BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)

成熟のフラッグシップ 2016.01.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。

期待に胸を高鳴らせていたものの

2015年の東京モーターショーで初めてBMWの新型7シリーズに接した時、こりゃすごいとコーフンした。スマートフォンみたいなキーを操作すれば自動で駐車場から出てくるって、まるでアニメ『マッハGoGoGo』のマッハ号か、大作少年が腕時計で指令を飛ばすジャイアントロボではないか。

というわけで、BMW 740i Mスポーツの試乗前夜は、未来のクルマにふれられるとあってわくわくだった。
「リモート・コントロール・パーキング」や「BMWディスプレイ・キー」のほかにも、リアシートのタブレットで空調やオーディオなどをコントロールできる「BMWタッチ・コマンド」、手の動きでオーディオの音量などを調整できる「BMWジェスチャー・コントロール」など、新機軸がてんこ盛りされている。

しかし試乗当日、webCG編集部のHさんは、浮かない表情で集合場所に現れた。また編集長にしかられたのかと思ったら、そうではなかった。日本仕様の7シリーズは、まだリモート・コントロール・パーキングが機能しないとのことだった。
しかもそれだけではない。Hさんのリサーチで、リモート・コントロール・パーキングは、前進入庫、後退出庫の駐車スペースにしか対応していないことが判明したのだ。つまり真っすぐ頭から入って、真っすぐお尻から出るような駐車場のための装備。日本で一般的な、バックで駐車する使い方では役に立たない。

新型「トヨタ・プリウス」の駐車アシスト機構が想像以上の出来だったので、BMWはどうなのかと楽しみにしていたけれど、不戦敗だった。しかも、プリウスがバックで見事な駐車をキメたうえに、駐車位置の微調整までこなしたことから想像するに、実際に勝負したら完敗だったろう。
少し残念な気持ちになったので、ステアリングホイールをH氏に委ね、後席に座る。そうだ、リモート・コントロール・パーキングがダメでも、リアシートにはBMWタッチ・コマンドがあるじゃないか。

2015年10月に日本に導入された6代目「7シリーズ」。今回は、直列6気筒エンジンを搭載した「740i Mスポーツ」に試乗した。
2015年10月に日本に導入された6代目「7シリーズ」。今回は、直列6気筒エンジンを搭載した「740i Mスポーツ」に試乗した。
新型「7シリーズ」には3種類の内装色と5種類のシートカラー、3種類のインテリアトリムが用意されている。
新型「7シリーズ」には3種類の内装色と5種類のシートカラー、3種類のインテリアトリムが用意されている。
マッサージ機能付きのフロントシート。表皮にはナッパレザーを採用している。
マッサージ機能付きのフロントシート。表皮にはナッパレザーを採用している。
ドアの施錠・解錠や、エアコンの温度調整などが可能なディスプレイ付きのリモコンキー。今回は試せなかったが、「リモート・コントロール・パーキング」もこのキーで操作する。
ドアの施錠・解錠や、エアコンの温度調整などが可能なディスプレイ付きのリモコンキー。今回は試せなかったが、「リモート・コントロール・パーキング」もこのキーで操作する。
関連記事
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
ホームへ戻る