ポルシェ911カレラ(RR/7MT)

やはり911は「素」に限る 2016.01.22 試乗記 自然吸気の3.4リッターユニットを搭載する従来型の「ポルシェ911カレラ」に試乗。「ターボ」でも「GT3 RS」でもないごく普通のカレラの、しかもMT仕様を選ぶ意義とは? MT派の筆者はこの「素のカレラ」こそがベスト911と考えている。

GT3 RSより面白い!?

カタログモデルではあっても、試乗車が用意されていない例はままある。素のモデルなどは大概そんな扱いになっている。その点、ポルシェはエライ。911カレラのカタログには7MTが1178万円、7AT(PDK)が1255万円とあり、一番安価な911カレラは7段MT車ということになるが、その試乗車をちゃんと用意しているからだ。もっとも、営業優先の考え方をすると、MTはどうせ売れないから活動が控えめになってしまう、ということはあるだろう。

しかし、実は乗って一番面白い911カレラはコレだと思う。ひと月ほど前に高性能版の「GT3 RS」に乗せてもらったが、さして感銘は受けなかった。2530万円という高価な価格相応というか、その成り立ちからして「むべなるかな」といったところか。そのクルマを面白いと感じるか否かは主観の問題であり、単純に「速い911」や「高価な911」を好む人にはもちろんアチラをお薦めする。しかしここでは、素の7MT 911がなぜ面白いかをじっくり検証していきたい。

年末にポルシェの試乗会があり、そこに7MTの911カレラも用意されるという。webCG編集部のT君は筆者のMT好きを覚えていてくれて、その取材に声を掛けてくれた。GT3 RSより面白いだろうという予想は大当たりで、リポートを書く作業も大いに楽しめた。
朝7時半に開始された試乗会では、ポルシェジャパン広報部の意図に反してこの7MT 911カレラは一番人気で、順番待ちではなく抽選となり、その都度くじを引くので、運が悪ければ最後まで乗れないかも……と思ったが、幸いにも3番目の枠で乗ることができた。

試乗車のインテリアカラーは「エスプレッソ」。オプションの「マルチファンクションステアリングホイール」が装着されている。
試乗車のインテリアカラーは「エスプレッソ」。オプションの「マルチファンクションステアリングホイール」が装着されている。
7速のポジションはHパターンの一番右の列の上方(前方)。シフトミスを防ぐために「ギアシフト・ロック」機構が備わっており、5速か6速からしか7速にシフトできないようになっている。
7速のポジションはHパターンの一番右の列の上方(前方)。シフトミスを防ぐために「ギアシフト・ロック」機構が備わっており、5速か6速からしか7速にシフトできないようになっている。
ボディーカラーは「シルバーメタリック」。
ボディーカラーは「シルバーメタリック」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】NEW 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • 「ポルシェ718ケイマンS」フォトギャラリー 2016.11.15 特集 往年の名車「718」の伝説を継承する、ポルシェの新たなプレミアムスポーツ「718ケイマンS」。新開発のターボエンジンがもたらす卓越した動力性能はもちろんのこと、先進感あふれるスタイリングや上質なインテリアも特長となっている。そのディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る