第332回:運転にまつわる“ちょっと特別な体験”を提供
「アウディドライビングエクスペリエンス」体験記

2016.01.20 エッセイ
「アウディRS 7」ダブルレーンチェンジの講習を受ける。

アウディが、本国ドイツでは1983年から実施しているユーザー向けのドライビングセミナー「アウディドライビングエクスペリエンス」を体験取材。低ミュー路での急ハンドル&急ブレーキと、スポーツ走行の“基本のき”の講習を通して、記者が感じたものとは?

取材会の舞台となった、富士スピードウェイのジムカーナコースの様子。
AUDI AG公認インストラクターの田部雅彦(たなべ まさひこ)さん。
まずは正しい運転姿勢の講習から。シートのスライド位置はペダルを奥まで踏んでもひざにある程度のゆとりがある辺り、ステアリングホイールは、いわゆる“12時”の場所を手でつかんでみて、ひじが伸びきらない位置がいい。
アウディ車の場合、ステアリングホイールの握る位置は“9時15分”が推奨されている。特に「Sライン」などに装備されるDシェイプのステアリングホイールは、それに合わせた設計となっているので要注意。

雪道の走り方からサーキット走行まで

スタートの合図と同時にウエット路面にアクセル全開で進入。白いパイロンを通り過ぎたらスロットルオフと同時に右にハンドルを切って車線変更し、即座に左にハンドルを切ってもとの車線に戻る。とっちらかりかけたクルマの姿勢をESPの手を借りつつ(どちらかというとESPが主役?)必死になだめ、ゴールを示す緑のパイロンをどうにか通過。「これでよかったのかな?」と思っていると、助手席に座るインストラクターの田部雅彦さんが「グッドです」と声をかけてくれた。

これは、2015年12月に催されたアウディドライビングエクスペリエンス体験取材会でのひとコマ、ダブルレーンチェンジの講習の様子だ。アウディドライビングエクスペリエンスとはその名の通り、クルマの運転にまつわる“普段できないような経験”を提供してくれる、アウディ主催のドライビングセミナー、およびアクティビティープログラムである。

その内容は、例えば北海道のテストコースで氷雪路でのクルマの挙動を学んだり、はたまた低ミュー路でのドライビングや電子制御の効果を体験したり、サーキットでのクルマの走らせ方を学んだり……と多岐にわたる。果てはフィンランドの結氷した湖畔地帯で“極限のウインタードライビング”を学んだり、ミドシップのスポーツカー「R8」でアルプス地方をロングツーリングしたりといった、旅行代理店も真っ青な海外プログラムまで用意。今回取材したのはもちろん、最後に紹介したR8による魅惑のヨーロッパツアー……ではなく、低ミュー路での運転を学ぶ「“アクティブセーフティー”コース」と、レースへの参戦も視野に入れた「アウディレースエクスペリエンス」のプログラムである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ