーボン素材などを活用した軽量化を通して、「より鋭く、より優雅に」をキーワードに掲げ、「すっきりとして奥深い走りの実現」を目指したという。

パワーユニットは「RC F」「GS F」などに搭載されている自然吸気の5リッターV8エンジンで、トランスミッションには新開発の10段ATを採用。「伸び感ある加速とドライバーが意図する走行リズムをつくり出す変速」を実現しているという。

日本での発売は、2017年の春ごろを予定している。

 
レクサスから最上級クーペ、LC500が登場【デトロイトショー2016】の画像
 
レクサスから最上級クーペ、LC500が登場【デトロイトショー2016】の画像
 
レクサスから最上級クーペ、LC500が登場【デトロイトショー2016】の画像

■デザインを通してクルマのキャラクターを表現

エクステリアデザインについては「ダイナミックなプロポーションとラグジュアリークーペとしてのエレガントさの融合」をうたっている。具体的には、ロー&ワイドなスタイリングと四隅のタイヤを強調するフェンダーの張り出しにより、クーペとしての機敏さを表現。また曲面とシャープなプレスラインの組み合わせにより、精悍(せいかん)かつエレガントな表情を強調したという。

フロントまわりは下端からエンジンフードへと続く流れを重視した意匠となっており、中央にボディーと一体化させた「スピンドルグリル」を配置。新開発の超小型3連LEDヘッドランプユニットと、L字型に発光するLEDクリアランスランプ(デイライト機能付き)を装備している。一方リアには、フロントと対をなすようにスピンドル形状のプレスラインを採用。テールランプの外側から下方に伸びたターンシグナルランプや、左右下端に配置されたマフラーディフューザーにより、重心の低さやワイド感を強調している。

インテリアは「ドライビングプレジャーと快適性の融合」を標榜(ひょうぼう)した設計となっており、特に運転席まわりについては、徹底した走り込みに基づいてペダル配置やステアリング傾角、シートのホールド性などを決定。操作系にはシフトバイワイヤシステムや、直感的な操作に対応した次世代マルチメディアを採用しているという。またステアリングホイールは握る位置に合わせて断面形状を緻密に変化させるなど、ドライバーの手にしっくりとなじむよう配慮。シフトパドルにはマグネシウム素材を使用し、操作性と質感を高めている。

一方、助手席まわりは、乗員を包み込みながらも車両前方に対して視覚的な広がりを感じさせる開放的な空間づくりを目指したものとなっている。

 
レクサスから最上級クーペ、LC500が登場【デトロイトショー2016】の画像
 
レクサスから最上級クーペ、LC500が登場【デトロイトショー2016】の画像

■新開発のFRプラットフォームに5リッターV8と10段ATを搭載

車体の基本骨格には新しいFRプラットフォームを採用。新開発の大径ランフラットタイヤを四隅に配置するとともに、エンジンを前軸の後方に置き、人や重量物をより重心に近く、低い位置にレイアウトして重量配分のバランスを最適化した。サスペンションは上下ともに2本のアームを持つマルチリンク式で、ボールジョイント配置の工夫により、リニアな応答性と手応えのよいステアリングフィールを実現したという。

ボディーについては高い剛性の確保に加え、走行中の車体への力の入力や変形特性にも着目することで、回頭性が良く、ドライバーの思い通りにラインをトレースできる性能を実現した。またフロントサスペンションタワーやフロントフェンダー、サイドドア外板などにアルミ素材を、ルーフ、トランクフード、サイドドア内側にCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を採用するなど、部位によって素材を使い分けることで、軽量化と低重心化、ヨー慣性モーメントの低減を図っている。

フロントに縦置きされる自然吸気の5リッターV8エンジンは、最高出力475ps(349kW)/7100rpm、最大トルク54.0kgm(530Nm)/4800-5600rpmを発生する。トランスミッションは新開発の10段ATで、構成部品のアルミ化によって大幅な軽量化を実現。アクセルやブレーキ、車両にかかるG(重力加速度)からドライバーの意図を読み取り、最適なギアを選択する新しい制御が採用されている。

(webCG)

→「レクサスLC500」のより詳しい写真はこちら
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

LCの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスLC500hプロトタイプ(FR/CVT)/LC500プロトタイプ(FR/10AT)【レビュー】NEW 2016.12.9 試乗記 レクサスの新たなラグジュアリークーペ「LC」シリーズにスペインで試乗。新世代のハイブリッドシステムを搭載した「LC500h」と、5リッターV8エンジンを搭載した「LC500」には、それぞれにまったく異なる魅力が宿っていた。
  • 【デトロイトショー2017】レクサス、最上級セダンの新型LSを世界初公開NEW 2016.12.9 自動車ニュース レクサスがデトロイトショーで最上級セダンの新型「LS」を世界初公開すると発表した。5代目となる新型LSは、車体に「新GA-L」と呼ばれるプラットフォームを採用。ブランドの最上級車種にふさわしい先見的なテクノロジーを採用しているという。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • レクサスRC200t“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】 2015.12.7 試乗記 レクサスのスポーツクーペ「RC」に、2リッター直4ターボエンジンを搭載する「200t」が登場。価格の面ではRCのエントリーグレードに位置づけられるものの、試乗してみれば、それは驚くほど“スポーツ度”の高いモデルだった。
ホームへ戻る