フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6MT)

プリミティブであることの魅力 2016.01.19 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のスポーツグレード「GTI」に、3ペダルの6段MT仕様が登場。そこに優秀なDSG仕様を避けてまで選ぶほどの“操る喜び”はあるか。箱根のワインディングロードで確かめた。

3モデル同時のMT復活

6年ぶりの日本導入――そんなフレーズと共に新たにカタログに加えられたのが、3ペダル式のオーソドックスなMTを搭載するフォルクスワーゲン車たち、すなわち「ポロGTI」に「ゴルフR」、そしてここに紹介するゴルフGTIのMT仕様だ。

いずれも以前から販売されている2ペダルDCT(DSG)仕様より10万円安い価格設定となっているが、欧州では過半のモデルにMT仕様が存在するフォルクスワーゲン車の中で、あえてこの3台がチョイスされたのは決して「安価にできる」という理由からではない。MTにこだわりを持つコアなクルマ好きに選んでほしいという思いから決められた事柄であるのは明らかだ。

日本への導入が報じられたのは、3車種そろって2015年6月9日。これはもちろん車両が完成したタイミングなどではない。「それまでDCT仕様のみだった日本で再度MT仕様を発売する」という戦略は、100%インポーターであるフォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)の意向に基づいたものと考えていいはずだ。

一方VGJでは、そんな昨年の発表の後に社長が“電撃交代”を遂げて現在に至っている。
それゆえ、なぜこの期に及んで再度のMTを?……という問いに対する明確な回答は、もはや得ることは難しいかもしれない。

「フォルクスワーゲン・ゴルフ」伝統のスポーツグレードである「GTI」。現行モデルは2013年9月に日本に導入された。
「フォルクスワーゲン・ゴルフ」伝統のスポーツグレードである「GTI」。現行モデルは2013年9月に日本に導入された。
日本仕様の「ゴルフGTI」にMT仕様が設定されていたのは「ゴルフV」の世代までで、先代にあたる「ゴルフVI」、現行モデルの「ゴルフVII」ではMTは選べなかった。今回のMT仕様の設定は、実に6年ぶりの“復活”となる。
日本仕様の「ゴルフGTI」にMT仕様が設定されていたのは「ゴルフV」の世代までで、先代にあたる「ゴルフVI」、現行モデルの「ゴルフVII」ではMTは選べなかった。今回のMT仕様の設定は、実に6年ぶりの“復活”となる。
MT仕様の「ゴルフGTI」のインストゥルメントパネルまわり。
MT仕様の「ゴルフGTI」のインストゥルメントパネルまわり。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る