メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC(4WD/7AT)/メルセデス・ベンツA180スポーツ(FF/7AT)

イケてるクルマであるために 2016.01.18 試乗記 メルセデスAMGが手がけたハイパフォーマンスSUV「GLE63 S」と、大幅改良を受けたCセグメントハッチバックモデル「Aクラス」。2台の試乗を通して、今日のメルセデスの強さの秘密を探った。

メルセデス販売好調の理由

メルセデス・ベンツ&スマートの2015年1~11月の国内販売はたいへん好調で、2014年のそれまでの最高記録6万839台に比べても10%のプラスだった。

その要因として、
①2014年に全面改良を受けた「Cクラス」のモデルが充実し、フルイヤーでけん引した。
②「CLAシューティングブレーク」などAクラス系の派生戦略モデルが新たに加わった。
③「Eクラス」「Sクラス」が好調だった。
④ディーゼル、ハイブリッド、プラグインハイブリッドをそろえるなどの「エンジン革命」が受け入れられた。
とメルセデス・ベンツ日本では分析している。

12月上旬に大磯で開かれたフルラインナップ試乗会は2015年の集大成だった。新型車攻勢は一年を通して途切れることなく続き、秋に上陸したGLEの高性能モデルと、マイナーチェンジしたAクラスのステアリングを握る機会を得た。

メルセデス・ベンツは今後、ますます広がるSUV系を見直し、「Mクラス」と呼んでいたモデルのマイナーチェンジを機に、その名称をGLEに改名した。Eクラスと同等の安全性と快適装備を備える高級SUV、というクルマのキャラクターをよりわかりやすく設定し直したのだ。

メルセデス・ベンツのCセグメントハッチバックモデルである「Aクラス」。マイナーチェンジを受けた現行モデルは2015年11月に日本で発売された。
メルセデス・ベンツのCセグメントハッチバックモデルである「Aクラス」。マイナーチェンジを受けた現行モデルは2015年11月に日本で発売された。
今回のマイナーチェンジでは、一部デザインの変更や装備の強化、「A250シュポルト 4MATIC」と「AMG A45 4MATIC」の動力性能の向上などが図られている。
今回のマイナーチェンジでは、一部デザインの変更や装備の強化、「A250シュポルト 4MATIC」と「AMG A45 4MATIC」の動力性能の向上などが図られている。
EセグメントSUVの「メルセデス・ベンツGLE」。2015年のマイナーチェンジに合わせ、それまでの「ML」からGLEに名称が変更された。
EセグメントSUVの「メルセデス・ベンツGLE」。2015年のマイナーチェンジに合わせ、それまでの「ML」からGLEに名称が変更された。
関連記事 ホームへ戻る