第432回:ラスベガスに行きたいかーッ! 「CES 2016」訪問記

2016.01.15 エッセイ

ウルトラクイズかよ

かつて新年の始まりといえば、「デトロイトモーターショー(North American International Auto Show:通称NAIAS)」であった。20年以上前、筆者が東京の自動車雑誌編集部に籍を置いていたとき、デトロイト取材担当だったスタッフは新年早々極寒のミシガンへと旅立っていったのを覚えている。

いっぽう過去数年多くのメディアをにぎわす新春ニュースといえば、ラスベガスで開催される、消費者家電のエレクトロニクスショー「CES 2016(Consumer Electronic Show 2016)」である。その圧倒的報道ぶりから、デトロイトモーターショーはその影に隠れるかたちになってしまった。

それは自動車ブランドが、自動運転・自動駐車といった最新技術をCESで公開するようになって、さらに加速した。昨2015年には、メルセデス・ベンツが自動運転車「ラグジュアリー イン モーション」を展示し、話題をさらったのは記憶に新しいところだ。

物心ついたときから晴海の東京モーターショー通いをしていたボクとしては、「自動車ショーを凌駕(りょうが)する注目度を集めるショーとは、どのようなものか、こりゃ見ておかなくては」という意欲がムラムラと湧いてきた。

まずは、CESのオフィシャルウェブサイトを訪問する。業界関係者オンリーの催しゆえ、知名度の割にはビジネスライクな印象である。
さらにプレス申請のページを見て、あぜんとした。必要書類がモーターショーよりも格段に複雑なのである。一度適当にそろえて送付してみたものの、「書類が不足しています」というメッセージが返ってきてしまった。

にもかかわらず、データベースにボクのメールアドレスが記録されてしまったのだろう、出展各社からプレスリリースが怒涛(どとう)のごとく舞い込むようになった。これは行かないと悲しくなる。

ひと月後、もう一度気を落ち着けて申請すると、ようやくプレスパスが発行されたとの通知がきた。
そんなことをしているうち、気がつけばイタリアからラスベガスまでの航空券が、どんどん値上がりしてしまった。世界から3600以上の企業・団体が出展するのだから、無理もない。ようやく安いチケットを見つけたが、「乗り継ぎ2回、片道30時間以上」というものだった。

宿泊もしかりだ。最近話題のドナルド・トランプ氏のホテルなどは、到底高くて泊まれない。予算の範囲内では、あやうく郊外にある砂漠の中のホテルになってしまうところだった。このへんになると、往年のテレビ番組『史上最大! アメリカ横断ウルトラクイズ』における雄たけび「アメリカに行きたいかあーッ!」が脳内で響くようになってきた。

ようやく12月中旬になって、ホテル予約サイトのタイムセールで出ていた安モーテルを1軒見つけた。

2015年1月6-9日にラスベガスで開催された、世界最大のエレクトロニクス製品見本市「CES 2016」。これはキヤノンのブース。
2015年1月6-9日にラスベガスで開催された、世界最大のエレクトロニクス製品見本市「CES 2016」。これはキヤノンのブース。
スマートウオッチでは、よりベゼルやディスプレイのデザインに模索のあとがみられた。特にカシオが発表したアウトドア用は、各国ビジターの関心を集めていた。
スマートウオッチでは、よりベゼルやディスプレイのデザインに模索のあとがみられた。特にカシオが発表したアウトドア用は、各国ビジターの関心を集めていた。
こちらはサムスンのスマートウオッチ。ダイヤルを回転させることで、機能を切り替える。
こちらはサムスンのスマートウオッチ。ダイヤルを回転させることで、機能を切り替える。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。