第333回:あの高音質を多くのクルマに ボーズが小型車向け新シリーズを提案

2016.01.21 エッセイ
ボーズ・オートモーティブのデモンストレーション会場。「プレミアムシリーズ」を搭載したデモカーには、同社のサウンドシステムが採用されている新型「マツダ・ロードスター」が充てられていた。

ボーズ・サウンドシステムといえば、車種ごとの専用設計によるファクトリー装着を貫いてきたことで知られる。そのボーズが2016年1月、米ラスベガスのエレクトロニクスショー「CES 2016」に合わせて、新シリーズのデモンストレーションを行った。会場からコラムニストの大矢アキオが報告する。

ラスベガスにて。ボーズ・サウンドシステムが搭載された「ポルシェ・パナメーラ」。
「ポルシェ・パナメーラ」の車内にて。ボーズ・サウンドシステムは、オーケストラの各パートを鮮明に浮き立たせる。ジャズの場合、ベースの弦の動きまでまぶたに浮かんでくるのは、ボーズ製ホームオーディオに共通する。
「プレミアムシリーズ」は従来のボーズの製品づくりを継承するものだが、たゆまぬ革新も。好例は新型「マツダ・ロードスター」のヘッドレストで、スピーカーを各2個内蔵する。走行中のノイズでかき消されてしまう音楽信号を、オープン時、クローズ時、それぞれの状態で自動補正するシステムを採用している。
「パフォーマンスシリーズ」を搭載したデモカー。なお、ボーズはたとえ同じモデルでも、革内装とファブリック内装で別々のチューニングを施す。
「パフォーマンスシリーズ」が、女性ボーカルのかすれや息遣いを見事なまでに表現するのには脱帽。写真はドアスピーカー。

人気ブランドの新しいストラテジー

取材にあたり、ボーズの日本広報担当者からきたメールには「創立者のボーズ博士は少年時代にバイオリンをたしなみ、それが生涯にわたる鋭敏な聴覚と音楽への造詣につながりました」という、粋なミニ知識まで書き添えられていた。音大でバイオリン専攻をしていたという筆者の経歴が伝わっていたのだろうか。

それはさておき、取材当日、特設会場までの送迎車として用意されていた「ポルシェ・パナメーラ」は、当然のことながらボーズ・サウンドシステム装着車であった。その音像定位の正確さたるや、オーケストラで主旋律以外を奏でる楽器をたやすく聴音して五線紙に書き取れるくらい、といってよい。

今回ボーズが提示したのは、製品系列を4つのシリーズに分類して自動車メーカーに提案する新ストラテジーである。 
まず「プレミアムシリーズ」は、ボーズがカーオーディオ進出以来高評価を得てきた製品づくりを継承するものといえる。「パフォーマンスシリーズ」はラグジュアリーカーを主眼に据えたもので、今回は24個のスピーカーを備えたデモカーでの視聴となった。女性ボーカルのハスキーな歌い出しを限りなく透明感をもって再現するところに、高周波音の再生に対する真摯(しんし)な追求が感じられた。

3つ目の「アドバンスド・テクノロジーシリーズ」はハイエンド車種向けで、このたびキャデラックの新型「CT6」に初採用され、会場のデモカーも、もちろん同車であった。前述のパフォーマンスシリーズが伝統的ピュアハイファイ的音響空間なのに対し、こちらは顔の周りが音で満たされる印象を受ける。聞けば「アメリカ人の、音による包まれ感好き」に呼応したものという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ