スマート・フォーフォー パッション(RR/6AT)

クルマの基本ができている 2016.01.26 試乗記 新しい顔を得て、立派に生まれ変わった新型スマートシリーズ。その本命ともいえる4人乗りの「フォーフォー」に試乗した。ドイツからやってきた新しいシティーコンパクトは、こんな人にお薦めだ。

今度は独仏合作

久しぶりにスマート・フォーフォーに乗った。2004~2007年に売られていた初代にいつ乗ったかはっきりとは覚えていないが、登場直後の04年だとすると、11、12年たっていることになる。初代はその当時提携していた三菱自動車のコンパクトカー、「コルト」とプラットフォームを共有するモデルだった。しかし販売中にダイムラーと三菱自動車が提携を解消してしまったこともあり、初代はひっそりと市場から消えたかたちとなった。僕自身、どんなクルマだったか思い出せない。

新型フォーフォーも他社との共同開発だ。今度の相手はルノー。同社のコンパクトカー「トゥインゴ」とプラットフォームを共有する。そもそもスマートは、その始まりからして時計ブランドのスウォッチとのジョイント企画だった。登場したころには解消していたけれど。どこかと組むのがスマートのDNA、あるいは運命なのかもしれない。

トゥインゴとは姿かたちもほぼ同じで、メカニカルツインと言っていいレベル。トゥインゴは東京モーターショーで日本のファンにお披露目されたが、発売はまだ。両者で細かい仕様がどう異なるのか、価格はどれくらい違うのか、いろいろ気になるが、まもなくわかるはずだ。

「スマート・フォーフォー」にはベーシックな「パッション」と、装備が充実した「プライム」の2グレードが設定される。試乗車は前者。
「スマート・フォーフォー」にはベーシックな「パッション」と、装備が充実した「プライム」の2グレードが設定される。試乗車は前者。
インパネやドアには楕円(だえん)形のモチーフが反復される。試乗車にはオプションのポータブルナビ(パナソニック製)が装着されている。
インパネやドアには楕円(だえん)形のモチーフが反復される。試乗車にはオプションのポータブルナビ(パナソニック製)が装着されている。
荷室のフロアボードを取り外すと1リッター直3自然吸気エンジン(71ps、9.3kgm)が現れる。リアのサスペンション形式は従来と同じドディオン式。
荷室のフロアボードを取り外すと1リッター直3自然吸気エンジン(71ps、9.3kgm)が現れる。リアのサスペンション形式は従来と同じドディオン式。
試乗車のボディーカラーはミッドナイトブルー(メタリック)×ホワイト。全8バリエーションが用意される。
試乗車のボディーカラーはミッドナイトブルー(メタリック)×ホワイト。全8バリエーションが用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーフォーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(後編)【試乗記】 2016.10.11 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。後編はトゥインゴとフォーフォーを乗り比べ、それぞれの特徴を明らかにする。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ(RR/6AT)【試乗記】 2016.9.14 試乗記 パリジャン&パリジェンヌはシンプルで合理的なクルマがお好き? ルノーのAセグメントコンパクト「トゥインゴ」が3代目にフルモデルチェンジ。RRの駆動方式がかなえる走りと、このクルマならではの魅力をリポートする。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
ホームへ戻る