ミツオカ、ヒミコとリューギの価格を変更

2016.01.20 自動車ニュース
「ミツオカ・ヒミコ」
「ミツオカ・ヒミコ」 拡大

ミツオカ、「ヒミコ」と「リューギ」の価格を変更

光岡自動車は2016年1月20日、2シーターオープンカー「ヒミコ」とセダン「リューギ」の車両本体価格を、同年1月22日の受注分から変更すると発表した。

「ミツオカ・リューギ」
「ミツオカ・リューギ」 拡大

同社によれば、今回の価格改定は、材料や生産コスト、生産台数を再考したことによるもの。
対象となるのは9モデルで、変更後には以下の価格で販売される。

【ヒミコ】
・ARDOR(FR/6AT):502万2000円
・ARDOR本革パッケージ(FR/6AT):523万8000円

【リューギ】
・15ST(FF/5MT):237万600円
・15ST(FF/CVT):258万6600円
・15DX(FF/5MT):270万円
・15DX(FF/CVT):289万4400円
・ハイブリッド(FF/CVT):329万9400円
・15ST 4WD(4WD/CVT):270万円
・15DX 4WD(4WD/CVT):300万7800円

(webCG)

関連キーワード:
ヒミコリューギミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
  • モーガン4/4(FR/5MT)【試乗記】 2018.6.28 試乗記 1936年に誕生して以来、基本的な設計を変えずに現在も作り続けられている「モーガン4/4(フォーフォー)」。今なお職人の手作業によって製作される英国のスポーツカーには、80年前のクルマの息遣いが確かに宿っていた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.6.26 試乗記 パワフルなV8ターボエンジンを搭載する、フェラーリのオープントップモデル「488スパイダー」。その走りの楽しみは、オープンエアモータリングのみにあらず。さまざまな場面で、クローズドボディーの「488GTB」とは違った魅力に触れることができた。
  • より個性的に 新型「ミツオカ・ヒミコ」がデビュー 2018.2.22 自動車ニュース 光岡自動車は2018年2月22日、2シーターオープン「Himiko(ヒミコ)」をフルモデルチェンジし、同年2月23日に発売すると発表した。「マツダ・ロードスター」をベースに、光岡が独自のカスタマイズを施している。
ホームへ戻る