トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)/プリウスAプレミアム(4WD/CVT)

気持ちよさが実感できる 2016.01.27 試乗記 個性的なデザインをまとって登場した、新型「トヨタ・プリウス」。では、実際に乗ってみたら? 新開発シャシーをベースに磨きぬいたという走りの質や、快適性について報告する。

デザインの“基本”はこれまで通り

試乗会の会場で4代目となる新型トヨタ・プリウスを見た瞬間、頭に浮かんだ言葉は「アグリー」だった。お世辞にも、洗練されているとかスマートとは言えない。同時に、20年ほど前に安室奈美恵さんがデビューした時のことを思い出した。あのとき、細眉+茶髪+厚底ブーツの彼女のスタイルを、多くの人は「アグリー」だと感じたはずだ。

けれどもその後、安室さんが時代のアイコンになったのはご存じの通り。世間をひっくり返すくらいパワーのあるものは、最初は人をギョッとさせるのかもしれない。初対面では「ゲゲッ」と思った新型プリウスであるけれど、新しいトレンドを築くデザインなのかもしれない。
それにしても、無難なデザインで手堅くセンター前ヒットを狙ってもよかったのに、あえて豪快にフルスイングしてきたことがおもしろい。

ただし、デビルマンのような眼光鋭い目付きと宇宙船のようなリアビューに目を奪われて、「デザイン全然変わっちゃった!」と勘違いしがちではあるけれど、4代目プリウスの基本的なプロポーションはこれまでのモデルを踏襲している。
それは、真横から眺めるとよくわかる。空力性能と居住空間の確保を両立するために、ルーフの頂点から車体後部にかけてなだらかにルーフラインが落ちるトライアングルシルエットを採用するという、基本的な考え方は変わっていないのだ。

エクステリアにはギョッとしたけれど、インテリアはすとんと腑(ふ)に落ちた。モダンで機能的なこれまでの路線が受け継がれ、樹脂の見栄えや手触りなどが着実に進歩しているからだ。
もはや計器類を始終チェックしながら走る時代ではないのだから、ドライバーの正面にあるのはメーターではなく前方の景色であるべきだ。プリウスのセンターメーターからは、こういった主張を読み取ることができる。

プレス向けの試乗会場に並んだ、新型「トヨタ・プリウス」。写真手前のボディーカラー「サーモテクトライムグリーン」は新規開発色で、車体表面の温度上昇を抑える働きがある。
プレス向けの試乗会場に並んだ、新型「トヨタ・プリウス」。写真手前のボディーカラー「サーモテクトライムグリーン」は新規開発色で、車体表面の温度上昇を抑える働きがある。
新型「プリウス」のフロントまわり。グリル内には、走行状態にあわせて開閉し、効率的に機関の冷却および暖気を行うグリルシャッターが備わる。
新型「プリウス」のフロントまわり。グリル内には、走行状態にあわせて開閉し、効率的に機関の冷却および暖気を行うグリルシャッターが備わる。
先代同様、なだらかなトライアングルシルエットを描く、4代目「プリウス」のサイドビュー。
先代同様、なだらかなトライアングルシルエットを描く、4代目「プリウス」のサイドビュー。
これまで「プリウス」に採用されていたデザインを進化させつつ、先進性と温かみを表現したというインテリア。
これまで「プリウス」に採用されていたデザインを進化させつつ、先進性と温かみを表現したというインテリア。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プリウスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る