マツダ、LM55 ビジョン グランツーリスモを出展【東京オートサロン2016】

2016.01.16 自動車ニュース
「マツダLM55 ビジョン グランツーリスモ」

【東京オートサロン2016】マツダ、「LM55 ビジョン グランツーリスモ」を出展

マツダは2016年1月15日に開幕した東京オートサロン2016に、ロータリーエンジンを搭載するFRスポーツカーのコンセプトモデル「RX-VISION」や、ゲームソフト『グランツーリスモ6』用にデザインしたバーチャルスポーツカーの実車サイズモデル「LM55 ビジョン グランツーリスモ」などを出展した。

出展概要を説明するマツダの毛籠勝弘常務執行役員。
コンセプトモデル「RX-VISION」
グローバルMX-5カップ仕様の「マツダ・ロードスター」。
マツダの毛籠勝弘常務執行役員(右)と、ゲストとして登壇した「モータースポーツ界における女性の活躍を推進するマツダ・ウィメンインモータースポーツ・プロジェクト」のプロジェクトリーダー、井原慶子さん(左)。

■「グローバルMX-5カップ」を2017年から日本で開催

「Be a driver.~人とクルマの関係は、『走る歓び』でもっともっと深くなる~」がテーマとなるマツダブースではプレスカンファレンスが開催され、毛籠勝弘(もろ まさひろ)常務執行役員が「ワクワクする時間を楽しんで、クルマをもっと好きになってほしい」とあいさつした。

毛籠氏はステージ上に展示されているRX-VISIONを「マツダグループにとって“夢の北極星”のような存在」と紹介し、「このモデルにふさわしいブランドに成長していく」と述べた。

また、今後のモータースポーツ計画について、2016年から世界で開催を予定しているレース「グローバルMX-5カップ」を2017年から日本国内でも開催する予定だと発表した。

グローバルMX-5カップは、世界統一スペックの仕様で行われるワンメイクレースで、ブースにも展示されるグローバルMX-5カップ仕様の「ロードスター」は、アメリカではすでに90台以上の先行予約受注があり、休日返上で製作されているという。

また、ブースには2015年6月に英国で開催されたヒストリックモータースポーツイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2015」で公開された「LM55 ビジョン グランツーリスモ」も展示されている。このモデルは、プレイステーション3用のドライビングシミュレーションゲーム『グランツーリスモ6』用にマツダがデザインしたもの。

このほか、ロードスターのワンメイクレース「ロードスター・パーティーレース」仕様の「ロードスターNR-A Racing Spec.」や、ラリー仕様の「デミオ 15MB Racing Spec.」などといったカスタマイズモデルが展示されている。

(文と写真=工藤考浩)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。