デンソー、GPS付きETC2.0車載器を発表【東京オートサロン2016】

2016.01.16 自動車ニュース
ETC2.0車載器の新製品「DIU-A010」(中央)。カーナビやスマホを介さずにETC2.0のサービスを利用できるのが特徴。
ETC2.0車載器の新製品「DIU-A010」(中央)。カーナビやスマホを介さずにETC2.0のサービスを利用できるのが特徴。

【東京オートサロン2016】デンソー、GPS付きETC2.0車載器を発表

デンソーは2016年1月15日、東京オートサロン2016のプレスカンファレンスで、カーナビゲーションやスマートフォンを介さずに「ETC2.0」のサービスを利用できるGPS付き発話型ETC2.0車載器「DIU-A010」を発表した。同年1月末の発売を予定している。

東京オートサロン2016で新製品のプレゼンテーションを行うデンソーのアフターマーケット事業部用品室の稲葉一郎室長。
東京オートサロン2016で新製品のプレゼンテーションを行うデンソーのアフターマーケット事業部用品室の稲葉一郎室長。
プラズマクラスターイオン発生機の新機種も展示されている。
プラズマクラスターイオン発生機の新機種も展示されている。
デンソーブースの様子。
デンソーブースの様子。

■「経路情報を活用したサービス」に対応

ETC2.0は、これまでの高速道路利用料金収受だけではなく、道路側のアンテナ「ITSスポット」と車載器との双方向通信により、渋滞回避や安全運転支援などの情報を得られる、路車協調システムによる運転支援サービスだ。

「DIU-A010」は、ETC2.0で今後導入が予定されている、高速道路で渋滞を迂回(うかい)する経路を走行した車両の料金を優遇する制度などの「経路情報を活用したサービス」に対応するETC2.0対応車載器。

これまで同社のETC2.0対応車載器は、カーナビやスマートフォンとの連携が必要だったが、DIU-A010はGPSアンテナを内蔵し、本機単独でETC2.0のサービスを利用することができる。2016年1月末に発売予定で、オープン価格としている。

東京オートサロン2016のデンソーブースではDIU-A010のほか、同年1月6日に発売された、USBから電源を取得可能なプラズマクラスターイオン発生機の新機種なども展示されている。

(文と写真=工藤考浩)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。