ホンダ、四輪車両を含む幅広い展示を実施【東京オートサロン2016】

2016.01.15 自動車ニュース
東京オートサロン2016におけるホンダブースの様子。

【東京オートサロン2016】ホンダ、四輪車両を含む幅広い展示を実施

本田技研工業は、2015年1月15日に開幕した「東京オートサロン2016」に、純正カスタマイズブランドのモデューロや、無限とともにブースを出展。四輪車のカスタマイズカーや用品だけでなく、モータースポーツの競技車両、二輪車、汎用(はんよう)製品など、幅広い展示を行っている。

「マクラーレン・ホンダMP4-30」
「ステップワゴン モデューロコンセプト」
「モデューロS660スタディーモデル」
「Daily Luxeコレクション」のコーナー。
「無限シビック タイプRコンセプト」
フォーミュラカー「SF14」を使った体験コーナー。

■四輪だけでなく二輪や競技車両も展示

ホンダブースは、まず中央にF1マシンの「マクラーレン・ホンダMP4-30」や、SUPER GTに参戦する「NSX CONCEPT-GT」といったモータースポーツの競技車を据え、その付近に「コンセプトCB」、「CRF1000Lアフリカツイン」と「フォルツァ125」(ともに海外販売モデル)、さらには「RC213-V」「CBR1000RR SP」「VFR800X」といった二輪車を展示。それらを挟んだ左右のスペースを、モデューロと無限の展示で固める構成となっていた。

このうち、モデューロのエリアには、箱型ミニバン「ステップワゴン」のカスタマイズの方向性を提案する「ステップワゴン モデューロコンセプト」が展示されていた。空力性能を突き詰めたエアロパーツや、高いハンドリング性能と快適な乗り心地をねらったローダウンサスペンションなどを装着したもので、確かな技術に裏打ちされた華やかさが演出されている。

さらにモデューロの展示で注目を集めていたのが、ロールバー部にキャリアを設置し、1泊2日程度の旅行の荷物を運べるようにした参考出展車両の「モデューロS660スタディーモデル」である。キャリア上に置かれるバッグが実は2人分のリュックサックになっているのも面白いアイデアだ。また、女性向けに「上質な日常」を提案する「Daily Luxeコレクション」のコーナーも用意。上品な紺のシートカバーなどのオプションアイテムに加え、棚には汎用製品の「ハンディータイプ蓄電機E500」が飾られ、レトロな雰囲気を醸し出していた。

一方、無限のエリアでは「無限シビック タイプRコンセプト」がブランドイメージそのままの精悍(せいかん)な姿を披露。本物のレーシングマシンを使った体験コーナーも設置されており、大画面の前に置かれた全日本スーパーフォーミュラの「SF14」とマン島TT参戦の二輪のEVレーサー「無限 神電 四」に乗り、迫力のレース走行を疑似体験できるようになっていた。

さらに、限界までリーンしたMotoGPマシン「RC213V」にまたがれるコーナーも人気を集めており、コンセプトカーからカスタムアイテムの装着車両、レーシングマシンまで、幅広い展示車に触れ、ホンダの楽しさを体験できるエリアとなっていた。

(文と写真=鈴木ケンイチ)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。