BMW、「5シリーズ」のハイブリッド車を出展

2011.11.15 輸入車

BMW、「5シリーズ」のハイブリッド車を世界初公開

BMWジャパンは、2011年11月30日のプレスデイで開幕する第42回東京モーターショーに、「5シリーズセダン」のハイブリッド車「アクティブハイブリッド5」を出展すると発表した。

■日本導入は2012年第2四半期

BMWは、「アクティブハイブリッド5」を東京モーターショーで世界初公開する。「アクティブハイブリッド7」「アクティブハイブリッドX6」に続く同社3番目のハイブリッドモデルは、BMWの量産ハイブリッド車として初の、直6エンジンにモーターを組み合わせたパワーユニットを搭載する。

「アクティブハイブリッド5」のハイブリッドシステムは、エンジンが3リッター直6ターボにダウンサイズされているだけでなく、それに組み合わされるモーターや制御システムも従来のものと異なる。2モーター式の「アクティブハイブリッドX6」とはシステム構造が違い、「アクティブハイブリッド7」と比べると、シングルモーターである点と8段ATが組み合わされる点は共通するが、モーターの出力とトルクは「7」が20psと16.6kgmであるのに対し、「5」では55psと21.4kgmへと増大。モーターの果たす役割がより大きくなっている。

さらに「5」では、その高出力モーターで、最大60km/hまでのゼロエミッション走行(EV走行)が可能となっており、これも「7」にはなかった特徴である。

このシステムによりアクティブハイブリッド5は、6.4リッター/100km(=15.6km/リッター)の燃費(欧州テストサイクルによる数値)を達成。同じエンジンを搭載する「535i」比で約20%の燃費向上を実現している。

なおBMWジャパンでは、2012年第2四半期にアクティブハイブリッド5の発売を予定しているとのこと。

(webCG 曽宮)

「アクティブハイブリッド5」
「アクティブハイブリッド5」
「アクティブハイブリッド5」には、BMWのハイブリッド車として初めて右ハンドル仕様が設定される。
「アクティブハイブリッド5」には、BMWのハイブリッド車として初めて右ハンドル仕様が設定される。
 
BMW、「5シリーズ」のハイブリッド車を出展の画像
 
BMW、「5シリーズ」のハイブリッド車を出展の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.1.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”/LS500“Fスポーツ”/LS500h“Fスポーツ”【試乗記】 2017.12.21 試乗記 11年ぶりにフルモデルチェンジした、レクサスのフラッグシップセダン「LS」の仕上がりは? 伊豆の峠道やクローズドコースで、ハイブリッドモデル「LS500h」と、新開発ターボエンジン搭載車「LS500」に試乗した。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.26 試乗記 ブラック基調のドレスアップやスポーティーなチューニングを特徴とする、ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス ブラックバッジ」に試乗。メーカー自ら「ロールス・ロイスブランドのダークな側面を強調した」とアピールする、走りの質を報告する。
  • BMW X3 xDrive20d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.31 試乗記 見た目はキープコンセプトながら、多くの先進機能を携えて登場した3代目「BMW X3」に試乗。そのライバル車に対するアドバンテージはどこにあるのか。内外装の出来栄えや、走行性能をチェックした。
  • ロールス・ロイス、8代目となる新型「ファントム」を日本に導入 2018.1.22 自動車ニュース ロールス・ロイスが8代目「ファントム」の日本導入を開始した。今回の新型にはロールス・ロイス専用に開発された「アーキテクチャー・オブ・ラグジュアリー」が採用されており、快適な乗り心地と高い静粛性が徹底的に追求されている。
ホームへ戻る