BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)

成熟のフラッグシップ 2016.01.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。

期待に胸を高鳴らせていたものの

2015年の東京モーターショーで初めてBMWの新型7シリーズに接した時、こりゃすごいとコーフンした。スマートフォンみたいなキーを操作すれば自動で駐車場から出てくるって、まるでアニメ『マッハGoGoGo』のマッハ号か、大作少年が腕時計で指令を飛ばすジャイアントロボではないか。

というわけで、BMW 740i Mスポーツの試乗前夜は、未来のクルマにふれられるとあってわくわくだった。
「リモート・コントロール・パーキング」や「BMWディスプレイ・キー」のほかにも、リアシートのタブレットで空調やオーディオなどをコントロールできる「BMWタッチ・コマンド」、手の動きでオーディオの音量などを調整できる「BMWジェスチャー・コントロール」など、新機軸がてんこ盛りされている。

しかし試乗当日、webCG編集部のHさんは、浮かない表情で集合場所に現れた。また編集長にしかられたのかと思ったら、そうではなかった。日本仕様の7シリーズは、まだリモート・コントロール・パーキングが機能しないとのことだった。
しかもそれだけではない。Hさんのリサーチで、リモート・コントロール・パーキングは、前進入庫、後退出庫の駐車スペースにしか対応していないことが判明したのだ。つまり真っすぐ頭から入って、真っすぐお尻から出るような駐車場のための装備。日本で一般的な、バックで駐車する使い方では役に立たない。

新型「トヨタ・プリウス」の駐車アシスト機構が想像以上の出来だったので、BMWはどうなのかと楽しみにしていたけれど、不戦敗だった。しかも、プリウスがバックで見事な駐車をキメたうえに、駐車位置の微調整までこなしたことから想像するに、実際に勝負したら完敗だったろう。
少し残念な気持ちになったので、ステアリングホイールをH氏に委ね、後席に座る。そうだ、リモート・コントロール・パーキングがダメでも、リアシートにはBMWタッチ・コマンドがあるじゃないか。

2015年10月に日本に導入された6代目「7シリーズ」。今回は、直列6気筒エンジンを搭載した「740i Mスポーツ」に試乗した。
2015年10月に日本に導入された6代目「7シリーズ」。今回は、直列6気筒エンジンを搭載した「740i Mスポーツ」に試乗した。
新型「7シリーズ」には3種類の内装色と5種類のシートカラー、3種類のインテリアトリムが用意されている。
新型「7シリーズ」には3種類の内装色と5種類のシートカラー、3種類のインテリアトリムが用意されている。
マッサージ機能付きのフロントシート。表皮にはナッパレザーを採用している。
マッサージ機能付きのフロントシート。表皮にはナッパレザーを採用している。
ドアの施錠・解錠や、エアコンの温度調整などが可能なディスプレイ付きのリモコンキー。今回は試せなかったが、「リモート・コントロール・パーキング」もこのキーで操作する。
ドアの施錠・解錠や、エアコンの温度調整などが可能なディスプレイ付きのリモコンキー。今回は試せなかったが、「リモート・コントロール・パーキング」もこのキーで操作する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

7シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 610psの「BMW M760Li xDrive」予約受注開始 2016.10.13 自動車ニュース BMWジャパンは2016年10月13日、BMWのフラッグシップセダン「7シリーズ」に新たな最上級モデル「M760Li xDrive」を追加し、同年10月から予約を受け付けると発表した。デリバリーの開始時期は2017年になる見込み。
  • 日本で1台限りの特別な「BMW 7シリーズ」発売 2016.10.21 自動車ニュース BMWジャパンは2016年10月21日、BMWのフラッグシップモデル「7シリーズ」に特別仕様車「Rose Quartz(ローズクオーツ)」を設定し、西日本地域限定1台を販売すると発表した。価格は2019万円。
  • 独BMW、7代目となる新型「5シリーズ」を発表 2016.10.19 自動車ニュース 独BMWが、7代目となる新型「5シリーズ」の概要を発表した。ボディーはアルミや高張力鋼板の多用により約100kgの軽量化を実現。ガソリンエンジンやディーゼルエンジン、プラグインハイブリッドと、豊富にそろえられたパワーユニットも特徴となっている。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
ホームへ戻る