最小のMモデルBMW M2クーペの受注始まる

2016.01.12 自動車ニュース
「BMW M2クーペ」
「BMW M2クーペ」

最小のMモデル「BMW M2クーペ」の受注始まる

BMWジャパンは2016年1月12日、コンパクトなスポーツクーペ「BMW M2クーペ」の予約注文受付を開始した。デリバリーの開始時期は、同年5月になる見込み。

 
最小のMモデルBMW M2クーペの受注始まるの画像
 
最小のMモデルBMW M2クーペの受注始まるの画像
 
最小のMモデルBMW M2クーペの受注始まるの画像
 
最小のMモデルBMW M2クーペの受注始まるの画像
 
最小のMモデルBMW M2クーペの受注始まるの画像

M2クーペは、BMWの高性能モデルを手がけるBMW M社が開発した新型車。1985年に誕生した初代「BMW M3」や1973年の「BMW 2002ターボ」の伝統を引き継ぐ、最もコンパクトなBMW Mモデルとされる。

ベースとなるのは「BMW 2シリーズ」。ボディーの前後には、空力性能を高めるためのスポイラーが装着され、さらに、鍛造の19インチのMアロイホイールや大きく張り出したフェンダーが与えられる。トレッドも、前が70mm、後ろは65mm拡幅されている。

フロントには「自然吸気エンジンのような官能的な吹けあがり」を持ち味とする3リッター直6ターボエンジンが縦置きされる。最高出力は370ps/6500rpmで、最大トルクは47.4kgm/1400-5560rpm。オーバーブースト時には、最大トルクは51.0kgmにまで高められる。

組み合わされるトランスミッションは7段のデュアルクラッチ式「M DCT Drivelogic」で、駆動方式はFR。足まわりには軽量な専用設計の前後サスペンションや、最高の制動力をうたう「Mコンパウンドブレーキシステム」がおごられる。
エンジンからの駆動力を左右リアホイールに対して理想的な割合で分配できる「アクティブMディファレンシャル」も装備。約50:50の前後重量配分と相まって、俊敏なハンドリングと卓越したロードホールディング性能を提供するという。

インテリアでは、ブルーステッチとMロゴのエンボス加工を特徴とするダコタレザーのスポーツシートや、専用カーボンファイバートリム、アルカンターラ仕上げのドアパネルが見どころ。
レーンディパーチャーウオーニングや前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキなどの安全装備や、事故時の救急対応や車両メンテナンスをサポートする機能も備わっている。

価格は、770万円。

(webCG)

→「BMW M2クーペ」のフォトギャラリーはこちら

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

M2クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
ホームへ戻る