第23回:未来は結構近かったかも?
ビックリ仰天の「テスラ・オートパイロット」を本場で体験

2016.01.26 小沢コージの勢いまかせ!! リターンズ
「テスラ・オートパイロット」を体験中の不躾小沢。ご覧の通り、ハンドルは握っておりません!
「テスラ・オートパイロット」を体験中の不躾小沢。ご覧の通り、ハンドルは握っておりません!

テスラが“半”自動運転技術ともいうべき運転支援システム「テスラ・オートパイロット」を実用化。車線維持や車速のキープ、前走車への追従はもちろん、自動で車線変更までこなすというそのシステムの実力を、アメリカのハイウェイで試した。

電気自動車の「テスラ・モデルS」。日本では2014年9月に納車が開始され、2015年7月には4WDの高性能モデル「P85D」が導入された。
電気自動車の「テスラ・モデルS」。日本では2014年9月に納車が開始され、2015年7月には4WDの高性能モデル「P85D」が導入された。
「テスラ・オートパイロット」が作動すると、車速の左右に表示されるメーターとステアリングホイールのマークが、ブルーに変化する。
「テスラ・オートパイロット」が作動すると、車速の左右に表示されるメーターとステアリングホイールのマークが、ブルーに変化する。

テスラがついに“半”自動運転を実現!?

いやはや、ドラえもんは意外に近くにいた!? 不躾(ぶしつけ)小沢、正直、予想外に使えるんでビックリですよ。そう、話題の半自動運転システム「テスラ・オートパイロット」の話だ。
この1月には日本でもアップデートプログラムが有料配信されるようになり、今や“世界最多販売EV”となった「テスラ・モデルS」の最新モデルに搭載できるようになったんだけど、小沢は一足早く、北米ラスベガスのIT家電ショー「CES」に合わせて訪れたテスラモーターズの本拠地、西海岸サンフランシスコのフェアモントで乗っていたんですわ。主に高速中心だけどね。

使い方は簡単。一応“高速専用”ってことになっており、最初の発進時のみ使えないものの、車速160km/hまでの速度域で、路上に白線があれば使用可能だ。まずは自分でアクセルを踏んで発進。すると速度表示の左右に「メーター」と「ステアリング」のマークが浮き上がる。コラム左下のレバーを2回手前に引いて、このマークが2つとも青になれば作動開始だ!

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • テスラ・モデルS P85D(4WD)【試乗記】 2016.3.11 試乗記 2012年のデビュー以来、市場での好調が伝えられる、テスラのEV「モデルS」。大幅なパワーアップを果たし、自動運転機能をも装備した、その最新バージョンの走りを報告する。
  • テスラ・モデルS シグネチャー パフォーマンス(RR/1AT)【試乗記】 2013.4.18 試乗記 テスラ・モデルS シグネチャー パフォーマンス(RR/1AT)

    日本でも今年中にデリバリーが開始されるというテスラのEV(電気自動車)サルーン「モデルS」。北米のEVベンチャーが初めて手掛けたフルオリジナルモデルを、日本の道で試した。
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
ホームへ戻る