MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)

サイズアップの裏事情 2016.01.15 試乗記 2007年に登場したMINIのステーションワゴン「クラブマン」がフルモデルチェンジを受けて2代目に。大幅なサイズアップの裏側に垣間見えるBMWの戦略を探った。

果敢なチャレンジを支える強力なブランド力

1969年誕生のオリジナルモデルにオマージュを抱きつつ、BMWのプロデュースとなって初のクラブマンが発表されたのは2007年夏のこと。その後、初めてのフルモデルチェンジを経て登場した現行型は、昨2015年9月に日本で発売され、11月に納車が開始された。「従来のMINIとは一線を画す、全く新しいモデル」というのがキャッチフレーズだ。

従来型では右側面と後面の2カ所だったユニークな観音開き式のドアは、新型では後面のみへの採用となった。が、それよりも多くの人々を戸惑わせたのは、ステーションワゴンのプロポーションは踏襲しつつも、全長が+290mm、全幅が+115mmと一挙に拡大されたそのサイズである。このボディーの大型化によって、後席居住性は当然大きく向上。ルーフが水平に近いラインのまま後方へと引かれるので頭上には十分な余裕が残るし、前席下への足入れ性にも優れ、大人が長時間を過ごすにも不満のないスペースとなった。
かくも後席の使い勝手がよくなれば、ボディー側面に「まずはフロント側を開かないと開閉できない観音開きのドアを設ける」という選択肢は残らない。これが、新型の右側面ドアが、オーソドックスな“前ヒンジ2連式”へと改められた理由のはずだ。

ところで、従来型でせっかく獲得したユーザーの離反を招くリスクを犯し、「こんな大きいクルマは“MINI”ではない!」という声が渦巻くことを承知の上でボディーサイズを拡大したのには、BMWがもくろむ戦略が密接に関係しているはず。実は新型クラブマンの2670mmというホイールベースは、BMWの「2シリーズ アクティブツアラー」や、FRからFFレイアウトへとプラットフォームが変更・刷新された「X1」のそれと同数値。すなわち、そこには「MINIで培われたソリューションをBMW車でも最大限に活用する」という戦略が見てとれるのだ。
端的に言ってしまえば、「大きくなったクラブマンと、小さくなったX1や新車種の2シリーズ アクティブツアラーを同じホイールベースで統一し、開発や生産の大幅な合理化を図る」――これこそが、両ブランドにかかわる開発陣の念頭にあった事柄に違いない。

かくして、BMWが「MINI」というブランドを手にした当初からの夢であったはずの“FFのBMW車”が実現した一方で、それゆえに「MINIらしさ」をより狙った演出が垣間見えるのが、新型クラブマンというクルマである。ちょっと荒っぽいが分かりやすくキビキビ感が味わえる走りのテイストや、アイキャッチャーである円形センターパネル部分のますますの大型化などは、その象徴と考えられる。

ボディーが一挙に大型化したことで確かに居住性は高まったし、深いサブトランクの実現も含めてラゲッジスペースも拡大された。
反発はあるかもしれないが、それもこれも含んだ“何でもアリ!”なチャレンジに勇猛果敢にトライできるのも、MINIがすでにBMWにも勝るとも劣らない強大なブランドを確立させていることの表れにほかならないはずだ。

(文=河村康彦/写真=峰 昌宏)

【スペック】
全長×全幅×全高=4270×1800×1470mm/ホイールベース=2670mm/車重=1470kg/駆動方式=FF/エンジン=2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ(192ps/5000rpm、28.5kgm/1250-4600rpm)/トランスミッション=8AT/燃費=16.6km/リッター/価格=384万円
 

2代目となる新型「MINIクラブマン」。従来モデルと比べて、全長が290mm、全幅が115mm拡大されている。
2代目となる新型「MINIクラブマン」。従来モデルと比べて、全長が290mm、全幅が115mm拡大されている。
「クーパーSクラブマン」のインストゥルメントパネルまわり。ハッチバックモデルとは大きく異なる、クラブマン専用の意匠が採用されている。
「クーパーSクラブマン」のインストゥルメントパネルまわり。ハッチバックモデルとは大きく異なる、クラブマン専用の意匠が採用されている。
テスト車にはサイドサポートの張り出したオプションのスポーツシートが装備されていた。
テスト車にはサイドサポートの張り出したオプションのスポーツシートが装備されていた。
「クーパーSクラブマン」にはMINI初の8段ATが搭載されている。
「クーパーSクラブマン」にはMINI初の8段ATが搭載されている。
ラゲッジルームの容量は、後席を起こした状態で360リッター。床面の高さを2段階で調整できる「ストレージ・コンパートメント・パッケージ」が用意されている。
ラゲッジルームの容量は、後席を起こした状態で360リッター。床面の高さを2段階で調整できる「ストレージ・コンパートメント・パッケージ」が用意されている。
 
MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【レビュー】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクラブマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【レビュー】 2016.1.15 試乗記 2007年に登場したMINIのステーションワゴン「クラブマン」が2代目にフルモデルチェンジ。パワフルな2リッターターボを搭載した上級グレード「クーパーS」の試乗を通して、大幅なサイズアップの裏側に垣間見えるBMWの戦略を探った。
  • MINIクーパー クラブマン(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.26 試乗記 シリーズでもっとも大きなボディーを持つにいたった新型「MINIクラブマン」。「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に匹敵する立派なボディーがもたらす走りとは? 1.5リッター直3エンジンを搭載する「クーパー」に試乗した。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る