フィアット500、マイナーチェンジして新発売

2016.01.14 自動車ニュース
 
フィアット500、マイナーチェンジして新発売の画像

マイナーチェンジした「フィアット500」発売

FCAジャパンは2016年1月13日、マイナーチェンジした「フィアット500」を同年1月23日に発売すると発表した。

 
フィアット500、マイナーチェンジして新発売の画像
 
フィアット500、マイナーチェンジして新発売の画像
 
フィアット500、マイナーチェンジして新発売の画像
 
フィアット500、マイナーチェンジして新発売の画像

2008年に国内販売がスタートして以来、初めてフィアット500にマイナーチェンジが施された。

ポイントとして挙げられるのは、LED式のデイライト。さらにオーディオが5インチのタッチスクリーン式となり、センターコンソールにUSB端子と外部入力端子が追加された。

そのほかの具体的な変更点は、以下の通り。

【エクステリア】
・ヘッドランプの形状をプロジェクタータイプに変更(「ポップ」のみ。「ラウンジ」は変更なし)
・テールランプの形状を変更。ランプ中央部はボディー同色に。
・フロントバンパーの形状を変更。フィアットロゴが施されたクロムモール下に横長のモールを追加。バンパー下部の形状を変更。
・リアバンパーの形状を変更。これまでテールランプに組み込まれていたバックランプとリアフォグランプを、下部のモールに移設。
・「ツインエア ラウンジ」のホイールデザインを変更。

【インテリア】
・ステアリングホイールのデザインを変更。オーディオおよびハンズフリーのコントロール機能を追加。
・ドリンクホルダーを改良。ホルダーの内側にラバーサポートを装着することでドリンクの保持性を向上。
・グラブボックスを追加。
・シートのデザインを変更。

ボディーカラーは、これまで限定車のみに設定されていたミント グリーンとカントリーポリタン イエローのほか、ボサノバ ホワイト、パソドブレ レッド、アイス ホワイト、ブルー ヴォラーレを加えた全6色がラインナップされる。

価格は以下の通り。

・500 1.2ポップ:199万8000円
・500ツインエア ポップ:228万9600円
・500ツインエア ラウンジ:259万2000円
・500C 1.2ポップ:252万7200円
・500Cツインエア ラウンジ:279万7200円

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
ホームへ戻る