第433回:「プリウス」にはない魅力? アメリカで出会った愛すべき家電たち

2016.01.22 エッセイ

海外といえばモーテルだった

先週の「マッキナ あらモーダ!」で記したように、世界最大級の家電・エレクトロニクスショー「CES 2016(Consumer Electronics Show 2016)」を取材するため、ボクは米国ラスベガスに赴いた。

ラスベガスといえば、カジノが併設された高級高層ホテルである。
しかし、3800もの企業・団体が出展し、世界中のプレスが押しかけるため、そうしたホテルの料金はつり上がって、早くも2015年の秋ごろからは、ボクなどが泊まれる値段ではなくなってしまった。
開幕ひと月前になってようやくホテル検索サイトで見つけたのは、日本円にして1泊約1万2000円のモーテルであった。参考までに会期後の宿泊価格を照会してみると1泊5000円ちょっとだったから、会期中は2倍以上に設定されていたことになる。
 
街としてはコンパクトで、モノレールをはじめ公共交通機関が便利なラスベガスで、自動車による旅行者を対象にしたモーテルに泊まるというのはミスマッチだ。
しかしボクは、モーテルが好きである。
初めて泊まったのは、学生時代、ボクにとって海外初のドライブ旅行となったオーストラリアだった。前夜シドニー空港で借りた、赤いフルサイズのGMホールデンが、朝起きてみると窓の外でオージー・サンを浴びてきらきらと光っていたのは、今でも鮮明に覚えている。

続いて何度も訪れたアメリカでもモーテルを渡り歩いたものだ。レセプションは大抵、以前の泊まり客が送ってくれた絵はがきが貼り付けられていて、気のいいおやじさんが切り盛りしていた。レンタルしたオールズモビルの「カトラス」や「ビュイック・センチュリー」越しに派手なネオンがプールの水面に光を投げかけるさまを眺めていると、1960年代に時間旅行しているようであった。

今でこそヨーロッパにどっぷり漬かってしまったボクであるが、学生時代の海外経験は、クルマとモーテルだったのである。
そんな思い出から、そして幸いモノレールの終点駅に近いことから、そのモーテルを予約することにした。

ラスベガスにて。市内屈指のホテル「MGMグランド」をのぞむ。
ラスベガスにて。市内屈指のホテル「MGMグランド」をのぞむ。
「ウエストゲートホテル」で。おーッ、レストラン「BENIHANA」だ。レスリング選手→渡米→鉄板焼きチェーン店開業という創業者・故ロッキー青木氏の立志伝は、少年時代のボクを大いに奮い立たせたものだった。
「ウエストゲートホテル」で。おーッ、レストラン「BENIHANA」だ。レスリング選手→渡米→鉄板焼きチェーン店開業という創業者・故ロッキー青木氏の立志伝は、少年時代のボクを大いに奮い立たせたものだった。
モノレールの車窓から。64階建ての「トランプ インターナショナルホテル ラスベガス」。オーナーは、共和党の大統領候補戦で話題の、ドナルド・トランプ氏。
モノレールの車窓から。64階建ての「トランプ インターナショナルホテル ラスベガス」。オーナーは、共和党の大統領候補戦で話題の、ドナルド・トランプ氏。
人工都市ラスベガスは通りの名だけでも愉快だ。これは宿泊したモーテル前を走る「デューク・エリントン・ウェイ」。
人工都市ラスベガスは通りの名だけでも愉快だ。これは宿泊したモーテル前を走る「デューク・エリントン・ウェイ」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。