フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6MT)

プリミティブであることの魅力 2016.01.19 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のスポーツグレード「GTI」に、3ペダルの6段MT仕様が登場。そこに優秀なDSG仕様を避けてまで選ぶほどの“操る喜び”はあるか。箱根のワインディングロードで確かめた。

3モデル同時のMT復活

6年ぶりの日本導入――そんなフレーズと共に新たにカタログに加えられたのが、3ペダル式のオーソドックスなMTを搭載するフォルクスワーゲン車たち、すなわち「ポロGTI」に「ゴルフR」、そしてここに紹介するゴルフGTIのMT仕様だ。

いずれも以前から販売されている2ペダルDCT(DSG)仕様より10万円安い価格設定となっているが、欧州では過半のモデルにMT仕様が存在するフォルクスワーゲン車の中で、あえてこの3台がチョイスされたのは決して「安価にできる」という理由からではない。MTにこだわりを持つコアなクルマ好きに選んでほしいという思いから決められた事柄であるのは明らかだ。

日本への導入が報じられたのは、3車種そろって2015年6月9日。これはもちろん車両が完成したタイミングなどではない。「それまでDCT仕様のみだった日本で再度MT仕様を発売する」という戦略は、100%インポーターであるフォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)の意向に基づいたものと考えていいはずだ。

一方VGJでは、そんな昨年の発表の後に社長が“電撃交代”を遂げて現在に至っている。
それゆえ、なぜこの期に及んで再度のMTを?……という問いに対する明確な回答は、もはや得ることは難しいかもしれない。

「フォルクスワーゲン・ゴルフ」伝統のスポーツグレードである「GTI」。現行モデルは2013年9月に日本に導入された。
「フォルクスワーゲン・ゴルフ」伝統のスポーツグレードである「GTI」。現行モデルは2013年9月に日本に導入された。
日本仕様の「ゴルフGTI」にMT仕様が設定されていたのは「ゴルフV」の世代までで、先代にあたる「ゴルフVI」、現行モデルの「ゴルフVII」ではMTは選べなかった。今回のMT仕様の設定は、実に6年ぶりの“復活”となる。
日本仕様の「ゴルフGTI」にMT仕様が設定されていたのは「ゴルフV」の世代までで、先代にあたる「ゴルフVI」、現行モデルの「ゴルフVII」ではMTは選べなかった。今回のMT仕様の設定は、実に6年ぶりの“復活”となる。
MT仕様の「ゴルフGTI」のインストゥルメントパネルまわり。
MT仕様の「ゴルフGTI」のインストゥルメントパネルまわり。
関連記事
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.8 試乗記 「GTI」シリーズの誕生40周年を祝う限定モデル「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ」に、第2弾となる「ストリートエディション」が登場。エンジンやドライブトレインなど、各所に施された独自のチューニングが織り成す走りを試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/6MT)【試乗記】 2015.10.1 試乗記 280psの高出力エンジンに4WDの駆動方式を組み合わせた「フォルクスワーゲン・ゴルフR」に、6段マニュアルトランスミッション仕様が登場。VWが誇る全天候型ハイパフォーマンスモデルにあえての“人力変速”で乗ることでリポーターが実感したこととは?
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(前編) 2017.5.4 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「スマートBRABUSフォーツー」に試乗する。全長わずか2.8mという小さなボディーがもたらすコンパクトな走りは、谷口の目にどう映ったか?
ホームへ戻る