ワゴンRにアイドリングストップ搭載車を追加

2011.11.15 自動車ニュース
「ワゴンR FXリミテッド アイドリングストップ」
ワゴンRにアイドリングストップ搭載車を追加

スズキ、「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」にアイドリングストップシステム搭載車を追加設定

スズキは、軽乗用車「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」に、アイドリングストップシステム搭載グレードを追加設定し、2011年11月15日に発売した。

「ワゴンRスティングレー X アイドリングストップ」
ワゴンRにアイドリングストップ搭載車を追加

スズキは、従来の「ワゴンR FXアイドリングストップ」に加え、今回、「ワゴンR FXリミテッド」「ワゴンRスティングレー X」にもそれぞれアイドリングストップシステム搭載車を設定。ラインナップの拡充を図った。

「ワゴンR FXリミテッド アイドリングストップ」、「ワゴンRスティングレー X アイドリングストップ」には、坂道等でアイドリングストップシステムが作動した時に後退を抑制する「ヒルホールドコントロール機能」が追加されるほか、バックドアに「IDLING STOP」エンブレムが貼付される。

また今回の2車種は、この機構の搭載により、JC08モード燃費22.8km/リッター、10・15モード燃費25.0km/リッターを実現している。

価格は、ワゴンR FXリミテッド アイドリングストップ(FF/CVT)が130万7250円、ワゴンRスティングレー X アイドリングストップ(FF/CVT)は138万750円。それぞれベース車比9万4500円高の設定とされた。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • スズキ・ワゴンR FZ(FF/CVT)/ワゴンRスティングレー X(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.8 試乗記 モーターによる電動アシスト機能「S-エネチャージ」を備え、32.4km/リッターの燃費を実現した「スズキ・ワゴンR」。新機構の効能と、あえて「ハイブリッド」と名乗らなかったその思惑を探る。
ホームへ戻る