注目は「STI Performance Concept」

SUBARU/STIブースへGO! 2016.01.15 特集 世界最大級のカスタムカーイベント東京オートサロンが、今年も1月15日から3日間幕張メッセで開催。注目のSUBARU/STIブースは、「STILE」をテーマにした華やかな展示を行う。

4年連続で《印象に残ったブース》第1位

クルマ好きなら絶対にチェックしておきたいイベントが東京オートサロンだ。1983年に始まった東京エキサイティングカーショーが前身で、今年が34回目。以前はチューニングショップの展示が主体だったが、今では自動車メーカーがカスタマイズカーやコンセプトカーを発表する場となった。モータースポーツに関する情報が発信されることでも知られる。名実ともに世界最大級のカスタムカーイベントで、東京モーターショーに並ぶクルマの祭典として大きな注目を浴びている。

各メーカーが力を入れる中でも、毎年圧倒的な支持を集めているのがSUBARU/STIブース。《印象に残ったブース》のランキングで、昨年まで4連覇を果たしている。富士重工業と同社のモータースポーツ活動を担うスバルテクニカインターナショナル(STI)が共同で出展するブースだ。コンセプトモデルやレーシングカーが並べられ、スバルとSTIの本気に触れることができる。

SUBARU/STIブースのテーマは「STILE」。モータースポーツに果敢に挑み、頂点を狙い続けるSUBARU×STIのSTILE(スタイル)をさまざまな角度から表現する。日本初公開となる「STI Performance Concept」をはじめとして8台の車両を展示。STIの辰己英治総監督とドライバーによるトークショーもあり、会場に来られない人にはUstreamやTwitterで情報を発信する。

屋外の会場ではスバルのモータースポーツマシンを使ったデモランが行われ、ラリードライバー新井敏弘選手の迫力ある走りを目のあたりにすることができる。スペシャルライブやコンパニオンのショーもあり、家族全員で楽しめるのが東京オートサロン。週末は迷わず幕張メッセに行きたい。

→ SUBARU AUTO SALON 2016特設サイトを詳しく見る
→ 関連記事「写真で楽しむSUBARU/STIブース」はこちら
 

SUBARU/STIブースがあるのは、東7ホールの奥。
SUBARU/STIブースがあるのは、東7ホールの奥。
SUBARU/STIブースのキャッチフレーズは「Proud of BOXER」。
SUBARU/STIブースのキャッチフレーズは「Proud of BOXER」。
受付ではスバルスターズがお出迎え。
受付ではスバルスターズがお出迎え。
メインステージに展示される「STI Performance Concept」。
メインステージに展示される「STI Performance Concept」。
SUPER GTに参戦する「SUBARU BRZ GT300 2016」。
SUPER GTに参戦する「SUBARU BRZ GT300 2016」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。