ミツオカ・ガリュー、全車自動ブレーキ標準に

2016.01.20 自動車ニュース

「ミツオカ・ガリュー」全車自動ブレーキ標準に

光岡自動車は2016年1月20日、フラッグシップセダン「ガリュー」の一部仕様を変更し、同年1月22日に発売すると発表した。

今回、ガリューのエントリーグレードである「25ST」に、エマージェンシーブレーキ、踏み間違い衝突防止アシスト、フロント&バックソナーからなる「自動ブレーキ」が装着された。
これによりガリューは、全車が自動ブレーキ装備車となった。

各グレードの価格は以下の通り。

・25ST:403万9200円
・25DX:440万6400円
・25LX:475万2000円

(webCG)

「ミツオカ・ガリュー」
「ミツオカ・ガリュー」

関連キーワード:
ガリューミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカが「ビュート」の25周年記念特別仕様車を発売 2018.1.18 自動車ニュース 光岡自動車は2018年1月18日、「ビュート」に特別仕様車「マイ ビュート 25周年記念特別仕様車」を設定し、同年1月20日から12月24日までの期間限定で販売すると発表した。
  • 長〜いミツオカ、「ガリューリムジンS50」発売 2008.10.23 自動車ニュース 光岡自動車は2008年10月23日、新型車「ガリューリムジンS50」を発表。同日に発売した。
  • BMW i3s(RR)【海外試乗記】 2018.1.6 試乗記 デビューから4年を経たBMWの電気自動車「i3」に、新グレードの「i3s」が登場。よりパワフルなモーターと専用チューニングの足まわりが採用された電動スポーツモデルの出来栄えを、BMWの電動化戦略の現状とともにお届けする。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る