ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー(FF/6AT)/プジョー208GTi(FF/6MT)/フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6MT)/フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6MT)(後編)

安心して攻められる 2016.01.21 試乗記 レーシングドライバー谷口信輝による「ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー」のサーキット試乗。後編では、フォルクスワーゲンが誇る2台のホットハッチ「ポロGTI」「ゴルフGTI」との比較を通じてわかった、走りの質を報告する。

やる気を感じる「ポロGTI」

前編からのつづき)
ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー(以下、R.S.トロフィー)で1分21秒972、「プジョー208GTi」で1分22秒963を記録した谷口信輝が続いて操ったのは、フォルクスワーゲンのポロGTIとゴルフGTI。
このとき、路面はやや乾き始めていたものの、完全にドライになった部分はほとんどなく、まだぐっしょりとぬれたところがそこかしこに残っている状態だった。

ここで谷口はポロGTIで1分23秒200を、続くゴルフGTIで1分21秒434のベストタイムをマーク。ポロGTIの記録はルーテシアに1.3秒ほど届かなかったが、2リッターターボエンジンを搭載するゴルフGTIは1.6リッターターボを積むルーテシアR.S.トロフィーのタイムをコンマ5秒ほどしのいで見せた。

しかし、この結果は谷口にとって意外なものだったらしい。
「あれ、ポロは208にも負けちゃったんですか? おかしいなあ。ポロもゴルフもサスペンションは硬めで、クルマの動きはシャープ。208が純正ダンパーだとしたら、ポロとゴルフには社外品のダンパーがついているんじゃないかと思うくらい、しっかりした足まわりでした。エンジンにしても、走り始めたときのエキゾーストノートは結構大きめで、やる気を感じさせるものだったし、動き出しも全然悪くなかったんです。だから、タイムが208に及ばなかったのは意外だなあ」

やがてサーキットでの走りを振り返るうち、谷口にはポロのタイムが208に届かなかった理由が徐々に見えてきたらしい。
「たぶん、ポロのエンジンは、中低速域のピックアップはいいんだけれど、高速の伸びが足りないんじゃないかな。だから、区間区間で少しずつ208に後れをとっていったと考えると、少し納得できますよね」

袖ヶ浦フォレストレースウェイに集まった、4台のホットハッチ。写真左から、「フォルクスワーゲン・ポロGTI」「ゴルフGTI」「プジョー208GTi」そして「ルノー・ルーテシアR.S.トロフィー」。
袖ヶ浦フォレストレースウェイに集まった、4台のホットハッチ。写真左から、「フォルクスワーゲン・ポロGTI」「ゴルフGTI」「プジョー208GTi」そして「ルノー・ルーテシアR.S.トロフィー」。
「ゴルフGTI」の弟分にあたるコンパクト・ホットハッチ「ポロGTI」。今回の袖ヶ浦における計測タイムは、4台中の4番手。
「ゴルフGTI」の弟分にあたるコンパクト・ホットハッチ「ポロGTI」。今回の袖ヶ浦における計測タイムは、4台中の4番手。
「ポロGTI」の1.8リッター直4ターボエンジン。MT仕様車(写真)のものは、AT仕様車の25.5kgmより7.1kgm大きな、32.6kgmの最大トルクを発生する。
「ポロGTI」の1.8リッター直4ターボエンジン。MT仕様車(写真)のものは、AT仕様車の25.5kgmより7.1kgm大きな、32.6kgmの最大トルクを発生する。
ダークな色調のテールランプやディフューザー付きのリアバンパーは、高性能モデル「ポロGTI」ならではのディテール。
ダークな色調のテールランプやディフューザー付きのリアバンパーは、高性能モデル「ポロGTI」ならではのディテール。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る