【スペック】全長×全幅×全高=4335×1765×1425mm/ホイールベース=2690mm/車重=1420kg/駆動方式=FR/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(170ps/4800-6450rpm、25.5kgm/1500-4500rpm)/価格=387万円(テスト車=474万円)

BMW 120iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】

すっかりオトナになりました 2011.11.15 試乗記 BMW 120iスポーツ(FR/8AT)
……474万円

最もコンパクトなBMW「1シリーズ」が2代目に進化。新たなエンジンとトランスミッションを得て、その走りはどう変わったのか? スポーティーグレード「120iスポーツ」で試した。

さわやかコンパクト

新型「BMW 1シリーズ」は、「EfficientDynamics」というBMWが2008年から掲げはじめた標語を実感させた。あれから3年。もはや単なる「Freude am Fahren(駆けぬける歓び)」ならず。「Sheer Driving Pleasure」あるいは「the Ultimate Driving Machine」でもない、これらの理念、運転の楽しさと環境問題対応とのアウフヘーベン(発展的統合)たるEfficientDynamicsの姿が、ようやく見えてきたのだ。

「120iスポーツ」は、フツウに高速を流していると清流のようなクルマである。もともとBMWは「若々しい」とか「すがすがしい」とか、バイエルンの青い空と白い雲を想起させる、さわやかなクルマである。
今度の1シリーズは、筆者は120iスポーツしか乗ってないわけですけど、そのようなさわやかさを南ドイツのピュアウオーターでさらに割ったような小型車なのだった。

ふだんは混じりけのない天然水。でも、いざ鎌倉、ガスペダルを深々と踏み込むと、いずこかに散らばっていたBとMとWの元素が結合してBMWという分子となり、これら分子の集まりたる「BMW」となるのだ。
もちろん水のごとき、水はH2OなのでBもMもWもないわけですが、と理科は全然わからないくせにややこしいことを言ったりして、いやつまり、B、M、Wの元素状態にあってもBMWはBMWなのである。その味わいが薄くなったり濃くなったりする。濃淡自在。そういう二面性というか、可変性を持っている。私の言っていること、通じるでしょうか?

フルモデルチェンジで第2世代となった、BMWのコンパクト「1シリーズ」。2011年9月のフランクフルトモーターショーで正式発表、その数日後には日本でもデビューを飾った。
フルモデルチェンジで第2世代となった、BMWのコンパクト「1シリーズ」。2011年9月のフランクフルトモーターショーで正式発表、その数日後には日本でもデビューを飾った。
サイドビュー。長いボンネットや後ろ寄りのキャビンなどにより、“FR車らしいプロポーション”を表現したという。前後の重量配分は、BMWの定石どおり50:50が実現されている。
サイドビュー。長いボンネットや後ろ寄りのキャビンなどにより、“FR車らしいプロポーション”を表現したという。前後の重量配分は、BMWの定石どおり50:50が実現されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る