ミツオカ、ヒミコとリューギの価格を変更

2016.01.20 自動車ニュース
「ミツオカ・ヒミコ」
「ミツオカ・ヒミコ」

ミツオカ、「ヒミコ」と「リューギ」の価格を変更

光岡自動車は2016年1月20日、2シーターオープンカー「ヒミコ」とセダン「リューギ」の車両本体価格を、同年1月22日の受注分から変更すると発表した。

「ミツオカ・リューギ」
「ミツオカ・リューギ」

同社によれば、今回の価格改定は、材料や生産コスト、生産台数を再考したことによるもの。
対象となるのは9モデルで、変更後には以下の価格で販売される。

【ヒミコ】
・ARDOR(FR/6AT):502万2000円
・ARDOR本革パッケージ(FR/6AT):523万8000円

【リューギ】
・15ST(FF/5MT):237万600円
・15ST(FF/CVT):258万6600円
・15DX(FF/5MT):270万円
・15DX(FF/CVT):289万4400円
・ハイブリッド(FF/CVT):329万9400円
・15ST 4WD(4WD/CVT):270万円
・15DX 4WD(4WD/CVT):300万7800円

(webCG)

関連キーワード:
ヒミコリューギミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 戦国時代カラーの「ミツオカ・ヒミコ」限定発売 2017.9.1 自動車ニュース 日本古来の「武の美」がテーマ。個性派の限定車「ミツオカ・ヒミコ ラン」が登場。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • 第59回:「EV化の流れは止まらない」のウソ 2017.9.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第59回は「『EV化の流れは止まらない』のウソ」。内燃車のEVシフトが叫ばれる中、ディーゼル車の存在意義が揺らぎ始めている。ディーゼルは本当に消えてしまうのか!? 「BMW 320d」を購入した筆者が、疑問を投げかける。
  • トヨタGRシリーズ【開発者インタビュー】 2017.9.19 試乗記 トヨタが、モータースポーツ直系のスポーツコンバージョンモデル「GR」シリーズの展開をスタート。そこにはどんなねらいがあり、今後はどのような戦略で取り組んでいくのか? 関係者に話を聞いた。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
ホームへ戻る